2006年04月25日

スリヤサイ連合調整役、タイ・ラック・タイ党議員2人を告発

 民主主義市民連合のスリヤサイ調整役等は24日、ウドンターニー県内で発生したセミナー会場封鎖軟禁事件に絡んで、住民等を煽動したタイ・ラック・タイ党所属下院議員(就任予定)のウィチャイ・チャイヂットワニッチャグン氏及びテーラチャイ・セーンゲーオ氏の二人を人権侵害の容疑で警察に告発しました。

 電力発電公社民営化取消し要求訴訟やiTV不当解雇取消し要求訴訟の弁護団代表だったことでも知られる顧問弁護士のニティトン・ラムルア氏によると、今後も証拠を集め告発範囲を広げていく方針で居るようです。

 尚、住民を煽動したとされるウィチャイ氏は、サナーム・ルアンの集会で連合側が自身や家族の事を誹謗中傷した事に対する"お返し"の為に現場で演説を行っただけだったとした上で、煽動したとされていることに関しては、むしろ住民に対して過激な行動にでないよう説得する側に回っていたと強弁していました。

 因みに、今回の封鎖軟禁事件の伏線となったと思われる、タクシン首相(当時)がウドンターニーへ選挙遊説の為に訪れた際に発生した支持派・反対派の道路をはさんだシュプレヒコール合戦の際にも2人の下院議員が支持派側の中心にいました。

posted by Jean T. at 02:28| 市民集会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

再々選挙は29日

 選挙委員会事務局長のエーカチャイ・ワールンプラパー警察少将は24日夜半までに、同委員会委員の全会一致で29日に再々選挙を行う事で合意に至ったことを明らかにしました。

 また、この決定により26日に該当選挙区で候補者受付が行われる事になりました。

 今回の決定は、23日に17県40選挙区(やり直し選挙が行われた区を含む)で行われた再選挙で13の単独候補者選挙区で20%ルールを満たすことが出来ず当選者を確定する事が出来なかった事を受けたもの。

 尚、投票所係員の怠業抗議により投票受付が出来なかったナコン・シー・タンマラート県内の1選挙区を除く39選挙区に於ける非公式集計結果によると、今回の再選挙でタイ・ラック・タイ党が17議席を獲得した他、借金帳消懇願者党が3議席、民衆力党が3議席、タイ公衆党が2議席、法力党が1議席をそれぞれ獲得しているようです。

 一方、タイ・ラック・タイ党副党首のポンテープ・テープガンヂャナー氏は24日、再々選挙の結果を見て暫定上院議長を通じて定数未満での下院議会招集の可否について憲法裁判所の判断を仰ぐ方針を明らかにしていました。

posted by Jean T. at 02:26| 解散・選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テロリストの養成拠点説を否定

 チットチャイ暫定首相代行は24日、タイの南部国境三県域がフィリピンのミンダナオ島と同様にテロリスト養成の拠点になっているとシンガポールのメディアが伝えている事に関して、事実ではないと否定しました。

 また、コンサック国務大臣は、問題の記事は限られたデータに基づいたテロ関係の専門家の推定に依拠したものでしかなく、タイの情報機関からはその様な情報は一切寄せられていないとした上で、いずれにしてもタイの当局側が満足できる水準で南部の情勢を掌握している事から問題の記事がタイのイメージを傷つけるものには為り得ないとの考えを示していました。

posted by Jean T. at 02:25| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

抗議のミニバス200台、交差点を塞ぐ

 24日未明2時頃、バンコク大量輸送公社の委託で運行されているミニバスや民間委託運行の通常バス約200台が乗り合い軽四輪(主にトンブリー方面で運行されているシーローとかロット・スーバルとか呼ばれているやつ)の競合路線の走行を見逃している事に抗議するためウォン・ウィンアン・ヤイの交差点の一部車線を封鎖し、抗議活動を開始し、24日22時現在継続して抗議活動が展開されています。

 抗議側代表によると、既に1997年に国会監察院が乗り合い軽四輪の競合路線での走行は違法であるとの判断を下しているにもかかわらず依然かかる行為が放置されており、先週には運輸省陸上運輸局内の専門委員会の場で改めて乗り合い軽四輪はソーイ内及びソーイの出入り口から200メートルの範囲内の大通りのみを走行できるという法律を遵守する事が確認されているにもかかわらず、今回の協議に不満を持つ一部の運行車が依然競合路線を運行していることからミニバス関係者の不満が一気に爆発してしまったようです。

 尚、抗議活動は陸上運輸局側が乗り合い軽四輪の運行車に対して明確な規制強化を敷く姿勢を見せない限り継続させる方針でいるようです。

 因みに、今回の抗議活動によるイメージ悪化を畏れたのか、抗議用の幟にはしっかりと「これは料金値上げの為の抗議活動ではありません」と大書してあったりしてました。

posted by Jean T. at 02:24| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

強姦容疑で若手男性モデルを逮捕

 警察は24日、若手男性モデルのゲーンことメータト・スワンシリー容疑者(23)を18再未満者に対する性的虐待行為及び傷害の容疑でノンタブリー県内のセントラル・ラタナティベート店内で逮捕しました。

 今回の逮捕は、被害にあった都内ワントーンラーン区内(報道によりパトゥムターニー県内)にある有名学校のマタヨン課程に通う16歳の少女の保護者からの被害届に基づき実現したもので、メータト容疑者は昨年10月に少女を騙して都内バーン・ヤイ区内のホテルに連れ込み強姦した上で、少女の裸姿の写真を撮影し、その写真をネタに少女を脅迫し、また時には歯を折る等の暴行を加え度々関係を迫った容疑がもたれているようです。

 尚、メータト容疑者は、約1年前に知り合った少女の方が自分の家に押しかけ、時には自分の方から両親が心配するから早く家に帰りなさいと言うくらい少女の方が積極的だったと主張。また歯を折ったとされる件に関しては、嫉妬による些細な喧嘩によるもので単なる事故だったと主張しているようです。

 メータト容疑者は、過去に無許可で所持していた拳銃でランシット大学の女子学生を脅迫した容疑で逮捕され、2年の執行猶予付きの刑を受けていた他、有名俳優の妹に対する強姦やパブでの暴行事件等で執行猶予中の身で、警察側は他にも余罪があると見て厳しく追及すると共に、被害者に警察への通報を呼びかけていく方針を明らかにしていました。

 また、メータト容疑者は、近々歌手としてアルバム・デビューする予定だった他、サハモンコン・フィルム社の配給で近々公開される映画"ピー・ガトゥーイ"(おかまのお化け)に出演していたようです。

posted by Jean T. at 02:23| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。