2006年05月28日

ヤッラー県ベートン郡内で爆発、県都内では3歳の子供が犠牲に

 27日朝8時頃、ヤッラー県ベートン郡内で、刑務所内の駐車場に駐車してあった容疑者の護送用車輌の下に仕掛けられていた爆発物が爆発しましたが、幸い大きな被害を及ぼすことなく、また人的な被害も確認されませんでした。

 また、この爆発に先立って27日朝6時頃にベートン郡中心部にあるタイ・ホテルの約100メートル裏手で時限発火式の爆発物が発見され当局側により安全処理されていました。

 更に、同じくヤッラー県県都内では27日18時頃、パッターニー県ヤラン郡内のタムボン行政機構評議員の44歳の男性が23歳の夫人及び3歳の男児と1歳8ヶ月の女児を乗せサッカーの試合を観戦する為にバイクで走行中(一家四人がバイク一台に乗って公道を走行する事は地方部では珍しい事ではないです)に、バイクに乗った二人組に銃撃され3歳の男児が死亡し、残りの3人が重傷を負うという痛ましい事件も発生しています。

 一方、26日夜半頃にはナラーティワート県スンガイ・パーディー郡内で学校の警戒作業に就く当局者を乗せた車輌を狙って、携帯電話による遠隔起爆式の爆発物が爆発し46歳の軍関係者が負傷を負っています。

 また27日昼過ぎ頃には、ナラーティワート県の県都内で、31歳のイスラム系住民男性がバイクで走行中に小型トラックに乗った人数不明の一味に銃撃され重傷を負うという事件が発生し、更に同じくナラーティワート県ランゲ郡内で27日11:30頃、30歳と22歳のイスラム系住民夫婦が小型トラックで走行中に、小型トラックに乗った四人組に銃撃され夫が重傷を負うという事件が発生しています。

 一方、パッターニー県ヤリン郡内では27日15時過ぎ頃に、58歳の村長が夫人を後部座席に乗せバイクで走行中に、バイクに乗った二人組に銃撃され重傷を負うという事件が発生しています。

----------------------------------

 第四地区国軍本部本部長のオンゴン・トーンプラソム中将は27日、小規模な爆破事件が頻発しているヤッラー県ベートン郡内に於ける不穏な一味の活動状況の調査を行った結果、少なくとも郡内の100ヶ村の住民が一味側のコントロール下にあり、また女性の住民を煽動して当局側の任務遂行を妨害できる状況にあることが判明している事を明らかにした上で、現在軍部内の大衆コントロール部門の関係者が住民の中に入り込み当局側との理解共有に努めている事を明らかにしていました。

posted by Jean T. at 00:53| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秘密暴露発言は党を脅迫し己の名声を高めようとする行為

 タイ・ラック・タイ党のヂャトゥポン副報道官は27日、元上院議員のソーポン・スパーポン氏(バンコク)が同党党首のタクシン・チンナワット警察中佐が二度と政界入りできなくなるような秘密情報があると発言している事に対して、あたかもソーポン氏がバーン・ヂャーク社の経営者として使ったインチキな投資呼び込み手法と同様に、ブラック・メールを使って党側を脅迫し己の名声を高めようとしているような行為であると非難しました。

 この発言は、ソーポン氏が26日に、先の定例閣議の席上でタクシン暫定首相が、フィンランド宣言の存在を暴露したのは、ソーポン氏が嘗て要求していた10億バーツ規模の地方開発基金向け資金の供出を断られた事に対する復讐であると語っていたとされている事に対して、全てタクシン暫定首相の作り話であると非難した上で、今後もタクシン暫定首相が中傷発言を続けるのであれば、約4年前にタクシン暫定首相の依頼でアレンジした長老社会批評家のプラウェート・ワシー氏との会談の際に語られたフィンランドに於ける"謀議"に絡む二つの秘密を暴露する用意がある。もし暴露すればタクシン暫定首相は二度と政治の世界に足を踏み入れる事が出来なくなるだろうと発言していた事を受けたもの。

 またソーポン氏は、エラワン廟破壊事件が、タクシン暫定首相がクメールの占い師の薦めに基づいて配下に命じてやらせた犯行だったとの噂を流布した張本人であると指摘されている事に関しても否定していたようです。

posted by Jean T. at 00:50| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラーチャブリー県県都内で元下院議員が銃撃を受け死亡

 27日20:30頃、ラーチャブリー県の県都内中心部で同県第一選挙区選出元タイ・ラック・タイ党所属下院議員のゴープグン・ナポームロップディー女史を乗せた車が、信号待ちをしているところで近づいてきた小型トラックから銃撃を受けゴープグン女史の頭部に命中し死亡するという事件が発生しています。

