2006年02月28日

スンガイ・ゴーロックで爆破

 本日早朝、ナラーティワート県スンガイ・ゴーロック郡中心部にあるゲンティン市場内に仕掛けられていた爆発物が爆発し、初期報道によると9人が負傷を負った模様。
posted by Jean T. at 11:09| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3月5日を歴史的な日に

 本日未明0:30過ぎ、サナーム・ルワンを出て民主記念塔に集合した市民集会参加者は、タイの歴史を変えてきた象徴的な地で先人に向かって首相の無条件退陣を要求する彼らの意思を再表明すると共に、タクシン首相に3月5日期限で決断を迫る声明を発表しました。

 尚、市民集会は一端散会し、各参加者が中央の情勢が殆ど伝わっていない地元で広く"バンコクで起きている事"を知らしめ、参加者を募りあらためて3月5日に大規模集会を開催する事になりました。

 ソンティ氏によると、当局側の妨害で地方部では市民集会の一部始終を放映しているASTVの放映が行われておらず、逆にチァン・マイで開かれた首相支持者の集会に5万人が集まったという歪められた情報が伝えられているそうです。
posted by Jean T. at 11:05| 市民集会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

財務省経済局、5%の今期経済成長見通しを明らかに

 財務省経済局は昨日、今期の経済成長は5%を中心に4.5%から5.5%の間で推移するとの見通しを示しました。

 発表の中で同局は、アメリカや中国、香港の経済が減速傾向にあることを勘案し、4.7%から5.5%の間で推移するとする当初見通しを微調整した事を明らかにした上で、輸出及び観光に牽引され今期の経済成長は4.5%から5.5%の間で推移するとの見通しを示していました。

 また、輸出成長率に関しては、電気・コンピュータ・自動車・農産品関連を中心に依然好調で、昨年度実績3.1%に対して6.1%を、また輸入成長率に関しては、原油高や鉄鋼関連の一時輸入増や8機の航空機購入等で8.6%の増加を記録した昨年度に対して4.1%を見込むとしています。

 一方、民間シンクタンクのガシコン研究所は、投資環境に悪影響を与える政治情勢、公社民営化の遅れやアメリカとのFTA締結の遅れ、大量輸送網整備計画の遅れ等のネガティブ要因を勘案し、今期の経済成長は4.0%から5.0%の範囲で推移するとの見通しを示していました。

 尚、昨年度の経済成長実績に関しては3月6日に国家社会開発会議が正式に発表する予定になっていますが、恐らく4.5%前後を記録したものと見られているようです。
posted by Jean T. at 02:13| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Dr.NIDA夫人殺害事件、一審の温情判決を支持

 当時国立行政開発大学院校(NIDA)の教授だったピパット・ルゥープラッシッサグン被告が夫人を殺害したとされる事件に対する控訴審判決が昨日南バンコク裁判所で開かれ、裁判所側は懲役2年、執行猶予3年及び社会奉仕活動50時間を命じた一審判決を支持する判決を下しました。

 この事件は、2001年7月17日から18日の間に発生したもので、夫婦げんかで堪忍袋の緒が切れたピパット被告が夫人をゴルフ・クラブで殴り死に至らしめたもので、裁判所側は、事件は酒に酔っぱらい子供を学校へ迎えに行くことを拒否した夫人との間で口論が発生した際に、夫人から昔の恋人の所に行けばいいと罵られた事から、衝動的にゴルフ・クラブで殴るに至ったが、同被告には殺意は無く偶発的な傷害致死事件であったと認定した上で、同被告は平素から大学教授としてふさわしい振る舞いを心がけ、行状に問題がなかった事を考慮した一審の判決は支持できるとの判断を下しました。

 尚、この事件は発生直後にピパット被告がラオス国内に逃走し当局への出頭を拒否するという経緯を辿った事件でも知られているのですが、一審判決の温情判決に対しては、社会的地位を考慮した温情が過ぎる判決であるとの批判の声も聞かれていました。
posted by Jean T. at 02:12| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

市民集会、サノ氏も合流

 昨日の市民集会には、先にタイ・ラック・タイ党を離党したサノ・ティヤントーン氏が演壇に登場し、バーツの変動相場制移行で膨大な利益を上げておきながら、更に国家の指導者になろうとしていた強欲な悪党の首相就任を推進させた事を国民に謝罪した上で、首相に就任後は忠告に一切耳を傾けなかったタクシン首相を批判していました。

 その他、昨日演壇に上がった論客の中には、タクシン首相はポヂャマーン夫人の為に働いているとした上で、ポヂャマーン夫人はイメルダ夫人以上の悪党だと発言していた人もいました。

 また、会場には専用のハガキ受付台が設置され、タクシン首相や一族に向けた参加者の"思い"を綴ったハガキをタクシン首相の私邸に送り届ける活動も開始されたようです。
posted by Jean T. at 02:11| 市民集会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

市民集会、民主記念塔へ向け行進開始

 27日23:30過ぎ、再び演壇に立ったソンティ・リムトーングン氏は、タクシン首相の無条件辞任を要求する市民集会参加者の意思を示すために民主記念塔まで行進しようと呼びかけました。

 また、タクシン首相に無条件辞任まで五日間の猶予期間を与え3月5日を歴史的な日にしようと訴えていました。

(タイ時間 00:00)
posted by Jean T. at 01:55| 市民集会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。