2006年03月30日

サイアム・パラゴンは本日13時から営業再開

 民主主義市民連合がサイアム・パラゴン前で行っている集会を本日10時に終了させる方針を発表した事を受け、サイアム・パラゴン、サイアム・センター及びサイアム・ディスカバリー・センターは本日13時より営業を再開する方針を明らかにしています。

 一方、連合幹部のソンティ・リムトーングン氏は、タイ・ラック・タイ党の選挙違反行為を見逃している四人の選挙委員会委員の退任を要求する為に徹夜で中央選挙委員会前で座り込み抗議を行う方針を明らかにしているようです。

(タイ時間 10:45追記)

posted by Jean T. at 12:40| 市民集会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コム・チャット・ルゥック紙、三日間自主発行停止へ

 ネーション・マルチメディア社が発行する新聞コム・チャット・ルゥック紙は本日未明、不敬罪に該当すると思われる記事を掲載した責任をとり、編集長のゴーケート・ヂャンタルゥトラック氏が自主的に編集長の座を降りた事を明らかにすると共に、同紙の発行を3月31日から4月2日まで三日間一時発行停止する方針を明らかにしました。

 これは、3月24日付けの紙面に掲載した民主主義市民連合幹部のソンティ・リムトーングン氏に対するインタビュー記事に不敬罪に該当すると思われる記述がされていた事を受けたもので、同紙側は既に王室管理事務所に対して該当する記述に対して謝罪すると共に処分を要請していました。

 また、この決定を受け、問題にあっている記事の編集責任者に対して王室管理事務所側の処分が決定するまで一時職務停止等の処分が下されているようです。

 尚、今回の決定と、先に同社ビル前であった貧困者キャラバンの抗議活動とは関係ないとしているようです。

---------------------------

 貧困者キャラバン及びタクシー運転手団体は、王室管理事務所からの処分決定がなされるまで同紙の発行を中止するべきであるとして、本日予定されているネーション社前に於ける抗議活動を予定通り行う方針を明らかにしています。

posted by Jean T. at 10:42| 市民集会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パラゴン前での集会は本日朝に終了予定

 民主主義市民連合は、現在サイアム・パラゴン前で開かれている集会を本日朝10時の中央選挙委員会前に向けたデモ行進の出発を持って終了させ、また連合主催の集会自体も総選挙後にタクシン首相が己を顧みて反省し自ら辞職を表明する機会を与えるために一時休止する方針を明らかにしています。


 尚、連合幹部全員が揃う次回の集会は4月7日に開催する予定でいるようですが、ヂャムローン・シームゥアン少将率いる道義軍関係者は一時休止中も首相官邸に近いピサヌローク通り沿いで座り込み活動を継続する予定でいるようです。

 一方、ラームカムヘーン大学の学生団体は本日16時から大学前で大規模な反政府集会を開催する方針を明らかにしているようです。

posted by Jean T. at 02:56| 市民集会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パラゴン前、約5万人が集まる

 スラポン政府報道官が経済に影響を与え国民の生活にも影響を与える目に見えない爆弾の様なものだと批判したサイアム・パラゴン前での集会には、最終的に5万人近くが集まったようです(主催者側は10万人と発表)。

 尚、連合側は徹夜で集会を開催する方針を示しています。

 集会のステージでは、シーロム通りのトリニティー・モールで自発的にタクシン出て行けと叫んだ商店関係者2人がステージに立ち拍手喝采を浴びていたようです。

 また、連合側の一部の関係者が中央選挙委員会ビル前に集まり、軍のヘリコプターを使用して移動するなど数々の選挙違反行為を犯してきたタクシン首相(タイ・ラック・タイ党比例代表名簿第一位)の候補者資格剥奪措置及び総選挙の中止を求め座り込み抗議を行っているようです。

 更に、南部のチュムポン県ターセ郡内では、首相就任以来5年間に渡って南部を無視し続けてきたタクシン首相に抗議する為に南部14県から集まった民主主義市民連合関係者約8,000人(29日20時現在)がペートガセーム通りを10Kmに渡って座り込みを行い道路を封鎖しています。

 また、サヤーム・スクエアー周辺のMKスキや7-11等のレストラン・食堂やコンビニでは、集会参加者の利用で列ができる位大盛況だったようですが、パーントーンテー君が経営するインターネットカフェーはしっかり休業していたみたいです。

 尚、BTS線はサヤーム駅で停車せず、通過させる措置を講じているようです。

 一方、国家警察本部のゴーウィット本部長は、国務省からの緊急指令を受け連合幹部のソンティ・リムトーングン氏及びコム・チャット・ルゥック紙に対して告発されている不敬罪疑惑に関して早急に捜査を進める為に警察将校クラスで構成された特別捜査チームを29日に編成していたことが明らかになっており、政府の意向を受けた不敬罪を盾にした連合側に対する抑圧行為とも受け止められているようです。

