2006年05月11日

小政党買収に関与したタイ・ラック・タイ党幹部

 大政党による小政党買収問題を調査するために選挙委員会内に組織された調査委員会の秘密報告書(5月8日付け)で、タイ・ラック・タイ党副党首のタンマラック・イサラーングーン・ナ・アユッタヤー大将(当時防衛大臣)、同副幹事長のポンサック・ラクタポンパイサーン氏(当時運輸大臣)及び防衛庁付きの参謀部門総責任者でタンマラック大将の秘書官的存在だったトライロン・イントラタット大将及び同副責任者のパドゥンサック・グランサノ中将が買収工作に関与したとした上で、不可分の関係にあるタイ・ラック・タイ党及び党首のタクシン・チンナワット警察中佐の法的責任も免れないと報告していた事が明るみになっているようです。

 報告書によると、タンマラック大将はタイ・ラック・タイ党の政権維持を安堵するために小政党を買収し単独候補者選挙区になる恐れがあった小選挙区への候補者擁立を促し、ポンサック氏側はタンマラック大将に協力し小政党の党員データの書き換えに関与したとしているようです。

 仮にこれが事実でまた選挙委員会が公正に職務を遂行していれば、重大な選挙違反行為であるとしてタイ・ラック・タイ党に対して解党処分が下されるという事もあり得ます。

 尚、この調査委員会の報告に基づき、これまでに買収された側であるタイ国家開発党及びタイ大地党の二党に対して解党処分が下され、また党員データを書き換えた選挙委員会の職員に対して処分が下されていますが、買収した側の大政党に対する処分は保留になっています。

posted by Jean T. at 14:59| 解散・選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

選挙委員長、死後に真相の全てを明らかにする

 選挙委員会委員長のワーサナー・プゥムラープ警察大将は10日、激励に訪れた市民等を前に自身は犠牲者的な立場にある事を強調した上で、誰がどの様に現在の危機的状況を作り上げたかを証拠づけるビデオを含む資料を適切な時若しくは自分の死後に公開すると語りました。

 また、ワーサナー委員長は、改めて現在の任務を継続する事を明らかにした上で、15日に各党党首や内閣秘書官、憲法裁判所秘書官等を交えやり直し総選挙の期日について協議を行う方針を明らかにしていました。

 尚、この提案に対してチャート・タイ側は、選挙期日を決めるのは政党の任務では無いこと、またテレビを通して参加を呼びかけるなど、取り組む姿勢に誠意が感じられず、むしろイメージ向上を期したスタンドプレイ的色合いが濃いとして参加を見合わせる方針を決定しています。

 一方、タクシン暫定首相は、再度政界に戻るものの次期首相指名は辞退する方針を党本部に伝えたとされる事に対して、その方向で考えてはいるが、いずれにしても政治情勢を見極めてから最終判断するつもりであると語っていました。

 また、やり直し総選挙では党員の応援演説に駆けつけるのかとの質問に対しては、まだ党首だからねとのみ答え、また、比例代表名簿に名を連ねるかとの質問に対してはノーコメントだったようです。

 因みに、タイ・ラック・タイ党は10日、やり直し総選挙に向けて作成した、向かって左端に応援演説に駆けつけた住民に向かってワイをしているタクシン暫定首相の大きな写真を使用し、「国家・国民の問題解決を喜んで引き受けまっせ」という様な意味の文言が記された大型ポスターを公開しています。

posted by Jean T. at 02:42| 解散・選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

選挙委員候補者、後任委員候補推薦を辞退

 死亡した選挙委員会委員のヂャラン・ブーラナワンタシリー氏の後任候補として最高裁判所から推挙されていた同裁判所判事のガセーム・ヂーラウォン氏は10日、チャーンチャイ最高裁判所所長に対して選挙委員の後任候補として最高裁判所から推挙される事を辞退する旨記した書面を提出した事を明らかにしました。

 ガセーム氏側は、選挙委員会が不当な総選挙を実施し、また社会からの辞職要求に晒されている事を考慮し、また最高裁判所側に5人の新しい選挙委員会メンバー候補者を上院議会に提案する機会を与えるために決断したとしていますが、この辞退宣言には現在いる4人の選挙委員会委員に対して辞職圧力を加える意図は無いと説明しているようです。

posted by Jean T. at 02:40| 解散・選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソンクラーの住民団体、選挙委員会委員長を不敬罪で告発

