2006年06月11日

空港方面の道路は11日20時まで一時通行禁止

 交通警察局は11日、国王陛下在位60周年記念式典に出席する15ヶ国のVIPが到着する事に鑑み、都心からドーン・ムァン国際空港に通じるトール・ウェイ及びウィパワディー・ランシット通りを11日6時から同日20時まで一時閉鎖する事を明らかにしています。

 尚、都心からドーン・ムァン方面へ向かう場合はパホンヨーティン通り若しくは東方面の迂回路を利用して欲しいとのこと。

参考: 交通警察案内専用電話番号 1197

posted by Jean T. at 12:26| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドーン・ムゥアン国際空港内でぼや

 10日朝7時過ぎ頃、ドーン・ムァン国際空港第1ターミナル2階にあるタイ国際航空のチェックイン・カウンター(Row 1)付近から火災が発生し、火災自体は30分程度で消し止められたものの、火災により発生した煙や強烈な臭気が空調システム等を通してターミナル内一体に広がり一時第1ターミナル内に於けるチェックイン業務を中止する事態になったようです。

 尚、この火災による人的な被害やフライトの遅延、国王陛下在位60周年記念式典に出席する為にタイを訪れるVIPのスケジュールの変更は確認されていません。

 尚、火災原因に関しては、タイ国際航空のチェックイン・カウンター(Row 1)の直下付近にある1階の移民警察局の書類保管庫から発生(タイ国際航空)し、原因は漏電によるもの(タイ空港社)との見解が示されているようですが、プムタム運輸副大臣は同日までにタイ空港社(旧公社)に対して全責任を負って原因調査を行うと共に、二度と同様な事が起きないよう対策を講じるように指示しています。

posted by Jean T. at 02:44| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナコンパトムの鋼材店前で爆破、娘の元恋人の仕業か?

 10日未明3時過ぎ頃、バンコク隣県のナコンパトム県県都内プラップラットーン地区内にある鋼材店で爆発が発生し、36歳のオーナーと13歳の娘が重傷を負うという事件が発生しました。

 警察では、以前13歳の娘と一緒に店内で暮らしていたナコンパトム県ナコン・チャイシー郡内在住の29歳の男(オーナー家族は13歳の娘の元夫と説明)が事情を知っているとみて行方を負っているようです。

 オーナーの夫人や重傷を負った13歳の娘によると、男は拳銃を隠し持って町を徘徊する地元の不良グループの一員で、一緒に暮らしている頃は連日のように13歳の娘に対して暴力を振るったり、時には酸度が強いトイレ用洗浄液を顔にかけるようなこともあったことから、見かねた家人によって家から追い出されてようですが、最近になってそれを恨んで家族全員を殺すと脅迫していたようです。

posted by Jean T. at 02:39| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。