2006年06月06日

タクシン・ファンクラブ

 民主党選挙対策委員会は5日、突然出現したタクシン・ファンクラブなるいかがわしサイトに関する調査を情報通信技術省に要請しました。

 民主党によると、サイト上には裁判所の姿勢や反政府勢力を批判する文面が記され、あたかもタクシン体制を水面下で伝播させる目的で作られたと言っても過言では無いような代物で、一生懸命反政府的言動を繰り返すコミュニティーラジオ局に対する弾圧を強める一方で、政府を賞賛するコミュニティーラジオ局に対しては寛大な政府の姿勢が如実に反映していると指摘できるものだったようです。

 このサイトに関してタイ・ラック・タイ党側は、一切党や政府は関与していないと説明しているようです。

 因みに、既にサイトに対する通信遮断措置が講じられたのかタイ時間5日22時過ぎ現在、このサイトにアクセスすると、"Server not found"とブラウザーに怒られてしまいます(Firefoxの場合)。ここでCyber Policeの警告文が表示されるサイトにリダイレクトされると、なかなかシャレが効いていて良かったんですけどね。

 とりあえず、Googleのキャッシュでサイトの断片を参照することができます。

---------------------

 本日付のネーション紙によるとタクシン・ファンクラブサイトは、裁判所に対する法的限度を超えた中傷で現在閉鎖措置が講じられているタクシン支持派系のwww.taksinfanclub.com(上記で紹介済み)というサイトと、アクセスするといきなりアイ・ナー・リヤム(四角い顔の奴)という曲がかかる反タクシン派系のwww.thaksinfanclub.comの二つのサイトが存在しており、読者の煽動を意図した文言がちりばめられた両サイトを読むと、如何に一人のリーダーを巡ってタイ人が分裂していったかを理解することができる内容になっているようです。

(タイ時間 9:00 追記)

posted by Jean T. at 10:58| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

選挙委事務局長、強気の発言

 選挙委員会事務局長のパリンヤー・ナークチャトリー氏は5日、既に一つ以上の政党を選挙違反で解党に追い込む証拠を集めつつある状況にある事を明らかにした上で、現在選挙委員会委員に対して辞職圧力を強めている者は、選挙委員会委員によって解党処分が下される事を畏れているだけで、彼らに耳を貸す必要はないと断じました。

 この発言は、5日朝ch5で放送されたチャオ・ワンニー・ティー・ムァン・タイの番組の中で行われたインタビューで、選挙委員会委員に対する辞職圧力が強まっている事に関して質問された際に語られたもので、パリンヤー事務局長は、現在辞職圧力を強めている者は、己の政党が解党処分を受けることを恐れているに過ぎないと語り、暗に民主党を批判したとも取れる発言をした上で、証拠を集め非民主主義的な選挙違反行為に関与した政党に対して解党処分を下すためにも現在の職務を辞めるわけにはいかない。国民は今暫く辛抱して選挙委員会の成果が明確になるまで待っていて欲しいと語っていました。

 尚、同委員会委員長のワーサーナー・プゥムラープ警察大将は5日午後、大政党による小政党の買収疑惑に関する調査が2日以内に完了する見通しであることを明らかにしていました。

 一方、同委員会副事務局長のルンリット・モカラポン氏は5日、大政党による小政党の買収疑惑を調査する為の専門委員会の報告書を外部に漏洩した者を特定し、何れ当該人に対して適切な処分が下される見通しになった事を明らかにしていました。

 問題となった報告書は、タイ・ラック・タイ党のタンマラック副党首(暫定防衛大臣)等が小政党の買収に関与していたとした上で、タイ・ラック・タイ党及び同党首(タクシン・チンナワット警察中佐)の責任も免れないと結論づけていたもの。

posted by Jean T. at 02:32| 解散・選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国王在位60周年を記念したシャツの便乗値上げ行為に厳罰

 プリーチャー商務副大臣は5日、現在飛ぶように売れている国王陛下在位60周年を記念した黄色地のシャツの便乗値上げ行為に対して厳格に法を執行し取り締まる方針を明らかにしました。

 これは、原価120-130バーツで、末端では200バーツ程度の値段で販売されるべきシャツが品薄に乗じて500-700バーツという法外な値段で販売されているとの苦情が多く寄せられている事を受けた措置で、既に管下に対して調査を命じると共に、専用電話番号1569で便乗値上げ行為に関する通報を受け付ける方針でいるようです。

