2006年06月26日

首都圏の住民の多くが政治情勢の悪化を懸念

 ABACポールがバンコク及び近郊の住民を対象に行った調査で、回答者の多くが情勢が更に悪化すると回答する一方で、道議面からの情勢解決の為に枢密院評議会議長のプレーム・ティンスーラーノン大将(元首相)の様な人物の登場を待望している事が明らかになっています。

 1,143人を対象に行われた今回の調査で、70.3%の回答者が現在の政治情勢に懸念を抱き、また66.6%の回答者が向こう6ヶ月間をもってしても政治情勢は変化しないと回答し、更に46.8%の回答者が政治家同士の対立が更に激化すると回答していたようです。

 また、首相経験者を含む政治家の中で最も道義的な面で国家問題の解決に適した人物に関しては、65.3%の回答者が枢密院評議会議長のプレーム大将の名をあげ、以下現暫定首相のタクシン・チンナワット警察中佐(11.8%)、元国務大臣で社会引き締め政策の推進者として知られるプラチャイ・ピヤムソムブーン警察大尉(8.2%)、元首相のチュワン・リークパイ氏(6.3%)、元暫定首相のアーナン・パンヤーラチュン(4.1%)と続く結果になったようですが、一方で実務的な面で国家問題の解決に適した人物に関しては46.9%の回答者がタクシン・チンナワット警察中佐の名をあげ、以下、暫定副首相兼商務大臣のソムキット・ヂャートゥシピタック氏(21.8%)、プレーム・ティンスーラーノン大将(15.3%)、元商務大臣・元WTO議長・現UNCTAD事務局長のスパチャイ・パーニチャパック氏(8.9%)、アーナン・パンヤーラチュン氏(4.1%)、プラチャイ・ピヤムソムブーン警察大尉(2.3%)と続く結果になったようです。

posted by Jean T. at 02:26| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スワンナプーム特別自治体構想、住民の意見を吸収してから取り組むべき

 暫定政府側がスワンナプーム特別自治体を創成する方針を決定した事を受け、ラームカムヘーン大学が特別自治体に統合されるバンコクのプラウェート区、ラートグラバン区及びサムット・プラーガーン県のバーンプリー郡及びバーン・サオトン準郡の住民1,100人を対象に行った意識調査で、85.6%の回答者が住民の意見を吸収してから構想の着手に取り組むべきであると回答し、意見の吸収は必要ないと回答した者が14.4%でだった事が明らかになっています。

 また、既に構想に関して意見を聴取されたと回答した者が僅かに9.8%であったのに対して、90.2%が一度も意見を聴取されていないと回答し、更にこれまでに意見聴取の為の召喚があったと回答した者が6.4%だったのに対して、一度も召喚されたことがないと回答していた者が93.6%だった事も明らかになっています。

 一方、自分が住んでいるところが77番目の県として新設されるスワンナプーム特別自治体に併合される事に関しては、34.4%が併合されて良いと回答、41.2%が併合には反対と回答し、24.4%が住民登録上は併合される地区の住民ではないので無関係と回答していたようです。

posted by Jean T. at 02:24| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

暫定国務大臣、恣意的大物一掃を命じたとの噂を否定

 コンサック暫定国務大臣は25日、タクシン暫定首相を支持しない者を大物一掃政策向けに作成されたブラックリストに記載するよう全国の県知事に命じたとされる事に関して、良からぬ考えを持った者若しくは選挙を意識して意図的に流布された噂に過ぎないと語り否定しました。

 今回の発言に先立って、タイ・ラック・タイ党による小政党の買収問題を最初に告発した東北地方の救国団体の代表者が、自身の名前が最近作られた大物一掃用リストの上位にリストされていることを暴露した上で、政府側は大物一掃政策を政治的に利用していると非難していました。

posted by Jean T. at 02:23| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナラーティワートで爆発