 また、この銃撃でゴープグン女史を乗せた車が全焼し警察に所属する運転手の男性と秘書の2人が負傷を負っているようです。

 尚、警察側は、政治若しくはゴープグン女史が関係する建設事業が絡む係争が背後にあるのではないかとの見方を示しているようです。

posted by Jean T. at 00:46| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

忠犬一号、スタンドプレイに走るご主人様に激しく叱責される

 世間では北部大水害でお亡くなりになった飼い主に寄り添うように横になって救助隊の到着を待っていた忠犬が話題になっていますが、一方で政界ではユット・トゥーイェンなる愛称で親しまれているタイ政界の忠犬ポチ一号が、北部大水害や国王陛下在位60周年記念式典をやり直し総選挙向け売名ツールとして利用しようとしているとの噂もある、主に北部や東北部の住民に人気があるメーオなる愛称でお馴染みのご主人様に激しく叱責されたんだそうな。

 なんでも、ご主人様が北部水害を深刻化させた原因とされる違法伐採の実態の視察へ飛び立つために飛行機に乗り込もうとした際に、普段は天然資源や環境関係の仕事をしているポチ一号から電話でプレー県デーン・チャイ郡に於ける貯水用施設の崩落状況に関するレポートを受けたご主人様が、「これでは不十分だ。明日自分の目で状況を確かてこい」と怒り口調で受け答えをしていたようです。

 まぁこの忠犬ポチ一号も、昔メーオご主人様が気まぐれで設けた目安箱に寄せられた投書に基づいて、武装警察とマスコミを引き連れてモーチットでタクシー運転手から10バーツを徴収していた係員を逮捕してみたら、バスターミナルとの契約に基づいて同所で客を取るタクシーから料金を徴収していただけだったという間抜け過去があったりと、ご主人様に負けないスタンドプレイぶりを発揮していましたね。

 尚、ここに出てくるメーオはネコという意味ではなくメオ族を意味します。(声調が異なります)

posted by Jean T. at 00:41| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月27日

大衆政策について説明した漫画の配布を開始

 政府はこの程、青少年向けに政府が取り組む大衆政策について漫画でわかりやすく解説した「草の根の国民達の本当の夢」と題した冊子を3千部印刷紙配布を開始しました。

 政府の広報部門によると、冊子では教師と生徒の会話形式で村再生基金政策やコンピュータ無償提供政策、社会引き締め政策、エネルギー節約政策、一タムボン一製品政策だけでなく"5年間の政府の成果"や"タクシン首相が如何に国民を中心に置いて政策を推進させてきたか"についてまで丁寧に解説している、まるでやり直し選挙を意識した洗脳ツールと言ってもおかしくない素敵な内容になっているようです。

posted by Jean T. at 01:47| 解散・選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三野党、あらためて選挙委員会の総辞職を要求

 民主党、チャート・タイ党及びマハーチョン党の旧野党三党は26日開かれた三党協議で、あらためて選挙委員会の委員3人に対して、国王陛下在位60周年記念式典後に予想される国内情勢の再激化を抑え、また公正なやり直し総選挙を実現させる為にも三裁判所の勧告を受け入れ自ら犠牲の精神を示して総辞職するように要求する方針を決定しました。

 また26日の協議では、やり直し総選挙に三党とも候補者を送り込む方針が再確認されています。

posted by Jean T. at 01:45| 解散・選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10月から年末にかけてバンコク及び中部地区で大洪水の恐れ

 国家天然災害委員会委員長のスミット・タンマサロート氏は26日、地球温暖化及びラニーニャ現象の影響で10月から年末にかけてバンコク及び中部地区で大雨による大洪水が引き起こされる恐れがあると警告しました。

 スミット氏によると、中国やフィリピンの海域で発生した台風によるプーミポンダムを初めとする主要3つのダムの排水量増及び海水の水位の状況次第では1985年や1995年にバンコク等を襲った大洪水になる可能性があるとのこと。

posted by Jean T. at 01:44| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ルーシーダットン奪還宣言

 ピニット暫定公共保健大臣は26日、日本のビジネスマンにより商標登録されたタイの伝統的体操法ともタイ式ヨガとも言われるルーシーダットンを絶対にタイに取り戻すと宣言しました。

 これは、日本のフルヤ・マサキなる人物がハーン・フン・スワン・ルーシーダットン社なる社名で日本の特許庁に"ルーシーダットン"を商標登録すると共に、サイト上で何人も"ルーシーダットン"という言葉を使用する事は法律に違反すると記載していたことが明らかになったことを受けた発言で、ピニット氏は、ルーシーダットンは少なくともラーマ1世の治世の時代には存在していたタイ固有の無形財産であり何人も個人の権利として所有する事は許されないと指摘していました。