 尚、かかる便乗値上げで摘発された場合、最高で禁固7年若しくは罰金14万バーツの両方又は何れかが科せられるおそれがあるとのこと。

posted by Jean T. at 02:29| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワールドカップ賭博は若者達の未来をも台無しにする

タクシン暫定首相は5日、学問をおろそかにするだけでなく、賭け勝負により未来をも失う恐れがあるワールドカップ・サッカー2006が絡む賭博に若者達が参加する事に強い懸念を表明しました。

 発言の中でタクシン暫定首相は、賭け事とは99%の賭け参加者が負け、開帳業者だけが儲かる仕掛けになっており、仮に賭で負けてしまえば大物に雇われた殺し屋につきまとわられ人生を台無しにする事にも繋がると警告し、若者達に対して純粋にスポーツとしてワールドカップの試合を楽しみ、間違っても賭博に手を染めないように呼びかけていました。

 尚、タクシン暫定首相によると、今後も賭博開帳業者や、それを資金源にしている大物に対する取締を強化継続させる意向とのこと。

 因みに、タクシン暫定首相のワールドカップ予測によると、個人的にはイギリスを応援しているが、最終的にブラジルが優勝するだろうとのこと。また7月9日のワールドカップの決勝戦及び閉会式に招待されているらしいですが、いまのところ行けるかどうかは不明とのこと。

posted by Jean T. at 02:27| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タクシン暫定首相、やり直し選挙前までに南部で泊まり込み視察

 兼ねてから南部国境三県域へ視察の為に訪問する意向を表明していたタクシン暫定首相は5日、遅くとも10月に予定されているやり直し総選挙前までに南部国境三県域へ泊まり込みで訪問する方針を明らかにしました。

 タクシン暫定首相によると、現状では国王陛下在位60周年記念行事関連で明確にスケジュールを確定する事は出来ないが、やり直し総選挙前までに泊まり込みで視察ができる方向でスケジュールの調整を行っているとのこと。

posted by Jean T. at 02:26| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NESDB、今期経済成長見込みを4.2%-4.9%に下方修正

 国家経済社会開発委員会は5日、今期の国内総生産成長見通しを4.5%から5.5%の範囲内で推移するとした3月度の予測に対して4.2%から5.2%の範囲内で推移する方向で下方修正した事を明らかにしました。

 発表の中で同委員会は、19%の成長率を達成した好調な輸出に牽引され今期第一四半期には、津波被害の影響をもろに受けた前年同期に対して6%の経済成長実績を達成する事が出来たとしましたが、依然原油高や今期下半期に予測される世界景気の減速、高金利傾向、低下傾向にある消費者や民間部門の景気に対する信頼度、インフレ等の要因が足を引っ張ることが予想されるため今回の下方修正になったと説明していました。

 しかし同時に同委員会側は、政府による農産品価格安定化策、観光や輸出、投資の推進、エネルギー節約策等の景気刺激策により依然4.5%以上の成長率を達成できる余地はあるとしていました。

posted by Jean T. at 02:19| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

警察官、ショッピングセンター内で前妻を射殺後に自らも自殺

 5日17時過ぎ、都内トンブリー区ブッカロー地区にあるド・モール・タープラ店内で麻薬取締班に所属する35歳の警察官が、同店内にある時計店店員の28歳の前妻を射殺し、その後逃走に使用したタクシーの車内で拳銃自殺するという事件が発生しました。

 報道によると、二人の離婚は、前妻の携帯に別の男性からショートメールが届いているのを警察官が見つけたことで喧嘩になったことがきっかけだったようですが、その後も警察官側には未練があり、度々よりを戻すために前妻が働いている店に顔を出し、時には前妻がつきあっていたと思われる男性との間で喧嘩になり警察で調書を取られるような事もあったようです。

 尚、二人の間には現在親戚の所に預けられている4歳の男児がいるそうです。

 また、事件発生前に事件を臭わす電話を警察官から受けていたという元同僚によると、元々事件を起こした警察官は陽気で温厚な人柄だったようですが、離婚後に怒りっぽい性格に豹変し、3日にも前妻が働く店内で喧嘩を引き起こし警察沙汰になり、翌4日には元同僚の所に前妻が相談に来ていたようです。

posted by Jean T. at 02:17| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。