2006年08月12日

暫定首相、名簿順位一位と首相になるかは無関係

 タクシン暫定首相は11日、現状では比例代表区の名簿順位1位の候補者として10月15日に予定されているやり直し総選挙に出馬する予定になっている事を明らかにした上で、最終的に候補者受付が始まる9月5日か6日に明確になるだろうと語りました。

 しかし、比例代表順位が仮に一位であったとしても、それが首相に就任する為の条件には為り得ず、比例代表順位に関係なく法律に則った下院議会の手続きで選出された者が首相になることが出来ると語り、いたずらに名簿順位一位と首相続投を結びつける事がないようマスコミに釘を刺していました。

 また、タクシン暫定首相は、やり直し総選挙後に再度内閣の組織を委ねられた場合は、政治改革推進のみに専念する暫定内閣を組織するのか、それとも任期全うを視野にいれた通常の内閣を組織するのかとの質問に対しては、現状ではまだ決心が付いていないと語り明確な回答を避けていました。

 タクシン暫定首相は、無効となった4月2日の総選挙の際に、仮に内閣の組織を委ねられた場合は、政治改革に専念する為の内閣を組織し、政治改革終了後に下院議会を再度解散させる方針を公約の一つに掲げていました。また、その際に野党や学識経験者等を包括した政治改革を実現させるための挙国一致内閣構想が発表されていました。

 一方、やり直し総選挙で比例代表区からの擁立を辞退するのではないかと伝えられている同党のスラナン・ウェーッチャーチーワ氏(暫定首相府大臣、アピシット民主党党首の年上の従兄弟)は11日、党創立時からのメンバーとして総選挙まで全力を挙げて党友の選挙活動の支援にあたるとしたものの、総選挙後に関しては党首であるタクシン暫定首相から与えられる任務及び政治情勢に基づき今後の身の振り方を決断するつもりであると語り、総選挙後の政界引退に含みを持たせていました。

posted by Jean T. at 02:27| 解散・選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チューウィット氏、政府の権限を乱用した事前運動行為を告発

 チャート・タイ党暫定副党首のチューウィット・ガモンウィシット氏は11日、国務省が関与した総選挙告示前の事前運動行為疑惑がある事を明らかにした上で、更なる政府の権限を乱用した選挙違反行為が行われる恐れがあるとして、早急な選挙委員会委員の選出及び同委員会の正常な機能の再開を要請しました。

 チューウィット氏によると、国務省を通して国内全ての県知事に送られた政府が製作したTシャツが、何故か県知事から県内選挙区から出馬予定のタイ・ラック・タイ党の党員に配られ、そこから地元の有権者に配布されているとの告発が寄せられているようです。

 一方、タクシン暫定首相が公務視察訪問先の東北部で、首相続投に関する明確な意思表示を避けた事に関しては、仮に続投をする意思がなかったら国民の税金を使って地方住民の票の買収に動く筈はないと皮肉混じり語り、選挙公示直前に東北部へ公務視察へ出かけたこと自体が首相続投を宣言したに等しいとの認識を示していました。

posted by Jean T. at 02:26| 解散・選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

教え子強姦事件、更に4人の児童が犠牲に

 教え子である8歳の少女に対して猥褻な行為を働いた容疑で11日までに逮捕された教師2人が、更に4人の教え子に猥褻な行為を働いていた疑いが持ち上がっています。

 8歳の教え子に対する猥褻行為の容疑で逮捕されたのは都内サーイ・マイ区内にある小学校の仏教教師のピモン・スンシリー容疑者(48)及び教師のローン・サロークニット容疑者(58)の2人で、11日までに新たに被害にあった8歳の少女と同じ学年の少女3人が保護者に伴われ女性・児童の権利保護財団を主催するパウィーナー・ホンサグン女史の事務所を訪れ、同様に2人から猥褻な行為をされたと告発したようです。

 3人の少女等はパウィーナー女史に対して、先に被害を告発した少女を含む同じ学年の少女5人が2人の教師にお菓子を買ってあげると騙されてホテルに連れ込まれ、そこで猥褻な行為を受けるなど、数回にわたって猥褻な行為を受けたと訴えているようです。

 尚、被害を受けたとされる5人の少女の内1人の少女に関しては、まだ名乗り出ていないようです。

 一方、今回の逮捕はでっち上げであるとして、逮捕された教師の夫人等が署名活動を展開しています。また一部報道によると、逮捕された教師の同僚教師の間でも、今回の逮捕はでっち上げだとの声が上がっているようですが、警察側は、医師による診断結果や状況証拠により充分に立件できるとしています。

posted by Jean T. at 02:24| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラブホテル内に女性の他殺体、売春料金を巡ったいざこざか

 11日3時過ぎ頃、都内ワッタナー区ソーイ・スクムウィット11内にあるラブホテルの客室内の浴室で29歳のタイ人女性が浴室の角に頭を強く打ち付けられた上で浴槽内に顔を埋められ溺死させられた状態で発見されました。

 警察側は、同日0:30頃に死亡した女性と一緒にチックインし、女性はまだシャワーを浴びているところだという言葉を残して先にチェックアウトしていたアラブ系と見られる男との間で発生した、売春料金を巡った口論が事件の背景にあるとみて、男の行方を追っているとしています。

posted by Jean T. at 02:22| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。