2006年05月31日

チューウィット氏、「ボクはみんなを愛しているよー」宣言

 先にチャート・タイ党に復党したチューウィト氏は、30日に開かれたチャート・タイ党の執行部会議参加後に記者会見を開き、やり直し総選挙では「ボクはみんなを愛しているよー」をスローガンに掲げ全国的に遊説活動を行っていく意向を明らかにしました。

 記者会見の際にチューウィット氏は、再度政界入りするチャンスを与えてくれたバンハーン党首に対して謝意と最大限の賛辞を表明した上で、政界から一時遠ざかっていた期間中に修士課程で学び、また各地の国民と交流を持つ機会を得た事により政治を巡った喧嘩を仕掛けることは正道ではないと理解するに至ったとし、今後は他人への仕返しや挑戦、非難を仕掛ける事を止め「ボクはみんなを愛しているよー」をスローガンに新しい自分の個性を選挙期間中に売り込んでいくと発言していましたが、いずれにしても国家の発展を阻害する不正行為に対する追求の手を緩めるという訳ではないようです。

 尚、やり直し総選挙ですが、昨日の閣議で選挙委員会からの提案通り10月15日に実施する事が決定されています。

 この決定に伴い8月24日に国王陛下の勅令に基づき総選挙の告示を行い、9月5日から7日にかけて比例代表区の、また9月8日から12日にかけて小選挙区の候補者受付を開始する事が確認されています。

 仮に今回の決定が確定した場合、90日ルールの関係で立候補予定者は比例代表区の場合6月4日までに、小選挙区の場合は6月8日までに政党の移籍を済ませなければいけなくなるわけですが、とりあえずタイ・ラック・タイ党のスダーラット副党首は「うちには党を移籍しようなんて考えている人は一人もいないわ」と発言していました。

 一方、現在の党の陣容では総選挙で当選者を出すことは不可能であると指摘されているマハーチョン党がチャート・タイ党と合併するのではないかとの噂がありますが、今のところサナン党首は合併の可能性を否定しているようです。

 また、マハーチョン党に関しては、サナン党首曰く下院議員時代から党を裏切り続けてきたティン・ヂンタウェート氏がチャート・タイ党に移籍した他、マハーチョン党に入党すると噂されていたサナン党首に極めて近い人物だったことでも知られる元民主党幹事長のプラディット・パトラウィシット氏もチャート・タイ党に入党するのでは無いかとの噂が広がっているようです。

posted by Jean T. at 02:32| 解散・選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タンマラック暫定防衛大臣、6月2日に記者会見

 民主党のステープ幹事長が、タイ・ラック・タイ党による小政党買収疑惑を裏付ける証拠の一つとして防衛省内に設置された監視カメラの映像を公開した事に関してタンマラック暫定防衛大臣は30日、側近を通じて6月2日に記者会見を開き真相について説明する方針を明らかにしました。

 側近筋によると、タンマラック暫定防衛大臣は大臣執務室に通じる通路に監視カメラが設置されている事に関しては認めているものの、映像に映し出されているタンマラック暫定防衛大臣とされる人物に関しては別人であるとし、また小政党の党首と会っていたとされることに関しても否定しているようです。(タイ・ラック・タイ党のヂャトゥポン報道官は、写真の人物は本物である。しかし後から加工して貼り付けられたものであると主張)

 また、今回の監視カメラ映像の流出に関して、防衛省の警備担当責任者の責任を追及する動きも確認されているようです。

 尚、公開された映像に映っているとされる国家開発党党首のチャワガーン・トーサワット氏は、映像は本物であると発言しているようです。

 一方、民主党のアピシット党首は30日、タイ・ラック・タイ党に対して事実を歪曲する為に政治的なゲームを仕掛けのを止め、早急に公開された映像に関する真相を明らかにするべきであると指摘していました。

