2006年06月12日

食品安全関連国際会議をタイ国内で開催

 農業・協同組合省大臣顧問のヂャラン・タルゥナウティポン氏は11日、域内では初めてとなる国際食品規格委員会栄養特殊用途食品部会(CCNFSDU)の国際会議をタイ主催で開催する事を明らかにしました。

 ヂャラン氏によると、会議は10月28日から11月3日の日程でチァン・マイ県県都内にあるシェラトン・ホテル内で開催される予定で、国際食品規格委員会加盟169ヶ国から約350人が参加する見込みであるとのことで、この機会を利用し安全面・栄養面何れにも優れているタイの食品を国際社会に訴えると共に、同県内で開催される国際園芸博覧会(ラーチャプルゥック2006/2549)と時期が重なることを利用してタイの魅力を訴えていきたいとのこと。

posted by Jean T. at 02:36| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TG地上職員、黄色い服の着用禁止通達に怒る

 タイ国際航空が、空港内で働く地上業務職員に国王陛下の在位60周年を祝福する黄色い服の着用を禁止する通達を発した事に対して職員達がお怒りなんだそうな。

 空港の利用客と職員の区別が付かなくなり、警備上障害になるというのが禁止理由となっているようですが、職員の間では折角国王陛下に対して敬愛と感謝の意を表する為に黄色い服を着用しているのに、しかもカーゴや整備部門に対しては禁止していないのはおかしいと不満の声が上がっていたようです。

 尚、会社側によると、国王陛下の在位60周年を祝福する為に特別に黄色地の制服の縫製に着手しているものの、仕上がりが遅れているため殆どの職員に行き渡っていないようですが、7月中旬までには全職員に行き渡る見通しであるようです。

posted by Jean T. at 02:34| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バイオディーゼルのモデル工場をグラッビー県内に建設

 グラッビー県県知事のソンティ・テーチャナン氏は11日、県知事予算(CEO予算)1,850万バーツを投じ、日産1万リットルレベルの生産能力を持つバイオディーゼルの生産工場をソンクラー・ナッカリン大学の協力を得て県内に7月中に建設を完了させ生産を開始する方針を明らかにしました。

 同県知事によると、この計画は兼ねてからバイオディーゼルの普及に腐心されてこられた国王陛下の在位60周年を記念して取り組むもので、県内で生産されるパーム油を有効活用した自給自足型経済開発のモデルケースを提示していきたいとのこと。

posted by Jean T. at 02:31| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バンコク - チァン・マイ間、全線運行再開へ

 タイ国鉄は11日、北部大水害の影響で5月22日から一時運休していたバンコク - チァン・マイ間の運行を12日より全線にわたり通常運行を再開させる方針を明らかにしました。

参考: タイ国鉄問い合わせ用専用電話番号 1690

posted by Jean T. at 02:29| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。