2006年03月19日

貧困者キャラバン、更に3,000人が合流

 現在都内ヂャトゥヂャック公園内のタクシン首相支持派集会に合流している貧困者キャラバンの代表者が本日朝、更にウボン・ラチャーターニー県からやってくる約3,000人で構成されたキャラバンが本日中に合流する予定になっている事を明らかにしています。

 因みに、初日に待機地であるパトゥムターニー県内の協同組合を出発した約3万人の内70%が道中で行方不明になった件に関しては、その後情報のアップデートが無いようですが、実は最初から3万人もいなかったのではないかという噂もあるようですね。(実際支持派集会の参加者はその他の支持派団体を含めて2万人程度)
posted by Jean T. at 12:02| 市民集会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

より強力な手段で揺さぶりをかける

 民主主義市民連合調整役のスリヤサイ・ガタシラー氏は昨日、仮にタクシン首相が来週中に辞職する姿勢を見せなかった場合は、更に強力な手段で揺さぶりをかける方針を明らかにしました。

 これは、先にタクシン首相が、もし自分が一時的に政界から退いたらタイは再度IMFから支援を受ける羽目に陥ると発言していた事を受けたもので、スリヤサイ氏は、首相の発言は仮に首相が続投すれば国内の経済的資源が国外投資家によって無秩序に独占されてしまう羽目に陥るという事を隠蔽する為の詭弁でしかないと指摘していました。
posted by Jean T. at 11:32| 市民集会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

連合自警組織関係者の志気低下を狙った犯行

 昨日未明、ヘルメットで顔を隠した若者三人組から暴行を受け負傷を負った電力地方現業労働組合副委員長のギッティチャイ・サイサアート氏が昨夜記者会見を開き、犯行は民主主義市民連合の幹部や集会会場の警備に当たっている自警組織のリーダーである自分に危害を加えることにより、自警組織関係者の志気を低下させる事を狙ったものであるとの認識を示した上で、背後に連合側とは反対の立場にある第三者が関係しているとの認識を示しました。

 ギッテキチャイ氏が負傷を負った事件は昨日4時過ぎ頃、都内プラッナコン区内にあるラタナコーシン・ホテル(Royal Hotel)前付近で、バイク二台に分乗して現れた三人組に棒状の物や鈍器で暴行を振るわれたもの。

 民主主義市民連合は、幹部や集会に参加する市民の安全を確保する為に、主に公社系労組関係者で構成された自警組織を結成し、警備活動に当たっていました。

 一方、民主主義市民連合は、昨日昼過ぎ猛暑の中で持病を悪化させ病死したと見られる58歳の男性集会参加者の家族に見舞金を支給する方針を決定しています。
posted by Jean T. at 11:30| 市民集会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。