2006年07月25日

高等裁判所、選挙委3人の保釈請求を却下、収監へ

 高等裁判所は25日夕方、同日有罪判決を受けた選挙委員会委員3人から提出されていた保釈請求を却下すると共に、3人をバンコク特別刑務所に収監するよう命じました。

 この決定を受け、最低一夜は刑務所内で過ごすことが決定的になった選挙委員会委員3人を乗せたワンボックスカーが、刑事裁判所から出るところが確認されているようです。

(タイ時間 19:00)

posted by Jean T. at 20:58| 解散・選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

刑事裁判所、選挙委委員3人の保釈請求を却下

 刑事裁判所は25日午後、保釈により正常な総選挙の施行が乱される恐れがあるとして、同日4年の実刑判決が下された選挙委員会委員3人から提出されていた控訴期間中の保釈請求を却下する判断を下すと共に、高等裁判所に対して保釈請求に対する再審理を要請しました。

 今回の保釈請求却下の決定を受け、法務省及ぶ同省矯正局は3人をバンコク特別刑務所に収監する為の準備に着手した事を明らかにしています。

(タイ時間 17:00)

posted by Jean T. at 18:57| 解散・選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

刑事裁判所、選挙委委員3人に4年の実刑判決

刑事裁判所、選挙委委員3人に4年の実刑判決

 刑事裁判所は25日11時過ぎ、選挙委員会委員3人を有罪と認定した上で、全員に執行猶予無しの4年間の禁固及び10年間の選挙権剥奪を命じる判決を下しました。

 この判決は、民主党のターウォン副幹事長が、4月23日に行われた再選挙の際に、選挙委員会委員が権限を乱用し単独候補者選挙区で落選したタイ・ラック・タイ党所属候補が再選挙により当選できるよう便宜を図るために、新たに立候補者を募集したり、別の選挙区で落選した候補者に別の選挙区で立候補する機会を与えたとして刑事告訴していたものに対するもの。

 裁判所は、ターウォン氏側が提出した証拠から、選挙委員会委員が職責を超えタイ・ラック・タイ党及び同党所属候補に対して再選挙に於いて便宜を図ったことを充分に証拠づけることができるとし、同委員会委員3人に対して4年の禁固及び10年間の選挙権剥奪を命じる判決を下しました。

(タイ時間 12:00掲載 17:00最終更新)

posted by Jean T. at 18:56| 解散・選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソンティ氏が提訴した1バーツの損害賠償請求を棄却する判決

 民主主義市民連合幹部の1人であるソンティ・リムトーングン氏がオーソーモートー社(MCOT社、旧タイ・マスコミ公社)を相手取り1バーツ(約3円)の損害賠償を請求する名誉毀損訴訟に対して、民事裁判所は24日請求棄却の判決を下しました。

 この訴訟は、オーソーモートー社系のCh9で放映されていたムァン・タイ・ラーイ・サプダーが放映打ち切りになった事に関して、実際には放送の中で政府の政策に対する批判を展開している事が同社の幹部にとって不都合であるという理由で放映打ち切りになったにもかかわらず、同社が2005年9月15日に開いた記者会見の席上では、王室に対する不適切な言及があった為に放映中止にしたと国民に誤解を植え付ける偽りの理由を開示したことにより、名誉を毀損されたとしてソンティ氏側が訴えていたもの。

 この訴訟に対して民事裁判所側は、記者会見を開いた事はオーソーモートー社の利益を守る上で必要な事であったとし、更に記者会見の席上での発言は原告側の名誉を毀損したものにはあたらないと判断し、棄却の判決を下しました。

 尚、ソンティ氏側は控訴の意向を示しているようです。

 番組打ち切り当時、既に国王の認証を受け正当に院長の座についていた、汚職疑惑を多数抱えている政府側に取っては目の上のたんこぶ的な存在だった会計監査院のヂャールワン・メーンタガー女史の院長はずしの動きに対する批判を番組内で強めていたソンティ氏は、放映打ち切り後番組の放映元をプーヂャッガーン紙系のASTVに移すと共に、タンマサート大学の講堂(その後ルムピニー公園に移動)での公開放送方式に切り替えた事により、公開放送の場が次第に政治井戸端会議の場と化し、結果として反タクシン派の一大市民勢力の形成に繋ることになりました。

posted by Jean T. at 02:24| 市民集会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

民主主義市民連合、タクシン暫定首相及び選挙委の辞任要求の立場を堅持

 民主主義市民連合は、10月15日にやり直し総選挙が実施されることが確定した事を受け開かれた幹部協議で、公明正大な総選挙の実施及び早期の正常化を実現させるためには、総選挙実施前にタクシン暫定首相及び委員会委員3人全員が辞任するべきであるとの立場を今後も堅持する方針を確認しました。

