2006年04月10日

最高裁、チューウィット氏の上院選出馬資格欠格と判断

 最高裁判所は10日、選挙委員会により上院選出馬資格欠格と判断されていたチューウィット・ガモンウィシット氏に対して、下院議員を辞任後1年以上経っていないとする選挙委員会側の判断を支持し出馬資格欠格との裁定を下しました。

(タイ時間 17:20)

posted by Jean T. at 19:17| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

選挙委員会は再選挙後の政治的混乱に全責任を負うべき

 民主党のオンアート報道官は9日、あらためて総選挙は無効であると訴えた上で、現在不自然な形で行われている再選挙をそのまま実施することは、より国家を危機的状況に陥れる事に繋がると指摘。その上で、選挙委員会は再選挙後に予測される混乱に対して全責任を負う覚悟を持つべきであると指摘しました。

 発言の中でオンアート報道官は、4月2日の投票の際に投票用紙の記帳代を他人の目に見える位置に変更した段階で既に総選挙が無効になっていたにもかかわらず、更に合法性に関する論議を経ずして新たに候補者を募り、先に落選した大政党に買収された小政党の候補者に県内の別の選挙区に再度立候補する機会を与えるなど不可解なルールで再選挙を行う事は、より情勢を悪化させるためのものでしかないと指摘していました。

posted by Jean T. at 02:29| 解散・選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

再選挙、単独候補者選挙区は僅かに6選挙区

 先の総選挙で全国最低の得票数でタイ・ラック・タイ党の対立候補を破り、見事下院議会に議員を送り込み、現在乗りに乗っている小政党の"お願いだから借金を帳消しにしてねとおねだりする人たちの党"(パク・コン・コー・プロット・ニー)が頑張って各地の選挙区に候補者を送り込んだおかげか、それとも"大政党"による小政党の買収工作が功を奏したのか、23日に16県39選挙区で行われる再選挙の候補者受付を9日締め切った結果、33の選挙区で複数候補者が立候補し、タイ・ラック・タイ党所属候補者の単独候補者選挙区は僅かに6選挙区という結果になりました。

 おもわず、自分も借金帳消し云々なんて名乗る小政党に対抗して「そんじゃそこいらの金持ちぶっているタイ人よりも一杯税金を明朗に納めている可哀想な外国人勤労者が相応な権利をタイ政府におねだりする党」でも結党して次期総選挙に旋風を吹き込んじゃおうかなとか思っちゃったりしましたが(選挙権無いんだけどね)、因みに今回の再選挙には先の総選挙前に前回の総選挙で投票行為を行っていなかったとして失格になっていたタイ・ラック・タイ党のピムパー・ヂャンプラソン女史が、「4月2日の総選挙で投票に行ったから問題ないもんね」と言って懲りずに再度同じノンタブリー県第三選挙区で候補者受付を行っています。しかも、同県の選挙委員会も4月2日の総選挙で投票を行っているから問題無しとの、おかしな見解を示していたりしてます。

 尚、複数候補者が居る選挙区では、最も得票数が多い候補者が当選を決めることができ、また、単独候補者の選挙区の場合は、全有権者数の20%以上の票を獲得する事が当選の要件となっています。

 一方、再選挙が行われる南部の各県では、南部地区をタイ・ラック・タイ党フリーゾーン(ケート・プロート・パク・タイ・ラック・タイ)にしようと訴える民主主義市民連合の傘下組織関係者が投票所前に集まり、小政党候補者に立候補を断念するよう訴える活動を展開しており、特にソンクラー県内では、選挙委員会前で座り込み活動を展開する場面が見られていました。

 また、ソンクラー県内で座り込み活動をしていた団体は、あたかも過剰な手段で選挙委員会ビルを封鎖し、候補者受付作業を妨害しているかのように偏向報道したiTVとCh11に対して抗議すると共に、ラジオ・テレビ放送記者協会に対して、かかる偏向報道に関する調査を要請しています。

posted by Jean T. at 02:27| 解散・選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ABACポール、首都圏の住民は次期首相としてプラチャイ氏を支持

 ABACポールが、首都圏在住の1,468人を対象に次期下院議会及び次期首相指名に関する意識調査を行った結果、多くの回答者が次期首相として、既にタイ・ラック・タイ党を離党し政治の政界から距離を置いているプラチャイ・ピヤムソムブーン警察大尉(元副首相、元国務大臣、元法務大臣、元タイ・ラック・タイ党幹事長等)がもっとも適切であると回答していた事が明らかになっています。

 調査結果によると、47.3%の回答者が次期首相にはタイ・ラック・タイ党からの干渉を受けない独立した人物であるべきと回答し、個人別では34.5%の回答者がプラチャイ・ピヤムソムブーン警察大尉が次期首相として最も適切と回答し、以下、実はソンティ・リムトーングン氏のマネージャー・グループの共同設立者の一人だった事でも知られるソムキット・ヂャートゥシーピタック氏(副首相兼商務大臣、元財務大臣)が28.6%、民主党党首のアピシット・ウェーッチャーチーワ氏が24.3%という結果になっていたようです。