 また、タイ・ラック・タイ党側は、連合の集会の場で好評を博しているタクシン首相を皮肉った"アイ・コン・ナー・リヤム"(意訳して四角い顔の男)という曲を歌っているスワロンと名乗る夫婦歌手及びこの曲をCD化し販売する行為に関係している者に対して名誉毀損で法的措置を講じる方針を明らかにしています。

--------------------------------

 その後国家警察本部の報道官が7万人(29日22時現在)が集会に参加していると見積もっているようです。

 また、連合側は30日朝10時に、中央選挙委員会に向けデモ行進を行う方針を明らかにしているようです。

 一方、サイアム・パラゴン前のメインステージで行われる予定だったアイ・コン・ナー・リヤムを歌っている歌手の公表は、本人や関係者に危険が及ぶ恐れがあるとして中止されているようです。

 

posted by Jean T. at 02:16| 市民集会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

下院議会成立に新たな危機的要因

 ノンタブリー県の県選挙委員会は昨日までに、同県第三選挙区から立候補しているタイ・ラック・タイ党所属のピムパー・ヂャントラプラソン女史が前回の総選挙の際に投票を行っておらず候補者資格欠格の恐れがあるとして、本日中に最高裁判所に判断を仰ぎ方針を明らかにしています。

 仮に最高裁判所が欠格と判断した場合、同選挙区は候補者無しの状態になり、このまま総選挙が行われても、小選挙区選出議員の定数400人を満たすことが出来なくなることも考えられます。

 因みに、同選挙区ではピムパー候補の他に小政党から4人の候補が立候補届を提出していたようですが、何れも欠格と判断されていたようです。

 一方、中央選挙委員会は昨日、先に271選挙区と発表されていた単独候補者の選挙区数を150に訂正する発表をしています。

 なんでも、情報が錯綜して誤った数字を発表してしまったらしいです。

posted by Jean T. at 02:10| 解散・選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首相、5%の経済成長の達成が可能

 タクシン首相は昨日、現在の政治情勢が経済に影響を与えていると認めた上で、いずれにしても総選挙後に全ての問題が解消され最終的に5%の経済成長の達成が可能であるとの認識を示しました。

 タクシン首相によると、ここ1-2ヶ月間は政府投資が滞り気味であったようですが、依然政府にはインフラ関連への投資余力があり、また総選挙後に広報し再度海外投資家の呼び込みを図ることから、充分に現在の遅れを取り戻すことが可能であるとのこと。

 一方、タクシン首相は、昨夜ch11で放映予定だった現在の情勢に関する声明発表を選挙法に違反する恐れがあるとして中止し、急遽バンコクに戻っています。

 また、タイ・ラック・タイ党が31日に都内ルムピニー公園で開催する予定だった支持者集会も民主主義市民連合と対峙する恐れがあるとして中止が決定されています。

posted by Jean T. at 02:09| 解散・選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

政府、80-90%の投票率を達成した県の知事に報償

 政府はこの程、4月2日に行われる総選挙で80%から90%の投票率を達成した県の知事に対して何らかの報償を提供する方針を明らかにしました。

 これは、昨日総選挙に向けた準備状況の視察の為にアユッタヤーを訪問したコンサック国務大臣が明らかにしたもので、特に候補者が一人しかいない選挙区での投票率低下が懸念されることから、各県知事に対して選挙公報を強化し最低でも75%以上の投票率の達成を目指すよう檄を飛ばすと共に、特に80%から90%の投票率を達成した県に対しては何らかの報償を提供する方針を明らかにしていたようです。

posted by Jean T. at 02:08| 解散・選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

農民の借金問題ネットワーク、クルンタイ銀行及びバンコク銀行で抗議活動

 昨日早朝からクルンタイ銀行本店前で抗議活動を展開していた農民の借金問題ネットワークの関係者は、銀行関係者や銀行の利用者が出入り出来ないようにするために一時同銀行ビルの出入り口を封鎖する行動にでたようですが最終的に銀行側が100万バーツを超えない範囲で負債の元本を半額に減額、更に金利を免除すると約束したことを受け封鎖を解除したようです。

 更に、その後午後になって今度はバンコク銀行本店に向かい、再度同様な行動にでたようですが、こちらも銀行側から約束を取り付けたことを受け三回しているようです。

 尚、同ネットワークによると、合計8行の銀行に対して同様な抗議活動を行う計画で、本日はガシコン銀行及びアユッタヤー銀行の本店前に向かう予定になっているようです。

 因みに、ネットワーク関係者等はラーマ8世橋下で野宿して本日の活動に備えているようです。

posted by Jean T. at 02:07| 市民集会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。