2006年11月05日

タークバイでカラオケ店を狙った連続爆破、少なくとも4人が死傷?

 4日23時頃、ナラーティワート県タークバイ郡内3ヶ所で、カラオケ店を狙った爆破がほぼ同時に発生し、初期報道段階で2人が死亡し、2人が負傷を負っている模様。

 最高検察庁がタークバイ郡内で発生した暴動事件に絡んで逮捕起訴された住民等の起訴を取り下げる決定を3日に行った後に発生した爆破となります。

--------------------------

 その後の報道によると、カラオケ店三件を狙った連続爆破で警察関係者2人を含む5人が負傷を負っているようです。尚、死亡者は確認されていません。

 また、使用された爆発物は何れも携帯電話を使用した遠隔起爆式のもので、約2分間間隔で爆発物を爆破させたと見られているようです。

(タイ時間 16:45追記)

posted by Jean T. at 03:07| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アピラック都知事、BTS線初乗り運賃値上げ問題に介入せず

 アピラック都知事は4日、先にBTS線を運行するバンコク大量輸送システム社が12月1日からBTS線の初乗り運賃を15バーツに値上げ(但し従来は10バーツの初乗り運賃で1駅間のみ乗車が可能だったのに対して、値上げ後は2駅間まで乗車が可能)する方針を明らかにした事に対して、既にバンコクとの運行契約に基づいて大量輸送システム社内で充分に検討を重ねた上で決定された事であるとして、今回の値上げに介入する意向が無いことを明らかにしました。

 同都知事によると、既に大量輸送システム社に対して、特に学生や高齢者が通常運賃より低い値段でBTS線を利用する事ができるようプロモーションの強化を要請しているとのこと。

 一方、シーロム線のサパーン・タークシン駅からトンブリーまでの2.2Kmの延長計画に関しては、来年末までに一般に提供開始できる見通しである事を再確認したものの、2.2Km区間の乗車料金に関しては、当初計画されていた10バーツの運賃を見直す可能性があることを示唆していました。

posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイ・ラック・タイ党、経費節減の為に党本部を移転

 タイ・ラック・タイ党のヂャートゥロン暫定党首は4日、政変以降党に寄せられる寄付金が減少傾向にある事に鑑み、同党の本部を移転させる方針を明らかにしました。

 因みに、現在の党本部ビルの登記簿上の所有者はタクシン前首相夫人のポヂャマーン女史。

 ヂャートゥロン氏によると、今後暫定的な事務所を探し、その後新執行部が正式に発足後に恒常的な本部を再度探す計画でいるようです。

 尚、党運営資金に関しては、党に寄せられている寄付金が減少しているものの、運営そのものに影響を与えないだけの資金余力があることを強調していました。

posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヤッラー県内で学校4ヶ所が連続放火

 3日深夜から4日未明にかけて、ヤッラー県バンナンサター郡内にある学校四ヶ所が連続して放火されるという事件が発生、更に、早朝には同郡内で、39歳の妻と13歳の娘を乗せバイクで路上を走行中だった48歳の住民男性が、4人組の男に銃撃され男性と娘が重傷を負うという事件が発生しています。一部報道は、銃撃を受けた男性は学校教師で、一緒に負傷を負ったのは妻だったと伝えています。

 尚、日本語の報道で学校3ヶ所が放火され全半焼したと報じているものがありましたが、おそらく学校3ヶ所が全焼し1ヶ所が一部だけ焼失したと伝えていたテレビ報道を聞き間違えたのか、ネーションの速報を読み間違えたのではないかと思われます。(タイの報道ではよくあるのですが、「学校4ヶ所が放火され、内3ヶ所が全焼し、1ヶ所が半焼した」という様な伝え方をしないで唐突に「学校が放火され、3ヶ所が全焼し1ヶ所が半焼した」と報じる傾向があります)

 一方、ナラーティワート県ランゲ郡内では、4日早朝にバイクで走行中だった41歳のタムボン行政機構評議会副議長の男性が、バイクに乗った二人組に銃撃され死亡するという事件が発生しています。

posted by Jean T. at 02:00| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プレー県警察副署長がカフェー歌手と密会中に銃撃され重傷

 3日20:30頃、ナーン県県都内にあるテーワラート・ホテル内で、プレー県県警察の副署長(警察大佐)が銃撃され重傷を負うという事件が発生しました。

 これまでの調べによる、副警察署長が兼ねてから深い関係にあったカフェー歌手の女性とホテル従業員宿舎内で密会中に、銃を持った男に撃たれ、その後にカフェー歌手の女性と一緒に逃走しているのが確認されているようです。

 警察側は、同じ従業員宿舎に住む従業員の証言等から、犯人はカフェー歌手と関係がある男性(報道による夫)の可能性が高いと見て、県外へ通じる主要な幹線を一時通行止めにして犯人検挙にむけ全力をあげて犯人の行方を追っているとしています。

posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

麻薬密売僧を逮捕

 ターク県メー・ソート郡の警察当局は4日1時頃、同郡内にある常設検問所で、バンコク方面に向かう長距離バスに乗車していたガンヂャナブリー県県都内にある寺の僧侶を麻薬密売容疑で逮捕し、ヤーバー3万錠及び現金3,000バーツを押収しました。

 逮捕された僧侶は警察に対して、押収されたメー・ソート郡と国境を接するミャンマーのミヤワディー県内で麻薬を仕入れ、バンコクの大物麻薬エージェントに転売する予定だったもので、これまでに三回同様な手口で麻薬を転売してきたと証言しているようです。

posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラーチャプラソンの交差点でバス同士が衝突、3人が負傷

 4日8:20頃、都内セントラル・ワールド・プラザ前のラーチャプラソン交差点で、14番路線を走行するミニバス(緑車体)と508番路線を走行するエアコンバス(オレンジ車体)が衝突する事故が発生し、ミニバスの乗客3人が負傷を負うという事故が発生しました。

 プルゥンチット方面から同交差点を右折中だったエアコンバスに直進してきたミニバスが衝突したようです。

posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

非英語圏の外国人もTOEIC600のスコアがあれば英語教師になれる?

 おそらくジョン・ベネちゃん殺害事件の容疑者と見られる男性がタイ国内で摘発された事が契機になったと思われますが(容疑者の方は結局無関係だったことが確定していますが・・・)、タイの教育当局はこの程、外国語を教える外国人語学教師の資格基準を厳格化する方針を明らかにしてるようです。

 因みに、引き締め後の資格基準では、必ず大卒以上の学歴があり、教育査証以外のノンイミビザを所有している等について厳格にチェックされ、更に英語を教える非英語圏の外国人の場合は、TOEFLで550以上、TOEICで600以上のスコアを獲得している事を証明しなければいけなくなるようですが、それにしてもTOEICの最低基準が600とは・・・タイに未練を残したまま本帰国が決まった人には朗報かもですね(笑)

posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。