 ソンクラー県の住民団体は10日、ワーサナー選挙委員会委員長が国王陛下のご発言を非難したとしてハート・ヤイ郡警察署に対して不敬罪で告発しました。

 住民側は、候補者が一人しかいない選挙区が存在している事が果たして民主主義的と言えるのかと疑問を呈された国王陛下の発言に対して、法律でも単独候補者選挙区の存在が想定されている事に対して非民主主義的だという意見は残念で悲しいと発言した事が、国王陛下のご発言を非難した事に該当すると指摘しているようです。

posted by Jean T. at 02:38| 解散・選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

警察、ソンティ氏等を不敬罪で送検

 警察は10日、民主主義市民連合幹部のソンティ・リムトーングン氏及びコム・チャット・ルゥック紙編集長のチャリヤオ・コントゥック氏を不敬罪で送検しました。

 検察側は9人の検事で構成された専門チームを組織し刑事告訴の是非を検討し、6月8日結論を発表する方針でいるようです。

posted by Jean T. at 02:35| 市民集会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自転車利用推進キャンペーン

 アピラック都知事は10日、エネルギー節約、環境改善、健康促進推進の一環及び都内の文化観光資源開発の一環として自転車利用推進キャンペーンを前進させる方針を明らかにしました。

 バンコクを愛し自転車を愛するを合い言葉に展開されるキャンペーンでは自転車関連の催し物を開催し、関係当局者に対しては自転車に関する知識の普及や都内に於ける自転車専用レーン及ぶ専用駐輪場の紹介等を、また一般都民に対しては自転車の安全運転や自転車の展示紹介を行う予定で
、将来的には健康促進財団及びタイ健康促進目的自転車利用キャンペーンと共同で都民に対して付きに最低一回は自転車に乗ろうと訴えるキャンペーンを行う等して自転車利用を都民の文化として根付かせたいとしているようです。

posted by Jean T. at 02:13| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メー・サーイの国境検問所、賭博目的渡航の監視を強化

 チァン・ラーイ県の警察当局は10日、連休期間中に賭博目的でミャンマー領内へ渡る旅行者の監視を強化する方針を明らかにしています。

 警察によると、法律限度額である50万バーツを超える現金が国外に持ち出されない様にカジノ側が手配したワンボックスカーに乗ってメー・サーイの国境検問所を通過する者に対しては、厳格に所持品検査を行う他、旅行者で賑わう時期を狙った犯罪行為や盗難車のミャンマー領内への違法輸出行為を取り締まるために検問所周辺に監視カメラを設置し監視を強化する方針でいるようです。

posted by Jean T. at 02:11| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ch5の女性キャスター、ATMを不正使用されたと訴え出る

 10日、ch5の女性キャスターであるアイリン・ダムロンモンコングンさんが、所持するガシコン銀行のATMカードのデータを利用して不正に16,000バーツを引き落とされたと警察に訴え出ました。

 通帳をチェックして2回に渡って合計16,000バーツが引き落とされた事を知ったというアイリンさんによると、何者かが何らかの方法でアイリンさんのATMカードの情報を入手し偽造カードを作成し不正に現金を引き落としたと見られているようです。

 警察側は、不正に現金が引き落とされたATM機に接続された監視カメラ映像を元に犯人の割り出しを急ぎたいとしているようです。

posted by Jean T. at 02:10| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デックBIG ASS親子認知問題、ポンティップ女史が再検査に応じる意向

 法務省科学捜査研究所臨時所長代行のポンティップ・ローヂャナスナン女史は10日、生まれた子供の父親がBIG ASSのデックであると訴えている元モデルのスワンナニー・チャイヤモンコンさん(17)の要請に応じ、親子関係を実証する為にDNA検査に応じる用意がある事を明らかにしました。

 これは、警察病院のDNA検査でデックと子供との間に親子関係が無いと判定された事を不服としたスワンナニーさん側が科学捜査研究所での再検査を希望している事をうけたもの。

 尚、前後して先にDNA検査を行った警察病院側もスワンナニーさんの意向を受け入れ、スワンナニーさん母子及びデックの三人から検体を採取しマスコミ立ち会いの下でDNA検査を行う方針を示しており、最終的に警察病院側で再検査が行われる可能性が高いようです。

posted by Jean T. at 02:08| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。