 25日11:30頃、ナラーティワート県バーヂョ郡内で、バイク3台に分乗し地域の警戒作業中だった軍関係者6人の通過にあわせ、路上脇に仕掛けられている爆発が爆発するという事件が発生しましたが、幸い人的な被害は確認されませんでした。

 尚、使用された爆発物は携帯電話を使用した遠隔起爆式だったようです。

posted by Jean T. at 02:22| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パッタヤーのホテルで外国人男性の全裸死体

 25日昼前、チョンブリー県バーンラムン郡プラタムナック通り沿いにあるマリーナ・プラザ・ホテル5階の客室内でアラブ首長国連邦出身の60歳の男性が全裸の状態で頭部を瓶で殴られ、更に首元を刃物で切られ死亡しているのが発見されました。

 ホテル従業員によると、死亡した男性は11日にホテルにチェックインして以来、毎晩女性を客室に連れ込んでおり、遺体で発見された前夜22時前頃には30歳のバービヤで働く女性を部屋に連れ込み、その後25日1時頃に女性が大急ぎでホテルを出ているのが目撃されていることから、警察側は、この女性が事情を知っていると見て、ホテルに記録として残されている女性の身分証明書の情報を元に身柄を追っているとしています。

posted by Jean T. at 02:20| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月25日

民主主義市民連合、タクシン体制の終了をキーに活動を継続

 民主主義市民連合は24日、全国の傘下団体関係者を交え第一回の総会を開催し、危機的状況を救うための三裁判所の取り組みを全面的に支持し、政治改革の障害となるタクシン体制の終了及び政治改革の推進をキーに活動を継続させることを再確認すると共に、今後もタクシン体制が権力に固執し、裁判所を初めとする独立機関への干渉が続くようなら、何時でも抗議行動を開始することができるよう備える事で合意に至りました。

 一方、連合幹部の一人であるピポップ・トンバイ氏は総会終了後に開かれた記者会見の席上で、現在の政治情勢は、道理や法的根拠に耳を貸さず、更に民主主義の精神を無視し己の一族の利益及び国家のリーダーとしての己の立場の延命の為に権力を行使する精神を病んだタクシン暫定首相を大株主とするタイ・ラック・タイ党を代表者とする進歩的資本主義と保守的資本主義の闘争によりもたらされたが、しかしタクシン党首が実際に目指す資本主義は独占的な権力を乱用しシン社を外国に売り飛ばすような進歩的とはほど遠い時代遅れなものであると指摘しました。

 また、幹部の一人のソムサック・ゴーサイスック氏は、タクシン体制が掲げる大衆主義は、草の根を草の根のままで終わらせる非民主主義的な政策であるばかりか、村再生基金政策により村民に携帯電話等の高額品を購入する機会をもたらし、村民1人あたりの負債を7,000バーツから1万バーツに増加させたと指摘しました。

posted by Jean T. at 02:29| 市民集会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パッターニーで親子が銃撃され死亡

 24日7時過ぎ頃、パッターニー県ヤッラン郡内で33歳の灌漑局の職員男性が8歳の女児と3歳の男児を乗せバイクで走行中に、バイク2台に分乗して現れた3人組の男に銃撃され33歳の職員男性と3歳の男児が死亡するという事件が発生しました。

 今回の事件の発生を受け、スダーラット・ゲーユラーパン暫定農業・協同組合大臣は同日、被害者家族に哀悼の意を表明すると共に、省から充分な補償を家族に提供する方針を明らかにしました。

 また、ほぼ同時刻にナラーティワート県ランゲ郡内で、村自警組織に所属する57歳のイスラム系住民男性が家の裏に潜んでいた人数不明の一味によるM16ライフルの乱射を受け重傷を負うという事件が発生しました。

 当局側は、男性が当局側に一味に関する情報を度々提供していた事が事件の背景にあると見ているようです。また、当局側は使用されたM16が2004年1月4日に同県ヂョアイローン郡内の基地内から強奪されたものである可能性もあるとして調査している事を明らかにしています。

posted by Jean T. at 02:26| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイ・ラック・タイ党本部前で爆発

