2006年08月22日

反タクシン派とタクシン支持派が衝突、疑問が残る当局側の対応

 21日午後、Digital TK Parkの開所式の為にセントラル・ワールド・プラザを訪問していたタクシン暫定首相を迎え撃つ為に同所前で待ち受けていた反タクシン派の市民約20人と、数で勝るタクシン支持派の市民が衝突し、少なくとも3人が負傷を負い正面にある警察病院で手当を受けるという事態になりました。

 尚、確認されている負傷者の内訳は、反タクシン派が2人、支持派が1人となっているようです。

 衝突は、タクシン暫定首相が反タクシン派市民を避けるためにビル裏手の業務用エレベーターを使用してビルの敷地外へ出た後に発生したもので、都内選出タイ・ラック・タイ党元下院議員の主力な票の取りまとめ役に率いられた疑惑が指摘されているタクシン支持派側にいた若者5-6人や私服警察官と見られる屈強な男等が状況を煽り衝突に至る事態となったようですが、警察側は一切支持派側の動きを止めようとせず、逆に反タクシン派の市民の身柄を拘束するという疑問が残る対応をとっていたようです。

 ここら辺は職業訓練学校の不良学生を使って状況を煽っていた1992年5月動乱の時の当局側の手口に近いかもしてません。

 参考までに、プーヂャッガーン紙系のNews1のこちらの映像の28秒から57秒までの間のシーンで赤い服を着た反タクシン派の市民が黒い服を着た私服警察官(ネーション・チャンネルのガノック氏が番組の中で私服警察官であると確認)に暴行を振るわれる場面を見ることが出来ます。また、多少画質が落ちますがネーション・チャンネルのこちらの映像の36秒から41秒までの間のシーンで、別の角度から同様なシーンを見ることが出来ます。

 尚、22日付の紙面が一斉に黒い服を着た私服警察官が反タクシン派市民に暴行を振るう場面を掲載し、私服警察官側の対応を非難する記事を掲載したのに対して、警察側はテレビ等の取材に対して黒い服の男は警察とは無関係の支持派の人物であるとした上で、現在身柄を追っている最中であると主張していました。(まぁ、いつものことです)

 また22日付けバンコクポストの1面及びネーション紙の1面左側には、問題の黒い服を着た男が制服警察官と一緒になって高齢の反タクシン派の市民の身柄を拘束している模様を撮影した写真が掲載されています。

 一方、今回の衝突を受けタイ・ラック・タイ党のシター報道官(バンコク、クローントゥーイ区選挙区選出元下院議員)は、民主主義市民連合及び特定の政党がタクシン暫定首相の訪問先を狙った反タクシン派の活動を背後から支持していると指摘した上で、民主主義のルールを守り即刻かかる行為を中止し、民意が反映した総選挙の結果を待つべきであると非難していました。

 因みに、今回の騒動に参加したタクシン支持派の市民の中にぺー・クローントゥーイという異名を持つシター君の主力な票の取りまとめ役に極めて酷似した人物がいたことが目撃され、また集まった"市民"の多くがクローン・トゥーイ周辺から集められていた疑惑が指摘されている訳ですが・・・例えば地方の票の取りまとめ役が公共の電波を利用して地域住民を煽動して民主党の立会演説会を妨害し中止に追い込んだり、民主主義市民連合の講演会場を封鎖したりする行為や、タクシン暫定首相の公務視察訪問を迎え入れる為に地元の役所関係者や地域の地区リーダー、票の取りまとめ役が住民を日当付きで集める行為がタイ・ラック・タイ党が理想とする"民主主義"の姿という事なんでしょうかね?

 ぺー・クローントゥーイは、3月にプーヂャッガーン紙本社ビル前に集まり抗議活動を展開したバイタク軍団を率いていた人物としても知られています。尚、集まったバイタク軍団は、プーヂャッガーン紙側から「アイ・ナー・リアム(四角い顔の奴)」を大音響で流されるという反撃にあい、僅か10分足らずで退散していました。仮にバイタク軍団の多くが雇われる事無く信念を持って自主的に抗議活動に参加していたら、そそくさと退散するような事はなかったものと思われます。 (こちらの映像の49秒から1分20秒の間のシーンに見られる黄色い服を着て大声を出している人物がペー・クローントゥーイと見られる人物です)

posted by Jean T. at 11:02| 市民集会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイ・ラック・タイ党側の謀略? タクシン暗殺計画の存在が再浮上

 コンサック暫定国務大臣は21日朝、タクシン暫定首相に対する暗殺計画に関する情報を得ている事を認めた上で、現状ではまだ情報当局筋から情報の信憑性に関する確認が取れておらず、単なるデマの可能性もあることから、タクシン暫定首相に対する身辺警護体制の強化に関しては、既にVIPレベルの警護体制を強いていることから、現状では必要は無いとの認識を示しました。

 この発言に先立ち、21日付け一部紙面が"タイ・ラック・タイ党"幹部のファイロート・スワンナチャウィー少尉の発言として、タクシン暫定首相を政界から追い出すために超法規的な方法で同暫定首相を抹殺する企てがあると報じていましが、ファイロート少尉の発言が、反タクシン系団体の活動継続宣言及び反タクシン派とタクシン支持派が衝突した直後に為されていることから、タイ・ラック・タイ党側が反タクシン派団体に対して謀略を図るために、意図的に暗殺計画の噂を流したとの穿った見方もされています。