 一方、次期下院議会に関しては48.7%の回答者が独裁的であるとして事実上タイ・ラック・タイ党単独の下院議会の成立に反対と回答、更に60.3%の回答者が仕切り直しの総選挙を行うべきであると回答していたようです。

 今回の結果について、ABACポール側は、タクシン暫定首相の次期首相指名辞退宣言は、短期的な心理効果しかもたらしておらず、依然タクシン・チンナワット警察中佐がタイ・ラック・タイ党の中心におり、次期首相に党内の腹心を据える疑念が払拭されていないことが今回の調査結果に反映していると指摘していました。

posted by Jean T. at 02:25| 解散・選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイ・ラック・タイ党、4月11日に次期首相候補者の絞り込み?

 タイ・ラック・タイ党筋は9日、11日14時から党本部内で先の総選挙で当選した党員全員を招集し党会議を開催し、席上で次期首相候補者の選定に向けた"初期段階"の協議が行われる予定であることを明らかにしています。

 尚、タクシン暫定首相は、首相候補者は2人ではなく2人以上居るとした上で、比例代表名簿順位にこだわることなく、最も適切な人物が選任されることになるだろうと発言していました。

 因みに、先に北京にゴルフを行くかもと発言していたタクシン暫定首相は、9日になって、上院戦の期日前投票を済ませたあとでイギリスに行き、5月3日にタイに帰国する予定で、イギリス行きの前にチャート・タイ党のバンハーン党首とフカヒレ料理の店で昼食をとると発言していたようです。(因みに、タクシン暫定首相の顧問弁護士だったタナー・ベーンヂャーティグン氏がバンコク選挙区から上院戦に立候補しています)

 そう言えば、タクシン暫定首相が次期首相指名の辞退を発表した翌日に、チャート・タイ党筋が、発表当日の朝の段階で既にバンハーン党首が首相指名を辞退する事を知っていた事を明らかにしていました。(真偽の程は不明)

posted by Jean T. at 02:23| 解散・選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソンクラーン期間中の麻薬密輸防止の為に検問態勢を強化、他

 チットチャイ暫定副首相は9日、警戒が薄くなるソンクラーン期間中を狙って麻薬類を国境地帯から密輸入しようとする動きがある事を受け、関係当局に対して国境域の警戒を強化するよう指示すると共に、特に国境方面からの車輌に対する検査を徹底するよう指示したことを明らかにしました。

 一方、コンサック暫定国務大臣は、危険な10日間2日めとなった8日に全国で445件の交通事故が発生し、38人が死亡し436人が負傷を負った事を明らかにした上で、関係各局に対して飲酒運転だけでなく、定期長距離バスや小型トラックのスピードの出し過ぎや無謀運転に対する取締を強化するよう指示した事を明らかにしています。

 これにより7日から二日間に731件の交通事故が発生し、68人が死亡し810人が負傷を負ったという事になります。

 また、同大臣によると、飲酒・酒気帯び運転が事故原因の31.91%を占め、以下スピードの出し過ぎと続き、また、バイクによる事故が全体の83.30%を占め、次いで小型トラックが7.68%を占めるという結果になっていたようです。

 一方、首都圏警察本部は管下の警察官に対して、ソンクラーン期間中の休暇申請を禁止する通達を出すと共に、5,000人の警察官を投入し都内276ヶ所に於ける検問作業を強化する方針を明らかにしていました。

posted by Jean T. at 02:22| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイ人妻に逃げられたベルギー人男性が飛び降り自殺

 9日朝8時頃、都内ラーチャテーウィー区内にある日本人が多く住んでいる事でも知られるラーチャプラーロップ・タワー・マンションからベルギー人男性が飛び降り自殺するという事件が発生しています。

 警察の調べによると、死亡したのは約5年前から同マンション2330号室に居住していた46歳のベルギー人男性で、同居していたタイ人女性が3歳の子供を連れチャイナート県内の実家に帰ってしまった事に悩んだ末の自殺と見られているようです。

 警察によると、赤ちゃん用のおむつの宣伝等に出演した事があるタイ人女性と自殺した男性との間に喧嘩が絶えなかったとの事で、また室内には自殺直前に飲んだと思われるビールの空き瓶7本が転がっていたようです。

posted by Jean T. at 00:04| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BTS線、全線で一時運休措置

 9日20時過ぎ頃、BTS線で故障が発生し、20:50に同社幹部の判断により全線一時運休という措置がとられているようです。

 尚、故障の詳細は不明ですが、10日朝からの通常運行に向け全システムの点検を行っている模様。

(タイ時間 22:05)

posted by Jean T. at 00:02| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。