2006年05月08日

憲法裁、4月2日の総選挙を無効と判断

 憲法裁判所は8日、8対6で下院解散から選挙実施までの期間の設定が解散を決断した政権政党側に有利に設定されたこと、投票用紙の記入台を第三者の目に見える位置に変更したこと、大政党による小政党の買収行為により事実上一つの大政党が小選挙区をコントロールし複数の候補者を出馬させた事に等しいこと、及び中央選挙委員会委員全員が揃って協議決定が行われていなかった事は何れも違法であったとして4月2日行われた総選挙が違法であったと評決し、更に9対5で4月2日に行われた総選挙が無効であったとして、やり直し選挙を行うべきであると評決しました。

 今回の評決は、国会監査院経由でタンマサート大学教授のバンヂュット・シンカネート氏及びピーネット代表のサーイユット・グゥトポン大将が総選挙の有効性を問う審査請求をおこなっていたもの。

 一方、未確認情報によると、少なくとも2人の選挙委員が辞表を用意しているとの由。仮に選挙委員会委員の辞任により同委員会が機能できなくなった場合には、憲法の規定に基づき暫定上院議会(4月19日に行われた上院選以前の上院議員で構成される)が選挙委員会の機能を担う可能性もあるとのこと。 尚、ワーサナー委員長は辞任する可能性を否定しています。

(タイ時間 12:50 掲載、14:30 更新)

posted by Jean T. at 16:29| 解散・選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パッタヤーの複合娯楽施設で火災、8人が死亡し50人以上が負傷

 7日21:30頃(報道により20:30頃とも)、チョンブリー県バーン・ラムゥン郡パッタヤー・サーイ3通り沿いにある一階建ての複合娯楽施設ルート999から火災が発生し約1時間に渡り延焼し8人(報道により7人)が煙に巻かれて死亡し50人以上が負傷を負いました。

 死亡した8人の内訳は、7人が20代の従業員女性で、1人が身元不明の男性となっているようです。

 目撃証言によると、電気のパチパチと鳴る音が聞こえた直後に火災が発生しているようですが
、当時従業員の多くが一ヶ所に集まってミーティングの最中だった為に火災の発生に気づくのが遅れ被害が大きくなったようです。

posted by Jean T. at 10:48| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国民は原油高より政治情勢を懸念

 スワン・ドゥシット・ポールが12県内の住民を対象に行った意識調査で、63.59%の回答者が政治情勢の方が原油高よりも危機度が高いと回答し、原油高問題の方が政治情勢よりも危機度が高いと回答した者が僅かに22.67%だった事が明らかになっています。

 また、69.83%の回答者が政治情勢の方が原油高問題よりもコントロールが難しいと回答し、その多くが国民の参加を得ていない政治家同士の問題に起因しているからとの理由を挙げ、またもし解決を任されるとしたらどちらかを選ぶかとの質問に対しては68.06%の回答者があらゆる問題の解決に結びつくとして政治情勢をあげていたようです。

 一方、ABACポールが首都圏在住の住民を対象に行った調査では、回答者の多くが政治情勢よりも物価高や原油高、及び失業問題をあげ、更に多くの回答者が政府に対してこれらの問題に真剣に取り組むように要請すると共に、国王陛下が提唱する適度な経済思想を旨にし、また汚職撲滅に本腰を入れて取り組むべきであると回答していたようです。
posted by Jean T. at 02:18| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

民主党幹事長、新たに選挙委員会を告訴

 民主党のステープ幹事長は7日、特定政党に好意的に職務を遂行する等不公正な職務遂行があったとして中央選挙委員会委員長及び3人の委員を新たに刑事告訴する方針を明らかにしました。

 今回の告訴に関してステープ幹事長は、中央選挙委員会の委員長を含む4人の委員は特定政党の選挙違反行為をうやむやにしようとしているだけでなく、既に買収の事実が発覚し選挙委員下院職員及び買収に応じて候補者を小選挙区に送り込んだ小政党に対して処分が決定されているにもかかわらず買収に関与した特定政党に対する処分が一切下されていないなど、職務遂行面に於いて中立性を欠いていると指摘していました。

 また、ワーサナー委員長が先の責任転嫁発言の中で小政党の買収問題に触れた際に、小政党を買収して小選挙区への候補者の送り込みを促した大政党があったとは言わずに、小政党を買収して小選挙区に送り込んだ候補者の立候補届を取り消させた大政党があったと発言したことに、民主党側が反発し同委員長を名誉毀損で訴える方向でも動いているようです。
posted by Jean T. at 02:16| 解散・選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソンティ氏らを不敬罪で送検する方針を固める

 警察側は、民主主義市民連合幹部の一人であるソンティ・リムトーングン氏及び同氏のインタビューを掲載したとされるコム・チャット・ルゥック誌について不敬罪で送検する方針を決め、その方針を伝えるために8日9時に両者を警察に召喚していた事が明らかになっています。

