2006年07月29日

暫定首相、国内和解推進に意欲を示すも自身の去就に関しては明確にせず

 チャート・タイ党のバンハーン党首は28日、前日夜に国内和解推進について話し合うとの大義名分の元で行われたタクシン暫定首相とのフカヒレ料理を取り囲んでの直接対話の席上で、同暫定首相が国内和解推進実現に向けた強い意欲を見せていたものの、暫定首相辞任や次期首相指名辞退の可能性に関しては明確な回答を得られなかったことを明らかにしました。

 バンハーン党首によると、直接対話の席上で総選挙では政府の権限を乱用したり、己の名声保護に注力する等による過激な選挙戦の展開を回避する事で両者合意に至ったとのこと。

 一方、前後してタクシン暫定首相は、全ての対立し合う階層が顔をつきあわせ国内和解に向け協力し合うことが重要である事で意見が一致した事を明らかにしていましたが、バンハーン党首に総選挙後の連立内閣への参画を呼びかけたとの噂に対してはノーコメントでした。

posted by Jean T. at 12:38| 解散・選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元選挙委の仮釈放を許可

 刑事裁判所は28日、4回目の仮釈放申請をした選挙委員会元委員3人に対して、仮釈放を許可する決定を下しました。

 仮釈放が許可されたのは元委員長のワーサナー・プゥムラープ警察大将、パリンヤー・ナークチャトリー氏及びウィラチャイ・ネーオブンニヤ氏の3人で、刑事裁判所側は病院への移送が許可されヂュラーロンコン大学病院に入院中のウィラチャイ氏を含む3人に持病があること、3人が裁判所に対して今後元委員支持派の市民が裁判所前で煽動行為を行うことを認めないこと、及び保釈後も選挙実施関連事項に関与しない事を約束した事を考慮し仮釈放を許可する決定を下すと共に、4時間以内に選挙管理委員会事務所内に保管されている私物を全て回収するように命じました。

posted by Jean T. at 12:37| 解散・選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

選挙委員候補としてポーンティップ医師の名前が急浮上

 法務省法医学研究所臨時所長代行のポーンティップ・ローヂャナスナン女史は28日、選挙委員会委員に選抜された場合は、検死官の職から手を洗うつもりであると語りました。

 これは、ポーンティップ女史の名前が選挙委員会新委員候補として上がっているとの報道を受けたもので、タイを代表する女性検死官として知られるポーンティップ女史は、既に新委員推挙の打診があったことを明らかにした上で、新委員として任命される事は国益の為の任務を委ねられる名誉ある事であり、仮に任命された場合は検死官の職から手を洗い、同時に官僚の地位も捨て職務に専念する意向であると語り就任に意欲を見せていました。

 一方、やはり選挙委員会委員候補として名前が挙がっていると伝えられる元選挙委員会委員のコートム・アーリヤー氏(現経済社会政策諮問委員会委員長)は、その様な話は聞いていないとした上で、自身が再度委員に返り咲くことはあり得ないと語っていました。

posted by Jean T. at 12:36| 解散・選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

刑裁判決中傷問題、暫定首相顧問弁護士とチューウィット氏も事情聴取対象

 選挙委員会委員3人に対して有罪判決が下された際に、判決内容や裁判所判事を非難・中傷した者に対して法的措置を講じる方針を明らかにしていた刑事裁判所判事局のアムヌワイ局長は28日、首都圏警察本部パホンヨーティン署の協力の元で調査を進めた結果、タクシン暫定首相の顧問弁護士であるタナー・ベーンヂャティグン氏、当日差し入れようの食料を持参して裁判所前に現れたチャート・タイ党のチューウィット・ガモンウィシット氏を含む17人に対して法的責任を追及する方針を決定し、近々召喚状を送付し事情聴取を行う方針を明らかにしました。

 タナー氏に関しては、メディアからインタビューを受けた際に判決を非難する発言があった疑いが、またチューウィット氏に関しては、差し入れの食料を持参するという暗に皮肉を込めた行為により、刑事裁判所前に集まっていた選挙委員会元委員支持派の市民の悪感情を煽った疑いがもたれているようです。

 全然これとは関係ありませんが、曾祖父の代からヤオワラートの住民だという華人系タイ人のお客さんによると、衣料品の縫製工場を経営していたと一般的に伝えられているチューウィット氏のお父さんは、実はヤオワラートを中心に華人系タイ人の間ではローン・ナム・チャーと呼ばれている置屋を広く経営していた人物として知られていたそうです。ただ、今でも華人系タイ人が取り仕切っている市場内等で散見されるローン・ナム・チャーとチューウィット氏のお父さんや一族との関係に関しては不明であるとのこと。

posted by Jean T. at 12:34| 解散・選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

食堂店主、若い男と遊びほうけていた妻を殺害後コンクリート詰め

 27日夜半、都内バーンボーン区内にある食堂兼住居の寝室内で、頭を拳銃で撃たれ殺害された上でコンクリート詰めにされた28歳の女性の遺体がベッドの下に隠してあるのが発見されました。

 警察側は、殺害された女性は、家主の48歳の男の後妻として入って以来、日頃から夜通し若い男生と遊びほうける事が好きだった女性と男との間で喧嘩が絶えていなかったこと、また遺体が発見される前の25日にセメント袋を屋内に持ち込んでいるところが目撃されていることから、女性の派手な男性関係に嫉妬した男が女性を殺害した上で、遺体を隠すためにセメント詰めにし、そのまま逃走したと見て男の行方を追っているようです。

posted by Jean T. at 12:33| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。