2006年04月26日

国王陛下、自身には首相を指名する権限は無い

 国王陛下は25日、行政・憲法裁判所長の謁見を許された際に、憲法7条(に基づき国王陛下に暫定首相の指名を委ねる事)は民主主義的な解決方法では無いとされ、ご自身に首相を指名する権限はないとされた上で、危機的な状況にある政治情勢の解決は最高行政裁判所及び憲法裁判所の民主主義の精神に則った任務遂行に委ねられるべきであるり、また解決が出来ないのであれば自ら辞職するべきである発言されました。

 また、ご発言の中で下院解散後30日以内に総選挙を行わなければいけないというルールが果たして正しいのか、また単独候補者選挙区が存在し、更に定数を満たすことが出来ずに下院議会を成立させることが民主主義的な施政を実現させる上で適切であるのかと疑問を呈された上で、憲法の改正云々の議論以前にまず民主主義の精神に則り、今回行われた総選挙が有効なのか無効なのかの判断を含め、これらの問題の解決に取り組むべきであるとのお考えを示されていました。

 国王陛下がご発言の中で、憲法よりも民主主義の精神が優先するべきであるとのお考えを示唆したとも思われる発言をされると同時に、野党・市民団体が要求している憲法7条に基づく暫定首相の指名を拒否されると共に、総選挙無効を求めた訴訟が提訴されている最高行政裁判所長に対して今回行われた総選挙の有効性に対して疑問を呈されていることから、今後与野党の参画を期したやり直し総選挙が行われる、若しくは総選挙を無効にし国民参加を得た民主主義的な方法による政治改革を経た後にやり直し総選挙が行われる方向で動くことに繋がるかもしれません。

(タイ時間 4/25 21:10掲載  22:00 追記・訂正)

------------------

 今回の国王陛下のご発言に先立ち、暫定政府は定例閣議の席上で召集日未定のままで国王陛下による下院議会召集の為の詔勅をもって下院議会を召集する方針を決定し、国王秘書官事務所にお伺いを立てる方針を明らかにしていましたが、今回のご発言により詔勅に応じるかについても不透明な状況になってきているようです。

 尚、今回の暫定政府決定に対してゲーオサン暫定上院議員は、まだ総選挙が完全に終了していない状況で、また憲法解釈を巡った議論も解決していない状況で、召集日未定のままで国王陛下に下院議会召集の為の詔勅を要請する方針を決定した事は、あたかも国王陛下に憲法の運用上で生じた疑義の判断を委ねたに等しい行為であると批判していました。

(タイ時間 4/26 00:35追記)

posted by Jean T. at 02:32| 解散・選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

民主党、サマック氏やポーキン氏が関与する汚職疑惑を告発

 民主党のアロンゴン副党首(党汚職調査委員会委員長)は25日、国家汚職取締制圧委員会に対してバンコク都庁が決定した66億8,700万バーツ規模の消防自動車調達計画に絡む汚職の調査を要求する書面を提出しました。

 問題となっている汚職疑惑は、当時都知事だったサマック・スンタラウェート氏(上院議員就任予定)が都知事の任期最終日に大急ぎで調達指示書に署名を行ったいわく付きのもので、アロンゴン氏側は、入札等の手続きを経ず適正価格から乖離した極めて高額な金額で政府の輸入規制方針に反して前台をオーストラリアに発注し国庫に損害を与えた事に対してサマック氏及び当時国務大臣だったポーキン・パラグン氏は明確な説明をするべきであると指摘していました。

posted by Jean T. at 02:26| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソンティ氏、あらためて出頭期限の延期を要請

 警察への二回目の出頭期限を25日に迎えた不敬罪疑惑が持たれている民主主義市民連合幹部のソンティ・リムトーングン氏は、顧問弁護士を通じて警察に対してあらためて5月17日まで事情聴取の為の出頭期限を延期するよう要請しました。

 連合の集会の為にサムイ島を訪問中だったソンティ氏は今回の延長要請について、逃げる訳ではなく、スケジュールの問題であるとした上で、仮に警察側が逮捕状を請求する動きに出るようであれば、逆に問題となっている会話を収録したCD等を証拠として提出し刑事裁判所に人権救済を申し立てる方針であると語っていました。

posted by Jean T. at 02:25| 市民集会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今度は乗り合い軽四輪車が抗議活動

 乗り合い軽四輪車約200-300台がドゥシット宮殿前のラーマ5世像前の道路の一部車線を封鎖し、これまで通り民間委託運行バスと競合する路線の走行を認めるよう訴えました。

 この抗議活動は、先に民間委託バス団体側が法令に違反し競合路線を走行している乗り合い軽四輪車の摘発を要求し、警察側が摘発を強化する事で合意した事を受けたもので、乗り合い軽四輪車団体の代表は、これまで通り競合路線での運行を認めるよう要求すると共に、民間委託運行バス団体に対しては、権利を主張したり乗り合い軽四輪が乗客を奪っていると主張する前に、サービスの向上を目指し健全な競争を展開するよう努力するべきだと訴えていました。

posted by Jean T. at 02:24| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フィンランド人女性を強姦したタクシー運転手を逮捕

 首都圏警察本部ルムピニー署は25日、車内で酔って寝込んだフィンランド人女性を強姦した容疑で28歳のタクシー運転手の男を逮捕しました。

 調べによると、男は23日3:30頃プルゥンヂット通り沿いにあるインターコンチネンタル・ホテル前で乗せたヂェーンワタナ区内在住の41歳のフィンランド人女性が車内で寝込んだすきに人通りの無い住宅地に車を止め強姦し、その後女性を置き去りにし逃走していたようです。

 逮捕された男は警察に対して、被害者の女性が着用していたミニスカートに欲情して自我を抑えることが出来なくなり酔って寝込んだところを襲ってしまったが、抵抗されることが無かったので被害者側も合意してくれたものだと思っていたと語っていたようです。

posted by Jean T. at 02:23| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メータト容疑者に新たに殺人未遂容疑

 未成年者に対する性的虐待及び傷害容疑で24日に逮捕された若手男性モデルのメータト・スワンシリー容疑者に対して、新たに今年2月にランシット大学に通う23歳の男性に対する殺人未遂容疑が持ち上がっており、警察側は立件の為に近々メータト容疑者を事情聴取の為に召喚する方針を明らかにしています。

 尚、メータト容疑者は25日に約40万バーツの保釈金で釈放されており、警察側は仮に殺人未遂罪の立件の為の警察側の召喚に応じなかった場合は逮捕状の請求で対応する方針でいるようです。

posted by Jean T. at 02:22| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。