 一方、コンサック暫定国務大臣は、民主主義市民連合や傘下のタクシン体制打倒市民ネットワーク側が今後もタクシン体制打倒を目指して活動を継続させる方針を明らかにしている事に関しては、常にルールを尊重している政府と同様に、反タクシン体制を標榜する団体側もルールを尊重して活動を行えば、お互いに(衝突等の)問題を引き起こすことは無いとの認識を示していました。

 首相官邸付きの記者団のレポートによると、この暗殺計画の情報の影響なのか、インタビューする為に記者団が首相を待ち受ける場所が出入り禁止になっていたり、官邸周辺の警備車両の台数が増えているのが確認されているようです。因みに、躁鬱病の気があるタクシン暫定首相は、21日は躁状態にあったのか、タイ・ラック・タイ党本部前で待ち受けていた記者団のインタビューを避けるために、お茶目な表情を浮かべながら走って逃げ去ろうとする場面も見られたようですが、結局、ナーン県やチァン・ラーイ県を襲っている洪水被害に関する取材にのみ応じ、そそくさと本部ビル内に入っていったようです。

 尚、前後して公安警察側が、19日にパラゴン内で反タクシン派とタクシン支持派との衝突が発生して以来、警護要員を約100人増強した事を明らかにしていました。

posted by Jean T. at 00:53| 市民集会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

暫定首相のソンティ氏に対する名誉毀損訴訟の審理開始を決定

 刑事裁判所は21日、タクシン暫定首相が顧問弁護士を通じて提訴していたソンティ・リムトーングン氏を相手取った名誉毀損訴訟を正式に受理し、10月2日に第一回公判を開く方針を決定しました。

 この訴訟は、6月6日から同月24日かけて行われた民主主義市民連合の抗議集会の場で、同連合幹部のソンティ・リムトーングン氏がタクシン暫定首相はクロ魔術を信じるような愚か者と度々発言した事により名誉を毀損されたとして提訴していたもの。

 ソンティ氏が問題となっている発言をする前に、タクシン暫定首相が選挙運動の一環でブリラム県を訪問した際に、同地を地盤とするネーウィン・チットチョープ氏の薦めでクメール系のクロ魔術師に占いと厄払いをして貰ったとの噂が流れていました。

posted by Jean T. at 00:52| 市民集会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナラーティワートで女性三人組が銃撃され重傷

 21日11:50頃、ナラーティワート県ヂョアイローン郡内で市場に食事を買いに行くために連れだってバイクの三人乗りで路上を走行中だった23歳、25歳及び77歳の女性三人組(内一人はイスラム教徒)が、バイクにのった二人組に銃撃され三人全員が重傷を負うという事件が発生しました。

 また、20日19:30頃には、同県県都内で30歳のイスラム系住民男性が自宅内でテレビを鑑賞中に、家に押し入った男に銃撃され死亡するという事件が発生しています。

 更に、ヤッラー県内では、21日昼過ぎにバンナンサター郡内で、バイク二台に分乗した四人組の男がドリアンの行商中だった小型トラックに向け銃を乱射し、行商中だった61歳の男性、及びドリアンを買うために車の前に居た67歳の男性が死亡し、販売の補助にあたっていた33歳の男性が重傷を負うという事件が発生しています。

 一方、ソンクラー県の警察当局は21日、ハートヤイ郡内の市場内で爆発物の製作に使用される恐れがある携帯電話とカシオ製のデジタル時計を大量に買っていた男組がいたことを明らかにした上で、何らかの破壊活動を南部国境三県域内で計画している恐れがあると警告しました。

posted by Jean T. at 00:51| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バイクで通り過ぎざまに旅行者のバッグを強奪していた夫婦を逮捕

 パッタヤーの警察当局は20日、主に観光客を狙ってバイクで通り過ぎざまにバッグ等を強奪していた容疑で21歳と17歳の夫婦を逮捕し、携帯電話5台、カメラ2台等を押収した事を明らかにしました。

 逮捕された夫婦は警察に対して、職業を持たず、家業である雑貨店を手伝っても自分の為に使うお金を充分稼げないので犯行を思いつき、夫がバイクを運転し、後部座席に座った妻がターゲットを見つけ通り過ぎざまにバッグを強奪するという手口で、これまでに5回同様な犯行を繰り返してきたと証言しているようです。

 夫婦は、主にザ・ビーチ・リゾート・ホテル周辺地域で犯行を重ねていたようです。

posted by Jean T. at 00:49| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仏教系とイスラム系カンボジア人同士の喧嘩か? カラオケ店裏で男性の刺殺体

 21日早朝、チョンブリー県サタヒップ郡バーン・セー地区内にあるカラオケ店裏の草地内で、身元不明の男性の刺殺体が発見されました。

 警察側は、前夜遅くに複数の男同士が喧嘩をしている音を近所の住民が聞いていることから、カラオケ店内でかち合ったカンボジア人の仏教徒とイスラム教徒との間で発生した喧嘩が事件の背景にあると見て捜査を進めているようです。

 事件が発生したバーン・セー地区はカンボジアの漁船関係者向けのカラオケ店が林立しており、日頃から店内の女性を巡ったカンボジア人の両宗派間の喧嘩が絶えず発生し、時に殺人に至る事も度々あったようです。

posted by Jean T. at 00:48| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。