 24日1時過ぎ頃、都内フワイクワーン区マッカサン地区内にあるタイ・ラック・タイ党本部ビル前に爆発物が投げ込まれる事件が発生しましたが、幸い人的・物的損害は確認されませんでした。

 目撃証言によると、1時過ぎ頃にバイクに乗った二人組の男が通り過ぎざまに本部ビルに向け爆発物を投げ込んだものの不発に終わり、更にその40分後に同じ二人組と見られる男が再度通り過ぎざまに爆発物を投げこみ爆発したようです。

 尚、爆発が発生した場所は本部正面入り口から約10メートル離れた路上で、また警察によると使用された爆発物は映画等の特殊効果の演出に使用される破壊力が弱いプラスティック爆弾で、軍用に使用されるプラスチック爆弾とは異なるとのこと。

 また、警察側は破壊力の無い爆発物が使用されている事から、人や財産に損害を与える目的ではなく、むしろ社会不安を煽る目的で行われた犯行との見方を示しているようです。

posted by Jean T. at 02:24| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プーケットで4人の外国人が溺れ、1人が行方不明

 24日15:30過ぎ頃、プーケット県県都内のカロン・ビーチで遊泳中だった外国人男女4人が溺れ、内3人は救助されましたがい、依然1人が行方不明になっているようです。

 尚、外国人の国籍や男女の内訳は明らかにされていませんが、4人組はビーチ関係者の警告を聞かず、また遊泳禁止を警告する赤い旗が立っているのを無視して海に入り、折からの強い雨の影響で発生した波のうねりに巻き込まれ溺れてしまったようです。

posted by Jean T. at 02:22| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パッタヤーでイギリス人宅に強盗

 24日未明、チョンブリー県バーンラムン郡内ソーイ・タップラヤ10内にある56歳のイギリス人男性宅に3人組の強盗が押し入り50万相当の金品を強奪し逃走するという事件が発生しました。

 被害にあったイギリス人男性によると、屋内で仕事中に19歳くらいの3人組が家に押し入り、背後から拳銃を突きつけ金目の物を出すように脅した上で、金製のネックレスやハンディカム、タイバーツ402,000バーツ、イギリスポンド100ポンド等、総額50万バーツ相当を盗み逃走していったようです。

posted by Jean T. at 02:21| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アイルランド人が飛び降り自殺

 24日7時頃、都内バーンガピ区内ラームカムヘーン通り沿いにあるアレキサンダー・ホテル16階の客室から26歳のアイルランド人男性が飛び降り死亡しました。

 死亡した男性は23日から同ホテル1636号室に宿泊しており、室内で両親に宛てた遺書の他、飛び降りる前に飲んだと見られる大量のビールの空き缶が発見されているようです。

posted by Jean T. at 02:19| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月24日

首都圏住民の多くが30日以内に大きな政情の変化がある

 ABACポールがバンコク及び近郊の住民を対象に行った調査で、68.3%の回答者が向こう30日以内に何らかの大きな政情の変化があると考えていると回答し、更に59%が大政党に解党命令が下される事が政情変化の契機になると回答し、29%の回答者が選挙委員会委員全員が辞任する事が政情変化の契機になると回答していた事が明らかになっています。

 また、現在の政治情勢下で最も懸念される問題に関しては、81.8%の回答者が汚職問題と回答し、以下経済問題、麻薬問題、南部問題と続く結果になっていたようです。

 今回の結果を受けABACポール側は、政治家と官僚が結託し摘発が困難になっている汚職問題を解決するためにマスコミ及び国民が汚職への監視を強める事が重要であると指摘していました。

posted by Jean T. at 02:21| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

暫定上院議員35人、選挙委罷免審査請求の再提出に向け協議

 暫定上院議員のニラン・ピタックワチャラ氏は23日、先に暫定上院議員35人が連名で暫定上院議長経由で憲法裁判所に提出した選挙委員会委員3人の罷免を求める審査請求は憲法裁判所により却下された事を受け、あらためて別の手段で罷免の審査請求を行う方向で関係者等を交え協議を行う方針を明らかにしました。

