2006年04月15日

バンハーン氏、選挙委員会の機能を最高裁判所に委ねるべき

 チャート・タイ党党首のバンハーン・シルパアーチャー氏は、政治改革の一環として選挙委員会を解体し、その機能を最高裁判所に委ねるべきであるとの考えを示しました。

 発言の中でバンハーン氏は、現在の選挙委員会は総選挙後30日以内に下院議会を成立させなければいけないという事にとらわれ、再選挙で新たに候補者を募集する等の異例の措置に対する合法性に対する議論をおざなりにしているだけでなく、既に中立的機関として妥当性を欠いていると指摘した上で、政府や特定の政党に支配されない中立的な選挙を実現する上でも選挙委員会の機能を最高裁判所に委ねるべきであるとの認識を示していました。

 一方、民主党所属元下院議員のヂュー・ラーチャシー氏は、地盤であるソンクラー県内で役人が特定政党の票集めに協力しているとい指摘しています。

 ソンクラー県内で再選挙が行われる全ての選挙区がタイ・ラック・タイ党候補者の単独候補者選挙区となっています。

 同氏によると、ソンクラー県内で郡長クラスの役人が招集され、23日にお行われる再選挙で単独候補者選挙区の候補者が有権者の20%を超える票を獲得できるよう管下の職員を動員し票集めに協力するよう指示されていたようです。

posted by Jean T. at 01:47| 解散・選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

爆破事件に関与したと見られる5人の容疑者を逮捕

 14日朝6時頃、警察及び軍関係者で構成された特別捜査チームがナラーティワート県ヂョアイローン郡内ブーギット地区内の村内を封鎖し、ターゲットなっている10件の家屋の強制捜索を行い、同郡内で発生した爆破事件に関与したと見られる5人の容疑者を逮捕しました。

 今回の強制捜索は、非常事態宣言運用規則に基づき行われたもので、逮捕された5人は、2月末に同郡内で発生した軍関係者襲撃事件現場の視察に訪れたヂョアイローン警察署長の車列を狙った爆破事件に関与したものと見られ、何れも第四地区国軍本部の手配者リストに記載されていた人物だったようです。

 また、強制捜索が行われた家屋には、何れも当局側の捜索が入った際に仲間に村外へ逃げるよう知らせるためにバイクのクラクションを改造した警報装置が設置してあったそうです。

posted by Jean T. at 01:46| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

民主記念塔に上った女性を保護

 14日未明4:30頃、ガンヂャナブリー県ターマガー郡在住の36歳の女性が民主記念塔の上に上り、資産を詐取した弁護士の不正を訴えましたが、警察・マスコミの説得に応じ約2時間後に自ら下に降り警察に保護されました。

 保護された女性は警察やマスコミに対して、資本家と共謀して母親の土地250万バーツ相当を詐取した弁護士の不正を追求し法的処分を下して欲しいと訴えていたようです。

posted by Jean T. at 01:45| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水掛合戦に興じていたミャンマー人31人、不法就労がばれて逮捕

 14日、サムット・プラーガーン県県都内サムローン・ヌァア地区内で、ソンクラーンを祝って仲間同士で水掛合戦に興じていたミャンマー人の若者男女31人(男25人、女い6人)が、たまたま地区パトロール中だった警察官に発見され、不法就労でご用になってしまったという不幸な(?)出来事があったようです。

 なんでも31人全員は、働いていたアパートの建設現場内にある急ごしらえの宿舎で起居し、不法就労がばれないように普段は現場の外に出ないように心掛けていたようですが、ソンクラーン休みで気がゆるみ、また普段殆ど外に出ない生活をしていた反動で思わず現場外に出て水掛合戦に興じてしまったところで、警察に見つかってしまいご用と相成ってしまったようです。

posted by Jean T. at 01:45| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。