 ピニット氏によると、既に省内の関係部局に対して日本の当局に対して事実関係を確め適切な対応を講じるよう要請するよう指示すると共に、他のタイ固有の無形財産が同様に商標登録されることがないよう対策を講じるよう指示しているようです。

 尚、公共保健省タイ式医療局によると、既に26日付けで日本の特許庁に対して異議申し立ての文書を送付済みであるとのこと。

posted by Jean T. at 00:37| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パキスタン人の部屋から女性が転落死

 26日、都内バーンガピ区内にあるパキスタン人が借りているアパートの部屋から20歳から25歳位の若い女性が転落して死亡するという事件が発生しました。

 パキスタン人によると死亡した女性はパッタヤーのエンターテイメント施設内で金額交渉をしてアパートに連れてきたが、その後室内で喧嘩になり気づいたら転落していたと証言しているようですが、警察側は供述に不審な点があることから更に詳細に事情聴取を行う方針でいるようです。

posted by Jean T. at 00:35| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミック・ジャガーがコッソリと来タイ

 今頃知ったのですが、Sir Mick Jagger が四月にコッソリと来タイし、オリエンタルホテルに泊まっていたらしいですね。(前回だったか前々回はエラワンだった記憶が)

 まぁ~ただそれだけなんですけどね。

posted by Jean T. at 00:33| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月26日

タイ国鉄、10日間に渡り列車の運行を休止

 タイ国鉄は26日夕方、ウタラディット県内を通過する全ての列車を10日間に渡り運休する方針を明らかにしました。

 これは、北部大水害の影響で3ヶ所の橋が損壊し、また30Kmに渡って線路が損壊している事が確認された事を受けた措置。

 また、既に期間内の予約乗車券を購入している人に対しては払い戻しに応じる方針との事。

参考 : タイ国鉄顧客サービス専用電話番号 : 1690 (24時間受付)

(タイ時間 18:10 掲載)

posted by Jean T. at 20:03| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国王陛下、教育の向上と住民和解の推進の重要性をご指摘

 25日、国王陛下は陸海空三軍の長に謁見され、南部情勢に深い憂慮を表明された上で、あらためて三軍協調して地域の教育向上及び住民間の和解の推進に尽力するべきであるとのお考えを示されました。

 ご発言の中で国王陛下は、地域によって管轄する軍が異なっている現状を是正し、三軍が協調し忍耐強く住民間の和解推進及び地域の教育向上に尽力する事が地域正常化を実現する上で重要であるとご指摘、更に山間・森林部に於ける任務遂行に熟達している国境警備警察の協力を仰ぎ情勢掌握任務を遂行するべきであるとご指摘されていました。

posted by Jean T. at 10:59| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

民主党、フィンランド宣言を受け入れることは出来ない

 民主党のアピシット党首は、タイ・ラック・タイ党が1999年にフィンランド宣言を策定したと伝えられている事に関して、タイ社会の反発を煽る繊細な部分に触れているだけでなく、民主主義の精神にも逆行する様な宣言は存在し得ず、また仮に存在していても社会が受け入れるべきものではないとの考えを示しました。

 発言の中でアピシット党首は、同宣言で謳われているとされる王室関連の部分はタイ社会が受け入れる事が出来ない最も繊細な部分であると指摘、更に一党独裁体制は全てを統下に置く手段には為り得ず、公正な政党間の競争が確保される事が民主主義の精神に適っていると指摘していました。

posted by Jean T. at 02:44| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やり直し選挙、10月15日で合意

 25日、選挙委員会と政党間で行われた協議で、やり直し選挙を10月15日に実施する方向で政府側と調整する事で合意に至りました。

 これは、先に合意に至った10月22日がラマダン明けの日にあたり、イスラム教徒の有権者にとって不都合であるとの指摘を受け行われたもので、昨日の協議では10月15日、10月29日、11月26日、12月17日、来年1月7日の五つの案の中で最終的に多数決で10月15日に決せられたようです。

 尚、タイ・ラック・タイ党は前回に続き協議には参加しましたが票決は棄権したようです。

posted by Jean T. at 02:41| 解散・選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