 ニラン氏によると、26日に行われる協議では国会監察院経由で再審査請求する方向で詰めの協議を行う予定とのこと。

posted by Jean T. at 02:18| 解散・選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウィサヌ暫定副首相の正式辞任は24日

 タクシン暫定首相は23日、先に辞任願いを提出したウィサヌ暫定副首相の辞任が24日付けで有効になることを明らかにしました。

 この発言に先立って、ウィサヌ暫定副首相は、残務が整理の関係で6月末付けで正式に辞任することになると発言していました。

 尚、タクシン暫定首相によると、首相府内には法律関連を見る職員が豊富にいることから今後の法律関連事項に問題が生じることはあり得ないとのこと。

posted by Jean T. at 02:16| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TG、試験飛行の航空券を特別価格で提供

 タイ国際航空は23日、スワンナプーム新国際空港開業に向け7月29日に乗客を乗せた試験飛行を行う事を記念して、ドーン・ムァン国際空港、チァン・マイ国際空港及びプーケット国際空港とスワンナプーム新国際空港間を離着陸する飛行機の航空券を特別料金で販売する方針を明らかにしました。

 尚、航空券の価格はドーン・ムァン国際空港からスワンナプーム新国際空港迄の片道航空券が999バーツ、チァン・マイ国際空港及びプーケット国際空港とスワンナプーム新国際空港間の往復航空券が3,999バーツで、7月1日から販売開始される予定になっているようです。

 スケジュールに関してはこちらのリンク先にある表が参考になると思います。

posted by Jean T. at 01:24| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月23日

24日から26日にかけて大規模な破壊行動を計画

 情報当局は23日朝、一連の不穏な動きに関与している一味が24日から26日にかけてパッターニー県及びナラーティワート県内を中心に大規模な破壊行動を計画しているとして警戒を呼びかけました。

 情報当局側によると、15日から16日の広域連続爆破事件で当局側の弱点を掴み、また今後の活動に自信を持った一味側が、当局者の生命及び銃器類を強奪する目的で大規模な行動にでる恐れがあるとのこと。

 また、従来の当局施設を狙った爆破とは異なった手法での行動が予想されるとのこと。

(タイ時間 10:00)

posted by Jean T. at 11:52| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

選挙委、見解を付して小政党買収疑惑問題に関する報告書を検事総局に再提出

 検事総局報道官のアタポン・ヤイスワーン氏は22日昼前、選挙委員会ワーサナー委員長から選挙委員会側の見解を付したタイ・ラック・タイ党による小政党の買収疑惑に関する専門調査委員会の報告書が再提出された事を明らかにしました。

 選挙委員会側は先に、タイ・ラック・タイ党解党の是非に関する見解を付さないまま、タイ・ラック・タイ党関係者による小政党の買収があったと認定した上で、タイ・ラック・タイ党の責任も免れないとする専門委員会の報告書を検事総局に提出し、検事総局側から再度選挙委員会側の見解を付して再提出するよう命じられていました。

 今回の提出を受け、検事総局側は23日に副検事総長のチャイヤガセーム・ニティシリ氏を委員長とする専門委員会で、選挙委員会から提出された報告書を基にタイ・ラック・タイ党解党の是非に関して協議を行った上で7日以内に憲法裁判所の審理に付す方針を明らかにしていました。

 尚、一部報道は、選挙委員会側はタイ・ラック・タイ党による小政党の買収行為は民主主義だけでなく国の安全をも脅かす重大な違反行為であるとの見解を付していたと報じていましたが、しかし党首(タクシン暫定首相)への聴聞等、タイ・ラック・タイ党そのものに対する責任を追及する為に必要な作業を選挙委員会側が怠っていたとの指摘もあり、最終的にタイ・ラック・タイ党は解党を免れるのではないかとの見方もあるようです。