 消息筋によると、警察側はソンティ氏の発言が収録されたVCD及びコム・チャット・ルゥック紙に掲載されたインタビュー記事に基づき送検する方針を固めた模様。

 また、民主主義市民連合の幹部5人に対しては、市民等を煽動し政府を転覆させ、また国内の不穏な情勢を煽った容疑、無許可で大衆を引き連れ交通の混乱を煽った容疑、無許可でポスターや拡声器を使用した容疑等5つの容疑で立件する方針を警察側が固め、8日9時に当該幹部5人を警察に召喚している事も明らかになっています。
posted by Jean T. at 02:15| 市民集会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミャンマー軍事政権によるKNUへの攻勢がタイに深刻な影響

 チットチャイ暫定首相代行は7日、ターク県ター・ソーンヤーン郡と国境を接するミャンマー領内付近にあるカレン民族同盟(KNU)に対するミャンマー政府軍の攻勢が激化している事を認め、更に既に関係当局に対して国境線の警戒及び難民の救済に全力を尽くすように支持した事を明らかにした上で、タイの安定及び難民救済の為のコストに多大な影響を与え得ると懸念を表明しました。

 一方、チョンブリー県内にあるタムヒン難民収容センターに収容されているカレン族難民をアメリカ側が受け入れる意向を表明していると伝えられている事に関しては、既に専門のチームが継続的な協議にあたっている事を明らかにしていました。
posted by Jean T. at 02:14| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タクシン暫定首相、二日連続でゴルフ

 タイ・ラック・タイ党所属の下院議員(就任予定)等を伴いレイクウッドでゴルフに興じていたようですが、その際に総選挙の有効性に対する憲法裁判所の評決が8日に予定されている事に関しては、全く気にかけていないと答えていたようです。

 一方、「ゴルフをやってパワーをつけているという事は、再度政界に帰ってくるという事ですね?」との記者団からの突っ込みに対しては、「仕事が無いおかげでパワーがあり余っているので、発散する為に朝に水泳やってからゴルフに来てるんだよ」とやり返していたようです。
posted by Jean T. at 02:13| 解散・選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TG機上職員組合、食後1時間後のアルコール・サービスの中止を提案

タイ国際航空機上職員組合代表のヂェームシリー・スックチョーティラット女史は7日、機内サービス中のアルコールが絡むセクハラ行為等を防止する為に、会社に対して機内に於ける食事サービス終了1時間後にアルコール類の提供を中止するよう提案する方針を明らかにしました。

 尚、アルコール類の提供の全面中止に関しては、航空会社間競争の見知から不適切であるとして提案を見合わせたとのこと。

 また、特に男性乗客による性器を露出したり、女性乗務員に触ったりする等のセクハラ行為や乗務員に対する暴力行為を防止する為の方策についても今後検討を重ねていくとのこと。

 個人的には、どっかの米系みたいにアルコール類を有料にした方が機内でのアルコール消費抑制に効果があるような気がしないでもないですが、ところで私は機内ではアルコール類を飲まない人なのですが、客室乗務員に「日本人なのになんでアルコールを飲まない」と言われるのは何故?
posted by Jean T. at 02:10| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5月13日から31日までサナーム・ルワンを一時閉鎖

 バンコク都庁環境局は7日、国王陛下の戴冠60周年式典に備えた整備の為に5月13日から31日までの期間中、サナーム・ルワンを一時閉鎖し祭事・催事の開催を中止する方針を明らかにしました。

 同局側によると、今回の一時閉鎖措置は民主主義市民連合の集会により損傷した芝地部分の修復等の作業を行うためで、予算は450万バーツを見込んでいるとのこと。

posted by Jean T. at 02:04| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Bill Brufordが来タイ

 優秀なアレンジャーの不足やミュージシャンの和声に対する知識不足、そして優秀なたいこ叩きの不足がタイのポップスやロックが一向に進歩しない大きな要因になっているのではないかと個人的に勝手に思ってたりしているのですが、とりあえずYesやKing Crimson、National HealthやUKの元超絶技巧変拍子大好き系ドラマーで、最近ではEarthworksを初めとするJazz畑での活動が目立つBill Brufordがドラム・クリニックやJazz Festivalに出演する為に来タイします。

 そういえば、私が高校の頃にBrufordの2ndアルバム"One Of A Kind"に入っていたHell's Bellのホールズワースのギターソロのコピーに挑戦して、即座に潔く断念したという爽やかな思い出があったりします。(その後キーボード・パートのコピーをして遊んでいたけど) 

 尚、スケジュールの方は以下の通りになっているようです。(同行メンバーに関しては不明)

5月31日 都内AUA講堂でドラムクリニック
6月 1日  都内マヒソーン・ホール(もしかしてマヒドン大学講堂?)
6月 2日  フワヒンで開かれる恒例のJazz Festivalに出演
6月 3日  パッタヤーのシルバー・ワイナリー

 それにしても、3月のPat Metheny、今度のBlly Cobhamの来タイといい、その筋での超大物の来タイが続くとはいい傾向ですね。

posted by Jean T. at 00:06| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。