憲法裁、民主党解党の審理申請を門前払い

 憲法裁判所は25日、政府支持者が提出していた民主党の解党の審理申請を却下する決定を下しました。

 これは政府支持派のタイの為の市民パワーネットワーク(学生を動員して緑色の服を着て4月2日の総選挙絶対実現を訴えていた団体)代表のスラポン・トーウィヂャックチャイヤグン氏が民主党のアピシット党首が憲法7条に基づく国王陛下による暫定首相の任命を要請した行為は党の解党に相当する誤った行為であるとして審理申請していたもので、憲法裁判所側は、憲法裁判所に直接提訴できないとする憲法63条の規定に則り、検事総長事務所に提訴し真相を充分に調査した上で憲法裁判所に審理の申請をするべきであるとして門前払いにする決定を下しました。

posted by Jean T. at 02:37| 解散・選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナラーティワートでイスラム系住民が喉元を深く切られ殺害

 25日6時頃、ナラーティワート県インゴー郡内の路上で、同県県都内在住の25歳のイスラム系住民男性が喉元を深く切られ、更に頭部や顔面に複数の切り傷を負い虫の息で横たわっているのが発見されました。

 搬送先の病院で死亡が確認された男性は約1ヶ月前に家出をして以来消息不明になっていたことから、警察側は男性が一連の不穏な動きに関係する一味に属していたが、何らかの理由で口封じの為に殺害されたのではないかとの見方を示しているようです。

 一方、ヤッラー県ベートン郡内では25日8時頃に、郡役場の入り口にある検問所付近に時限発火式の爆発物が発見され、安全処理が行われています。また、同所付近で模造爆弾2発も発見されていたようです。

 また、同じくヤッラー県バンナンサター郡内で教師の警護にあたる当局関係者5人を乗せた小型トラックを狙って、路上脇に潜んでいた人数不明の一味が銃を乱射し約10分間に渡って銃撃戦を展開し逃走する事件が発生しましたが、幸い当局側に人的な被害は出ていないようです。

posted by Jean T. at 02:10| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

麻薬購入代金欲しさに水道メーターを盗んでいた女を逮捕

 バンコク隣県のサムットプラーガーン県県都内の警察は25日、水道メーターを盗んだ容疑で35歳の女を逮捕し、200個以上の水道メーターを押収しました。

 今回の逮捕は住民からの通報で実現したもので、女は警察に対して新しければ新しいほど高額で買い取ってもらえるので、主に建設が完了したばかりの民間開発の住宅地を中心に水道メーターを盗み、それをパークナム地区にある古物商にキロあたり110バーツから120バーツで買い取って貰い、受け取ったお金で麻薬を購入していたと証言しているようです。

posted by Jean T. at 02:07| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チューウィット氏、コッソリ復党

 チューウィット・ガモンウィシット氏は25日、22日にチャート・タイ党のバンハーン党首の自宅を訪問し協議を行った結果、チャート・タイ党に復党する事で合意に至り同日付で入党届を提出した事を明らかにしました。

 なんでも協議の席上でバンハーン党首から、やり直し選挙の比例代表区で前回より高位の名簿順位の確約を得られたようです。(因みに前回は6位、今度はベスト5入り)

 因みに22日は、予定されていたフカヒレ・レストランでの会合がキャンセルされた日でした。

posted by Jean T. at 00:22| 解散・選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トラートの海岸で白人の他殺体

 25日午前、トラート県県都内の海上で白人男性の死体が浮かんでいるのが発見されました。

 これまでの調べで、死後7日以上経っていると見られる死体の顔の部分に暴行を受けたと思われる後があることから、殺害後に海に投げ捨てられていると見られているようですが、国籍を含む身元に関しては確認されていない為、現在各国の大使館に照会をしているところなようです。

posted by Jean T. at 00:17| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

警察、衝突事故を起こしたDSI局長の娘に特別な対応

 首都圏警察本部パホンヨーティン署が、衝突事故を起こし逃走しようとしていた法務省特別捜査局局長のソムバット・アモンラウィワット警察大将の娘であるアヌッタマー・アモンラウィラットさん(30)に対して事情聴取はおろか酒気帯び運転の検査すらせずに即日帰宅を許していた事が明らかになっています。

 25日0時過ぎ頃、ラーマ9世通りの交差点付近を走行中に、異常に高速で接近してきたアヌッタマーさんの車に衝突され、逃げようとしたところで車の前に回りアヌッタマーさんを捕まえたと語る衝突された車の運転手によると、警察側はアヌッタマーさんが逃走しようとした事を一切不問にしたばかりか、深夜にもかかわらず丁寧に保険会社を呼んで両者和解の仲介をし、そのままアルコール検査すらせずに帰宅を許していたようです。

 因みにアヌッタマーさんが運転していた車には"ソーロー 1"という特別にお金を払って入手したナンバー・プレートが付けられていたようです。

posted by Jean T. at 00:15| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。