2006年04月04日

タクシン首相、次期首相指名を辞退

 国王陛下との拝謁を終えたタクシン首相は、本日20:30から地上波全局で放送された特別放送の中で、民主主義を守るために投票してくれた2,000万人の国民に謝意を、またタイ・ラック・タイ党に投じ支持してくれた国民に謝罪の意を表明した上で、次の国会で首相の指名を辞退する事を明らかにしました。

(タイ時間 20:40)

 特別放送の中で国王陛下戴冠60周年に先立つ政治的混乱を解消し、また国民和解・挙国一致体制実現の為に首相指名を辞退する決心をしたと語ったタクシン首相は、今後は一下院議員として国民と接していきたいと発言していました。

 尚、国王陛下からのお言葉の詳細に関しては明らかにされていなかったようですが、いずれにしても次期首相が指名されるまでは暫定首相のまま留まる方針を明らかにしていました。

 今回の首相指名辞退発表に先立って、民主主義市民連合側が、タクシン首相が辞任する事が挙国一致体制下で政治改革を進めていく上で不可欠であると記した公開書簡と秘密書簡の二つをタクシン首相に送っていた事を明らかにしていました。また、特別放送の中でタクシン首相が具体的な内容には触れなかったものの連合側から秘密書簡を受け取っていた事を明らかにしていました。

 また、野党連合側も、再度首相に就任しないことを条件に政治改革後に行われる総選挙に候補者を送り込む方針を明らかにしていました。

 それにしてもマハーチョン党のサナン党首じゃないですが、タイの政治は本当に5分先が読めないですね。

(タイ時間 21:00)

 放送終了後、タクシン首相がポヂャマーン夫人や子供達を抱きしめ咽び泣くシーンが見られたようです。

(タイ時間 21:45)

posted by Jean T. at 23:00| 解散・選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タクシン首相、国王陛下に拝謁

  本日15時に国王陛下に拝謁するためにタクシン(暫定)首相がフワヒンに向かった事が明らかになっています。

 とりあえずスラポン政府報道官は、月例の拝謁であると語り、特別なものではないと強調していました。

(タイ時間 15:00)

posted by Jean T. at 16:59| 解散・選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チァン・マイ県選挙区、約25%が棄権票

 首相のお膝元であるチァン・マイ県では78.82%の投票率を記録したものの、県都内を包括する第一選挙区では69.11%と低率だったようです。

 また、棄権票は全体の24.54%を占め、更に無効票が14.87%あるという結果になっているようです。

posted by Jean T. at 11:34| 解散・選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コム・チャット紙、貧困者キャラバンを非難する声明を掲載

 コム・チャット・ルゥック紙は3日付けの紙面に、政治的な目的を達成する為に非合法な手段でネーション社のビルを封鎖しビル内の関係者を拘禁状態に置いた貧困者キャラバンを初めとする首相支持派団体を非難した上で、最悪な状況に至ることを防ぐため敢えてキャラバン側の要求をのまざるを得なかったとする声明文を掲載しました。

 声明文の中でコム・チャット・ルゥック紙は、政治家が貧困者キャラバン等の背後で糸を引いていた事を裏付ける証拠があるとした上で、既にマスコミとしての責任を果たすために王室に謝罪分を提出し処分伺いをたてると共に3日間に渡る自主発行停止を決めたにもかかわらず、貧困者キャラバン等の要求に応じ合意文書を交わしたのは、急病者や妊婦のビル外への退出すら許さない不法な拘禁状態が長引き、危機的な状況に発展する事を避ける為のやむを得ない措置だったとし、今回の無法行為に対して法的措置を講じるよう要請する方針を明らかにしていました。

 今回の声明を受け、貧困者キャラバン側は、不敬罪に相当すると思われる記事に対する真相を解明したいとのキャラバン側の目的を偏向して伝え社会を混乱させるものであると非難した上で、キャラバンの幹部等が隊列を組んで首都圏警察署バーン・ナー署前に向かい被害届を提出する為に現れるネーション社関係者を迎え撃つ方針を明らかにしています。

 この動きを受け、コム・チャット・ルゥック紙側はタクシン首相の権限でキャラバン側の恫喝行為を抑えるよう要請する公開状を公開すると共に、首相がch11のインタビュー番組に出演した機会を捕らえ直接書状を首相に渡すと共に、恫喝行為からの保護を要請しました。
-------------------------------