 また、民主主義市民連合によると、タクシン暫定首相が身の振り方を明確にしない限り、今後も同暫定首相に対する監視を継続すると共に、必要に応じて市民集会やデモ行動等により辞任圧力を強める方針でいるようです。

posted by Jean T. at 02:22| 市民集会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タクシン暫定首相が私欲に固執する限り挙国一致政府の組織は不可能

 民主党のアピシット党首は24日、仮に全ての政党が参画した挙国一致政府構想が浮上する事があっても、タクシン暫定首相の私利私欲を基本に置いている限りは全く無益のものであるとの認識を示しました。

 この発言は、タクシン暫定首相とチャート・タイ党のバンハーン党首が国内和解推進の糸口を模索する為に直接対談を行うことがほぼ決定的になったことに絡んで、俄に嘗てタクシン暫定首相が提唱した政治改革推進の為の挙国一致政府構想が再浮上すると共に、タクシン暫定首相が10月15日の総選挙後の次期首相指名辞退と引き替えに挙国一致政府への参画を各政党に対して水面下で呼びかけているとの噂が広がっている事を受けたもの。

 尚、タクシン暫定首相が各政党に挙国一致体制への参画を呼びかけているとの噂に関しては、タイ党のスラナン・ウェーッチャーチーワ氏が事実ではないと否定しています。

posted by Jean T. at 02:21| 解散・選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

圧勝はアピラック都政が進めるプロジェクトの前進を望む声が反映したもの

 民主党都・区議選選挙対策本部長のスクムパン・ボリパット氏は24日、都・区議選に於いて多くの都民が民主党を支持してくれた事に感謝の意を表明した上で、今回の圧勝の背景にBTS線延伸計画を初めとするアピラック都政が進めるプロジェクトを前進させたいとの都民の願いが強く反映したものだったとの認識を示しました。

 一方、同党のアピシット党首は、アピラック都政が進めているBRT(新高速バスシステム)の新設やBTS線の延伸計画を初めとするプロジェクト、及び都内に於ける教育、公衆衛生、環境政策を初めとする社会政策を前進させるためにアピラック都知事と協議を行う方針を明らかにしていました。

 また、アピラック都知事は、民主党が圧倒的多数の議席を押さえた事により起こりえる都民の不安を解消する為に、外から見える政策の遂行を心掛ける方針を明らかにしていました。

posted by Jean T. at 02:19| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ピヂット県内の家禽から鳥インフルエンザウィルスを検出

 スダーラット暫定農業・協同組合大臣は24日、ピヂット県バーン・ムーンラマーク郡ヌゥンマゴーク地区内で連鎖死した20羽の闘鶏用の鶏及び地鶏から鳥インフルエンザウィルスが検出された事を明らかにしました。

 今回の検出により、タイ国内では254日ぶりに鳥インフルエンザの感染再発が確認された事になります。

 また、ピヂット県内では2004年度には41ヶ所、2005年度には3ヶ所で鳥インフルエンザの家禽類への感染拡大が確認されていました。

posted by Jean T. at 02:17| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生徒の目の前で教師が撃たれる

 24日10時頃、ナラーティワート県ルゥーソ郡内にある学校内で、初等課程の生徒が着用する制服を着た4人組が教室に乱入し、授業中だったイスラム教徒の教師(46)に向け拳銃を発砲し射殺した上で、校外に待たせていたバイクに乗って逃走するという事件が発生しました。

 銃撃された教師はチョークをしっかり握りしめたまま息絶えていたそうです。

 一方、12時過ぎ頃にはパッターニー県ノーンヂック郡内で、地元のコンクリート会社で運転手をやっている42歳の仏教徒の男性がバイクで走行中に、バイクに乗った二人組に銃撃され死亡するという事件が発生しています。

posted by Jean T. at 02:16| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チューウィット氏、うちの子供も教師から嫌がらせを受けた

 チャート・タイ党暫定副党首のチューウィット・ガモンウィシット氏は24日、先にタクシン暫定首相が二女のペートーンターンさんが大学教授から嫌がらせを受けていると発言した事に対して、自分の子供も同様な仕打ちを受けた事を明らかにし珍しくタクシン暫定首相に同情の意を表明した上で、タクシン暫定首相及びその家族に対して、現在の状況に耐えるよう呼びかけると共に、教職に就く者に対しては、「大人の世界」の話を切り離して生徒・学生に接するべきであると訴えました。

 チューウィット氏によると、子供に対して学校の教師から「君は何番目の奥さんの子供なのかね」とか、過去にマッサージパーラーの経営に関与していた事を引き合いに出した嫌がらせがあったようですが、その度毎に子供達に堪え忍ぶように言っていたそうです。

posted by Jean T. at 02:15| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。