2006年02月26日

野党が選挙をボイコットするということは・・・

野党が選挙をボイコットする → タイ・ラック・タイ党は買収の為の資金拠出を節約できるので大喜び →
タイ・ラック・タイ党のよりどころである、愚民化政策の犠牲者である地方の住民にお金が回らなくなる →
話が違うじゃないかとガムナンや村長に地方の住民が詰め寄る →
各地で地域リーダー追い落としの抗議活動が発生すると共に市民集会の渦が地方にまで波及する → Game Over

・・・・なんてことはありですかね?
posted by Jean T. at 19:33| 解散・選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チャート・タイ党も選挙をボイコット

 本日行われた野党三党の協議で、当初総選挙に候補者を送り込む方針を明らかにしていたチャート・タイ党も選挙をボイコットする事に合意した模様。

 詳細は別途。
(タイ時間 15:00)
posted by Jean T. at 17:02| 解散・選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

民主主義を守るための解散と説明

 タクシン首相は昨日放送された国民向け定例政見放送の中で、今回の下院の解散は民主主義を守るために行った事を強調しました。

 尚、度々姑息な発言を繰り返す場として利用されてきた定例政見放送は、下院解散に伴いタクシン首相は暫定の首相という立場になったため、昨日の放送をもって一時終了という事になりました。

 タクシン首相は昨日の放送の中で、特定の個人が国民に代わって国の行く末を動かそうとする、所謂衆愚の法理をもって正当な法律を超越しようとする行為は容認できず、敢えて民主主義を守るために等しく権利を保有する国民の裁可に委ねる決心をしたと説明したうえで、民主主義の精神に則り国民の裁可を厳粛に受け入れるつもりであると説明しました。

 また、今回の解散により上下院合同国会の開催が反故になった事に関しては、仮に国民の疑問に応えるために合同国会を開催しても、政情の激化は避けられず、解散が最善の解決策だったとの認識を示していました。

 また、前回の総選挙でタイ・ラック・タイ党が議席を確保できなかった南部国境三県の住民に対しては、正常化の実現の為には開発が不可欠であるという認識に基づき2月21日の閣議で生きないの投資受け入れ環境の整備や保健施設の充実、住環境の整備、貧困対策、教育環境改善等を推進させる事を決定した事を明らかにした上で、是非計画を前進させる機会を与えて欲しいとアピールしていました。
posted by Jean T. at 02:08| 解散・選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

民主主義市民連合、選挙ボイコットを主テーマに

 本日16時から都内サナーム・ルワンで市民集会の開催を計画している民主主義市民連合は、下院の電撃解散を受け昨日緊急の会合を開き、席上で集会では下院議員選出総選挙のボイコットを中心に訴えていく方針を決定しました。

 同連合は、声明の中で抜本的な政治改革を実現する為にも首相自らが無条件で辞任を表明する事が不可欠であるとする連合の主張に変わりはないとし、電撃解散に関してはタクシン首相が己の不正を誤魔化し、選挙を利用して己をロンダリングする為の手段として講じられたものであると非難した上で、"悪党による卑劣な策略"にはめられない為に選挙のボイコットを中心に集会で訴えていく方針を明らかにしていました。

 一方、マハーチョン党党首のサナン・カヂョンプラサート少将は、大多数の国民の要求とは異なる解散は、政情の激化に繋がり、結果として4月2日の総選挙の実施そのものが不可能になるとの見通しを示していました。
posted by Jean T. at 02:07| 市民集会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世論調査では過半数が解散を支持

 電撃解散を受けスワン・ドゥシット・ポールが25日に都民1,168人を対象に急遽行った世論調査で58.76%の回答者が解散決定を支持すると回答していたことが明らかになっています。

 調査結果によると、解散を支持した回答者の多くが現在の政情緩和に繋がるとの認識を示していたとのことで、一方で28.1%の回答者が解散は税金の無駄遣いであるとか、むしろ首相が辞職するのが本筋である等の理由で解散を支持できないと回答、13.06%の回答者が所詮は政治的ゲームにしか過ぎないとしてどちらとも言えないと回答していたようです。

 また、今回の解散が政情の緩和に繋がるかとの質問に対しては、43.34%の回答者が繋がると回答、39.25%の回答者がタクシン首相が再度首相に就任する限りは緩和には繋がらない、17.41%の回答者が投資の冷え込みをはじめとする経済への影響等により逆に激化すると回答していたようです。
posted by Jean T. at 02:07| 解散・選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サノ氏、離党を決断

 ワン・ナム・イェン派閥リーダーのサノ・ティヤントーン氏は昨日正式にタイ・ラック・タイ党を離脱する事を明らかにしました。

 サノ氏の離脱に伴い、派閥幹部のプラッムワン・ルヂャナセーリー氏及びサノ氏の一族関係者3人が離党を明らかにすると共に、同じく幹部のウィナイ・ソムポン大将が、派閥と心を一つにする証として別途書面で離党の意向を表明しました。

 離党発表の際にサノ氏は、ビジネスで既に成功し今後は国の為に尽くしたいという言葉を信用しタクシン政権の誕生に尽力した事を国民に謝罪した上で、国民の期待を裏切り己の関係者への利益誘導に腐心するタクシン首相とは一緒に行動できないと判断したことが今回の離党決心に繋がったと説明していました。

 今回の離党発表を受け、早速マハーチョン党のサナン党首がサノ氏を党顧問として受け入れる用意があると発言していましたが、一部報道はサノ氏が新たにプラッチャー・ラサドン党の設立に動いていると報じていました。

 一方、元チャート・パッタナー党党首のゴン・タップパランシー氏も昨日タイ・ラック・タイ党へ離党届を提出した事が明らかになっているようです。
posted by Jean T. at 02:06| 解散・選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。