2006年06月26日

首都圏の住民の多くが政治情勢の悪化を懸念

 ABACポールがバンコク及び近郊の住民を対象に行った調査で、回答者の多くが情勢が更に悪化すると回答する一方で、道議面からの情勢解決の為に枢密院評議会議長のプレーム・ティンスーラーノン大将(元首相)の様な人物の登場を待望している事が明らかになっています。

 1,143人を対象に行われた今回の調査で、70.3%の回答者が現在の政治情勢に懸念を抱き、また66.6%の回答者が向こう6ヶ月間をもってしても政治情勢は変化しないと回答し、更に46.8%の回答者が政治家同士の対立が更に激化すると回答していたようです。

 また、首相経験者を含む政治家の中で最も道義的な面で国家問題の解決に適した人物に関しては、65.3%の回答者が枢密院評議会議長のプレーム大将の名をあげ、以下現暫定首相のタクシン・チンナワット警察中佐(11.8%)、元国務大臣で社会引き締め政策の推進者として知られるプラチャイ・ピヤムソムブーン警察大尉(8.2%)、元首相のチュワン・リークパイ氏(6.3%)、元暫定首相のアーナン・パンヤーラチュン(4.1%)と続く結果になったようですが、一方で実務的な面で国家問題の解決に適した人物に関しては46.9%の回答者がタクシン・チンナワット警察中佐の名をあげ、以下、暫定副首相兼商務大臣のソムキット・ヂャートゥシピタック氏(21.8%)、プレーム・ティンスーラーノン大将(15.3%)、元商務大臣・元WTO議長・現UNCTAD事務局長のスパチャイ・パーニチャパック氏(8.9%)、アーナン・パンヤーラチュン氏(4.1%)、プラチャイ・ピヤムソムブーン警察大尉(2.3%)と続く結果になったようです。

posted by Jean T. at 02:26| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スワンナプーム特別自治体構想、住民の意見を吸収してから取り組むべき

 暫定政府側がスワンナプーム特別自治体を創成する方針を決定した事を受け、ラームカムヘーン大学が特別自治体に統合されるバンコクのプラウェート区、ラートグラバン区及びサムット・プラーガーン県のバーンプリー郡及びバーン・サオトン準郡の住民1,100人を対象に行った意識調査で、85.6%の回答者が住民の意見を吸収してから構想の着手に取り組むべきであると回答し、意見の吸収は必要ないと回答した者が14.4%でだった事が明らかになっています。

 また、既に構想に関して意見を聴取されたと回答した者が僅かに9.8%であったのに対して、90.2%が一度も意見を聴取されていないと回答し、更にこれまでに意見聴取の為の召喚があったと回答した者が6.4%だったのに対して、一度も召喚されたことがないと回答していた者が93.6%だった事も明らかになっています。

 一方、自分が住んでいるところが77番目の県として新設されるスワンナプーム特別自治体に併合される事に関しては、34.4%が併合されて良いと回答、41.2%が併合には反対と回答し、24.4%が住民登録上は併合される地区の住民ではないので無関係と回答していたようです。

posted by Jean T. at 02:24| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

暫定国務大臣、恣意的大物一掃を命じたとの噂を否定

 コンサック暫定国務大臣は25日、タクシン暫定首相を支持しない者を大物一掃政策向けに作成されたブラックリストに記載するよう全国の県知事に命じたとされる事に関して、良からぬ考えを持った者若しくは選挙を意識して意図的に流布された噂に過ぎないと語り否定しました。

 今回の発言に先立って、タイ・ラック・タイ党による小政党の買収問題を最初に告発した東北地方の救国団体の代表者が、自身の名前が最近作られた大物一掃用リストの上位にリストされていることを暴露した上で、政府側は大物一掃政策を政治的に利用していると非難していました。

posted by Jean T. at 02:23| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナラーティワートで爆発

 25日11:30頃、ナラーティワート県バーヂョ郡内で、バイク3台に分乗し地域の警戒作業中だった軍関係者6人の通過にあわせ、路上脇に仕掛けられている爆発が爆発するという事件が発生しましたが、幸い人的な被害は確認されませんでした。

 尚、使用された爆発物は携帯電話を使用した遠隔起爆式だったようです。

posted by Jean T. at 02:22| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パッタヤーのホテルで外国人男性の全裸死体

 25日昼前、チョンブリー県バーンラムン郡プラタムナック通り沿いにあるマリーナ・プラザ・ホテル5階の客室内でアラブ首長国連邦出身の60歳の男性が全裸の状態で頭部を瓶で殴られ、更に首元を刃物で切られ死亡しているのが発見されました。

 ホテル従業員によると、死亡した男性は11日にホテルにチェックインして以来、毎晩女性を客室に連れ込んでおり、遺体で発見された前夜22時前頃には30歳のバービヤで働く女性を部屋に連れ込み、その後25日1時頃に女性が大急ぎでホテルを出ているのが目撃されていることから、警察側は、この女性が事情を知っていると見て、ホテルに記録として残されている女性の身分証明書の情報を元に身柄を追っているとしています。

posted by Jean T. at 02:20| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。