 貧困者キャラバンのカムター代表は本日朝、テレビ番組の取材に対して、約1,000人の隊列を率いて本日10時にバーン・ナー署に"出頭"する方針を明らかにしていました。

 尚、ネーション社ビルに向かう予定は無いとのことですが、現在約100人の警察関係者が同ビル周辺の警戒作業にあたっているようです。(タイ時間 9:10)

posted by Jean T. at 11:04| 市民集会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アピシット民主党党首、今こそ首相は己を顧みる時

 民主党党首のアピシット・ウェーッチャーチーワ氏は昨日、バンコク及び南部地区の票田で棄権票がタイ・ラック・タイ党支持票を上回る情勢で開票が進んでいる事を受け、タクシン首相自身がタイの指導者として妥当であるのか否か自問するべき時が来たと発言しました。

 また今回の票の動向に関しては、総選挙前からこれまで国民が知る機会が無かった政府に関する真相を知る機会を得た国民も声が反映したものであるとの認識を示した上で、国民が納得できる政治改革を進める上で何をするべきかタクシン首相は解っているはずであると語り、あらためて首相辞任を要求しました。

 一方同党幹事長のステープ・トゥアックスバン氏は 国民のタクシン体制に対する反感が棄権票に反映したとした上で、いまこそ首相以下内閣は憲法7条の規定に基づき暫定政府の組織を国王陛下に要請するべきであると発言しました。

 尚、スワン・ドゥシット・ポールが棄権票を投じた首都圏在住の1,095人を対象に4月3日に行った意識調査によると、棄権票を投じた理由として多くの回答者が誰に入れべきか解らなかった、若しくは投票したいと思える人物が出馬していなかった事をあげ、全体の33.11%を占め、以下タクシン首相が嫌いだから(19.02%)、政治に飽きた、誰に投じても変わらない(17.89%)、政治家は関係者への利益供与しか考えていない(7.33%)と続いていた事が明らかになっています。

posted by Jean T. at 02:10| 解散・選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小政党、選挙違反でタイ・ラック・タイ党を告発

 前都知事のサマック・スンタラウェート氏の実弟が党首を務めるプラチャーゴン・タイ党は昨日、タイ・ラック・タイ党を選挙違反で告発する方針を明らかにしました。

 同党によると、選挙違反の多くが票の買収行為で、主に都内のバンコク・ノーイ区やドーン・ムァン区内等で確認されているとしています。

 また、今回の総選挙で都内の票田の多くが棄権票を投じた事に関しては、政治情勢解決の為にタクシン首相が首相を辞任するべきであるとの都民の声が反映したものであるとの認識を示していました。

posted by Jean T. at 02:09| 解散・選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上院議員候補、パロディー・ソングを訴える

 現在行われている上院議員選でバンコク選挙区から出馬しているガンニガー・タンマガセーン女史が昨日、選挙委員会に対してタクシン首相のパロディー・ソング"アイ・コン・ナー・リヤム"のVCDに対して適切な措置を講じるよう要請しました。

 このパロディー・ソングは民主主義市民連合の集会等で好評を博し隠れたベストセラーとされているもの。

 ガンニガー女史によると、既に2月25日付けでタイ・ラック・タイ党を脱党しているにもかかわらず、タクシン首相と一緒にいるシーンが含まれたVCDが販売・流布されており、有権者に混乱を来す恐れがあるとのこと。

posted by Jean T. at 02:08| 市民集会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソンクラーン期間中のガソリンスタンドは24時間オープン

 エネルギー政策計画局は昨日、4月7日から16日までのソンクラーン期間中に限り、ガソリンスタンドの24時間営業を許可する方針を明らかにしました。
posted by Jean T. at 02:07| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スワンナプーム新国際空港の開業は7月以降

 チャイヤナン運輸副大臣は3日、当初予定されていたスワンナプーム新空港の6月中の商業供与開始が不可能であるとの見通しを明らかにしました。

 同大臣によると、ターミナルビルの屋根部分や情報システム関連の工事が完了しておらず、また国際民間航空機関による安全検査の為に少なくとも6-7ヶ月間のリードタイムが必要であるとの事。

 一方、スワンナプーム新国際空港責任者のソムチャイ・サワディポン氏は、商業供与開始時期の最終決定権者は政府側にあると断った上で、既に空港内の情報関連システムの構築は100%終了し現在は試験段階にあり、後は空港関連職員のトレーニングのみを残すだけで、それらを含めても5月末までに全てが完了する見通しであると語っていました。

posted by Jean T. at 00:11| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。