参考: 問題の監視カメラ映像

posted by Jean T. at 02:26| 解散・選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タクシン暫定首相、プーヂャッガーン紙を相手取り新たな訴訟を提訴


 タクシン暫定首相の顧問弁護士であるタナー・ベーンヂャティグン氏は30日、民主主義市民連合幹部のソンティ・リムトーングン氏が社主を勤めるプーヂャッガーン紙のコラムニストであるプラモート・ナーコンサップ氏及び同紙を発行するマネージャー・メディア・グループ社等を相手取り事実に基づかない報道により名誉を毀損されたとして新たな訴訟を提訴しました。

 今回の提訴に関してタナー氏側は、プーヂャッガーン紙等に掲載された"タイの政治体制の変革を目指すフィンランド宣言"に関する事実に基づかない記述により、あたかもタクシン暫定首相及びタイ・ラック・タイ党が非民主主義的な体制を築き上げようとしているとの誤解が社会に植え付けられ多大な損害を被ったと説明していました。

 尚、刑事裁判所側は8月7日に第一回公判を開く方針を明らかにしているようです。

 そう言えば、タナー君は、先の上院選にコッソリとバンコク選挙区から出馬していたのですが、結局落選しちゃったみたいですね。

posted by Jean T. at 02:23| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

身元不明遺体の調査を行うための専門委員会を結成

 チットチャイ暫定副首相は30日、パッターニー県内で発見された141体の身元不明遺体の調査を行うために、自らを委員長とする専門調査委員会を結成した事を明らかにしました。

 同暫定副首相によると、専門委員会の委員は国家警察本部、検事総局及び法務省の関係者で構成されるとのこと。

posted by Jean T. at 02:21| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

会計監査院、新国際空港建設に絡む新たな汚職疑惑が浮上

 会計監査院院長のヂャルワン・メーンタガー女史は30日、現職復帰後に新形態の汚職が蔓延り始めてる事が確認された事を明らかにした上で、特にスワンナプーム新国際空港建設に絡んで、不正逃れの為に小規模の会社を設立し建設の一部を受注し、その後同様に設立された複数の小規模会社と合併し新会社を設立するというケースが確認されている事を明らかにしました。

 尚、不正の詳細に関しては明らかにされていません。

 また、ヂャルワン女史は学生団体を初めとする市民団体からの告発を受け進めている選挙委員会に対する会計監査で、これまでに地方委員会及び幹部向けの車に対して異常に高額なレンタル費用が支出されていた疑惑が高まった事を明らかにしていました。

posted by Jean T. at 02:19| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドイツへ売春目的で女性を送り込んでいた容疑者を逮捕

 警察は29日、57歳の男と47歳の女、及び30歳のフィリピン人の女を旅行代理店を隠れ蓑にタイ人女性を売春させる目的でドイツ国内に送り込んでいた容疑で逮捕しました。

 今回の逮捕は、昨年11月に在バンコクのドイツ大使館からの通報に基づき行われた内偵により実現したもので、逮捕された3人はシティー・グループ・アンド・ツアー社なる旅行代理店を隠れ蓑にして、47歳の女が勧誘したタイ人女性を会社の従業員と偽って査証を申請し、57歳の男とフィリピン人の女がドイツへ連れて行く役割を担っていた見られ、これまでに少なくとも60人以上のタイ人女性を平均80万バーツの手数料でドイツに送っていたと見られているようです。

 また、ドイツ国内で2-3ヶ月間売春に従事した女性の多くが、その後EU諸国の査証の取得実績があるタイ人女性に対する査証の発行条件が比較的揺るやかな日本へ売春目的で送り込まれていたようです。

posted by Jean T. at 01:02| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北部方面鉄道、6月15日に全面復旧する見通し

 タイ国鉄は30日、ウタラディット県内を通る鉄道の全面復旧が6月15日までずれ込む見通しであることを明らかにしました。
posted by Jean T. at 00:59| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。