 仮に憲法裁判所がタイ・ラック・タイ党の解党を決定した場合、党首を含む執行幹部全員が向こう5年間選挙に絡む権利を剥奪される事になるようです。

posted by Jean T. at 02:37| 解散・選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

憲法裁判所、暫定上院議員35人の審査申請を却下

 憲法裁判所は22日、暫定上院議員35人が連名で提出していた選挙委員会委員3人の罷免を求める審査請求を却下する裁定を下しました。

 憲法裁判所内で行われた協議では、既に任期を終了し次期上院が成立するまでの間の暫定職にある元上院議員が憲法裁判所に対して審査を請求できるか否かについて意見がわかれたようですが、最終的に7対6で暫定上院議員が憲法第142条の規定に基づき既に上院議員として資格を失っており、審査請求を憲法裁判所に対して行う権限を失っているとして今回の却下裁定となりました。

posted by Jean T. at 02:31| 解散・選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウィサヌ副首相、辞任届けを提出

 年下の従兄弟で前政府秘書官のブワンサック・ウワンナノー氏辞任後、にわかに辞職の噂が広がっていた暫定副首相のウィサヌ・クルゥアンガーム氏が22日午前、タクシン暫定首相に対して辞任届を提出し、今月いっぱいを持って正式に副首相を辞任する事になりました。

 タクシン暫定首相の慰留は無かった模様。

 辞任理由に関してウィサヌ氏側は、対立とは一切関係なく、現在の政治情勢を勘案した上で再度教職に戻る事が適切であると判断したからであるとし、また辞職後は政治の世界とは関わる予定は無いと発言しているようです。

 また、辞職を決断させた"政治情勢"に関しては、直接的な回答を避けた上で、現在は暫定副首相として残された任務を片付けることが先決であると語っていました。

 ウィサヌ・クルゥアンガーム氏は、第一次タクシン政権に法律担当副首相として迎え入れられる迄は、チャーチャイ・チュンハワン首相以来7代の歴代首相に仕えた内閣秘書官として知られていました。尚、ウィサヌ氏は非タイ・ラック・タイ党党員。

 一方、ウィサヌ氏及びブワンサック氏何れも、汚職まみれの現政権に嫌気がさし、政界が浄化されるのを待つために辞任した(アピシット民主党党首等)と指摘されている事に関しては、ウィサヌ氏は一切関係無いと語っていました。

posted by Jean T. at 02:27| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

分離主義組織、大規模な爆破攻撃を計画?

 情報当局は22日、南部国境三県域に於ける一連の不穏な動きに関与している複数の非公然分離主義組織の統括組織とされるブゥーサートゥーが、過去にハート・ヤイの国際空港で発生した爆破事件と同レベルな爆破攻撃をソンクラー県及び南部国境三県内で計画しているとの情報があることを明らかにしました。

 情報当局側によると、計画にはブゥーサートゥー傘下の複数の組織が関与しており、マレーシア国内に仕事目的と偽るなりして入国したナラーティワート県を初めとする南部国境三県内の若者が計画実行に備える為にグランタン州内で訓練を受けている他、やサトゥーン県から漁船でインドネシアのアチェ州に入り訓練を受けていた者がいたり、またアチェ州から訓練を施すためにインドネシア人がサトゥーン県経由で南部国境三県内に入ったとの情報もあるようです。

 一方、タンマラック暫定防衛大臣は22日、関係当局者に対して事実と著しく乖離した流言飛語やデマ情報に惑わされないよう警告すると共に、指導者クラスの当局関係者に対しては意図的に流されたデマ情報により配下が混乱し統一性のある任務遂行に支障を来さないよう要請しました。

posted by Jean T. at 02:22| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。