2006年04月20日

グライサック元上院議員、政党に支配された上院議会の成立を懸念

 前ナコン・ラーチャシーマー県選出上院議員のグライサック・チュンハワン氏は、19日に行われた上院選により、これまでの上院とは異なる特定政党に支配された上院議会が成立する恐れがあると指摘しました。

 指摘の中でグライサック氏は、今回の上院選では特定政党の地盤に於ける影響力を堅持する為に、その政党に関係する人物を出馬させ、それを支援する動きが顕著に見られ、仮にその様な状態で上院議会が成立すれば、上院の下院議会とはとは異なる独立性を保持する事ができなくなると指摘していました。

 一方、チャート・タイ党のバンハーン党首は、今回の上院選に出馬している多くの者が特定政党に繋がる者若しくは特定政党の有力者の親族であり、この様な状態で上院が成立すれば上院の中立性すら脅かされることになると指摘した上で、将来的には上院議員は直接選挙ではなく、中立的な人物で構成された選別委員会によってあらゆる階層の代表者を上院議員として指名する方向で憲法を改正するべきであるとの考えを示していました。

posted by Jean T. at 01:48| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上院選、19日17時までに116件の選挙違反を摘発

 国家警察本部は19日17時までに、全国で116件の選挙違反行為を摘発した事を明らかにしました。

 主な内訳は、投票用紙を破る行為が7件、票の買収行為が5件、酒類の販売行為が100件等となっているようです。

posted by Jean T. at 01:47| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

民主党、新たに選挙委員会を刑事告発する方針を明らかに

 先に4月23日に行われる再選挙に向けて新たに候補者の募集を行った選挙委員会を刑事告発した民主党副幹事長のターウォン・センニヤム氏は19日、選挙委員会が再選挙に立候補した小政党の候補者がことごとく失格になり、県内の再選挙が行われる全ての選挙区が単独候補者選挙区になったソンクラー県で19日から20日にかけて再度候補者の募集を行う方針を決定した事に対して刑事告発する方針を明らかにしました。

 今回行われる候補者募集は、先に行われた募集の際に反対派住民の妨害を受け候補者届けを提出する事が出来なかったとの複数の小政党からのクレームを受けて決定されたもので、本件に関しては、先にソンクラーン県の選挙管理委員会側が住民等の抗議活動が展開されたのは事実だが、候補者の届け出が妨害されるような事はなかったとの公式見解を明らかにしていました。

 また、今回の中央選挙委員会側の決定に抗議し、ソンクラーン県内の一部の選挙区(確認されているだけで三つの選挙区)の選挙委員長が辞表を提出するという事態にまで発展しているようです。

posted by Jean T. at 01:46| 解散・選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スヂンダー元首相、国王陛下任命による暫定首相構想に反対

 1992年の五月動乱で失脚した元首相のスヂンダー・クラープラユーン大将は19日、都内ドゥシット区内で上院選の投票を行った際に記者団の取材に応じ、市民団体や学識経験者、野党等が主張している憲法7条の規定に基づく国王陛下任命による暫定首相構想は不適切な考え方で、まず全ての階層が協調して問題解決の糸口を模索する事が先決であるとの考えを示しました。

 また、民主主義市民連合幹部5人が警察の召喚に応じない方針を決定した事に関しては、司法の場で法律に則り白黒つけるのが正道であるとして指示できないとの考えを示していました。

posted by Jean T. at 01:45| 市民集会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南部で上院選妨害を狙った爆破・襲撃が相次ぐ

 19日15;30過ぎ頃、ナラーティワート県ルゥーソ郡内で、選挙集計を行う為に投票箱を運搬中だった小型トラック2台の通過に会わせ爆発物が爆発し、その衝撃で先頭の小型トラックが横転し1人が死亡し選挙関係者等11人が負傷を負うという事件が発生しています。

 また、ヤッラー県ベートン郡内では、投票箱を運搬中だった車輌の通行を妨害する為に路上にT字型の鋲がまかれるという事件も発生していたようです。

 その他、13:30頃には、ナラーティワート県県都内で人数不明の一味が投票所の警戒作業にあたっていた警察官を狙い銃を乱射し、警察官1人が死亡し1人が負傷するという事件が発生、更にそれに先立つ朝8時過ぎには同県シーサコン郡内で投票所の警戒作業にあたっていた警察官を狙った爆破・銃撃事件が発生し警察官1人が死亡し、4人が負傷を負っています。

 一方、ヤッラー県ラーマン郡内では10:45過ぎ頃に、警戒作業にあたっていた当局関係者の車輌の通過に会わせ路上に仕掛けられた爆発物が爆発するという事件が発生していますが人的な被害は確認されていないようです。

 また20時過ぎ頃には、ナラーティワート県ルゥーソ郡内で、人数不明の一味が警戒に当たっていた軍関係者を狙い銃を乱射する事件が発生しているようですが、被害状況に関しては確認されていないようです。

posted by Jean T. at 00:39| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。