2006年11月02日

安保評議会議長、前首相が中国にいることを確認

 国家安全保障評議会のソンティ議長は3日朝、タクシン前首相が現在中国国内に滞在中であることを確認している事を明らかにしました。

 この発言は、3日付けのマティチョン紙が、ASEAN+中国首脳会議に出席する為にスラユット首相が中国を訪問した時に会わせ、タクシン前首相がスラユット首相と接触する為に中国へ飛んだが、結局接触は適わなかったと報じていたことを追認したもので、ソンティ議長によると、通常は中国国内のタイ大使館からタクシン前首相の動向が報告される事になっているが、今回に限っては別の筋から同前首相の中国入りを確認したとのこと。

 尚、前後してタクシン前首相の法律顧問であるノパドン・パタマ氏は、前首相が中国入りした理由については明らかに出来ないと断った上で、同前首相の中国入りが事実である事を確認していました。

 また、前首相の帰国の可能性に関しては、ノパドン氏は当面帰国する予定は無いとしたものの、情勢が安定化し帰国が実現した場合には、前首相が再度政治活動を再開する可能性があることを明らかにしていました。

 尚、ソンティ議長は、タクシン前首相の帰国の是非に関してはスラユット首相に聞くべき事柄であるとして、直接のコメントを避けていました。

(タイ時間 15:30)

* ネーション等の速報によると、タイ・ラック・タイ党のヂャートゥロン暫定党首が、中国滞在中のタクシン前首相と協議を行うために2-3日以内に中国に飛び立つ模様。

posted by Jean T. at 17:25| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

安保評議会議長、重要汚職案件の調査を支援する組織を設立

 国家安全保障評議会のソンティ議長は1日、未解決案件の調査進展を支援する為に、現在主に前政権関係者が絡む重要な汚職疑惑案件の調査にあたっている国家毀損行為特別調査委員会の調査を支援する為に、専門の組織を同委員会内に設立する方針を明らかにしました。

 同議長は、特別調査委員会による各汚職疑惑案件に対する調査には目覚ましい進展が見られているものの、立件する上で必要な証拠に関しては依然充分に揃っていない状況にあるとした上で、僅か11人のメンバーで構成される特別調査委員会による立件に必要な証拠やデータをを収集する為に専門の支援組織を設立する方針を明らかにしていました。

posted by Jean T. at 01:45| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

特別捜査局指揮官の自宅に爆発物が投げ込まれる

 10月31日22:30頃、ノンタブリー県パークレット郡内にある法務省特別捜査局に所属する警察大佐の自宅に爆発物が投げ込まれ、家屋や車のガラスに些少の被害をもたらし、庭に放し飼いで飼っていた犬2-3匹が傷を負うという事件が発生しました。

 目撃証言から、実行犯はバイクに乗った二人組の男と見られているようです。

 被害にあった、特別案件に関する捜査の指揮官でもある警察大佐によると、当初実行犯は殺害する目的で爆発物を寝室に向けて投げ込もうとしたものの、庭に放し飼いで飼っている犬6匹が大声で吠えた為、冷静さを失って目標に向けて投げ込む事が出来なかったとの認識を示した上で、事件の背後に自分が法務省内の官僚が絡む汚職案件の捜査の責任者を委ねられていた事が関係してる可能性が強いものの、更迭を畏れた特別捜査局内の未解決案件を抱える特定のグループが、局内で特別な存在であると誤解されている自分が上長に告げ口をる事を畏れて犯行に及んだ可能性も否めないとの考えを示していました。

posted by Jean T. at 01:43| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スラユット首相、2日に南部を訪問

 スラユット首相は1日、あらためて2日に南部を訪問し広く意見を聴取する方針を確認しました。

 尚、今回の訪問には国家安全保障評議会のソンティ議長(陸軍司令長官)も同行する予定になっているようです。

 また、南部問題解決には、些細な事から大局的な部分、簡単なことから難しいことに結びつけて取り組むことを原則に置くことが重要であるとの考えを示していました。

 訪問先では当局関係者の任務遂行状況の視察を行うと共に、地元の宗教指導者や住民等と広く意見交換をする機会を設ける予定でいるようです。

posted by Jean T. at 01:39| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

法律に関する意見を受け付けるための専門サイトを開設

 情報通信技術省は1日、法律に関する国民の意見を広く受け付ける為のサイト"www.lawamendment.go.th"を開設した事を明らかにしました。

 1日現在、現在施行されている約700の法律及び72の法案がサイト上に掲載されているようです。

 同省によると、寄せられた意見は専門チームよってふるい分け作業が行われた後に、各法律改正検討関連の当局に送らる事になっているようです。

posted by Jean T. at 01:37| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BTS線、12月1日から初乗り運賃を15バーツに値上げ

 BTS線は1日、12月1日から初乗り運賃を現在適用されている10バーツ(1駅区間)を5バーツ値上げし15バーツ(但し2駅区間まで適用)とし、以降2駅毎に5バーツ値上し40バーツを上限とする運賃体系にする方針を明らかにしました。

 7年前に開業して以来初となる、初乗り運賃の値上げに伴う運賃体系の変更により、乗車区間に応じて10バーツから40バーツの範囲で変動していた運転体系が12月1日から15バーツから40バーツの範囲で変動する運賃体系に変更される事になります。

 今回の初乗り運賃の値上げにより、月ベースで10.6%増、約950万バーツの収益増を見込んでいるようです。

 尚、複数回利用可能の乗車カードの販売は初乗り運賃値上げ後も従来通りの価格体系で販売される予定で、30日30回利用可能のカードは600バーツ(学生450バーツ)、30日20回利用可能のカードが440バーツ(学生340バーツ)で、また一日乗り放題乗車カードは120バーツとなっているようです。

posted by Jean T. at 01:34| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。