2006年11月19日

スラユット首相、アメリカ大統領はタイの国内情勢に理解を示す

 APEC首脳会談出席の為にヴェトナムのハノイに滞在中のスラユット首相は18日、同日朝APEC本会議のサイドラインで開かれたASEAN+1会議の席上でアメリカのブッシュ大統領が、9月19日にタイ国内で発生したクーデター及びその後のタイ国内情勢に理解を示すと共にタイの内政に干渉する方針が無いことを確認した上でた上で、自らもアメリカ国内で同じ困難な状況に置かれていると告白していた事を明らかにしました。

 このスラユット首相の発言に先立って、フィリピン政府筋が、ブッシュ大統領が席上でミャンマーの軍政を引き合いに出した上で、(軍によるクーデター発生後)正常化に向かっている隣国のタイに比べ、ミャンマーの国内情勢は受け入れることが出来ない最悪のものであると発言していた事を明らかにしていました。

posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新たに閣僚2人を増員

 ヨンユット政府報道官は18日、政府は新たに2名の人物をそれぞれ首相府大臣及び副財務大臣に据える人事を決定し、既に国王による認証手続きに必要な手続きに入っている事を明らかにしました。

 新たに入閣が内定したのは、プラシット・コーウィライグン氏(首相府大臣)及びソムマーイ・パーシー氏(副財務大臣)の両名で、プラシット氏は元フアイチヤオ・チャルゥムプラギアット大学の学長、ソムマーイ氏は財務省副次官や公社の重要なポストを歴任してきた人物として知られているようです。

 今回の決定に関してヨンユット報道官は、閣僚内で最も負荷がかかっている2人の副首相の負荷を和らげ、更により効率的な職務遂行を志す上で必要な措置だったと説明しているようです。

 尚、ヴェトナム滞在中のスラユット首相は、今後国家立法評議会に提出される法案を始めとする法務関係を担当する予定になっているとした上で、国家安全保障評議会が軍関係者を主要ポストに据えた事が契機となり発生しているティラパット氏とオーソーモート社(旧タイマスコミ公社、MCOT)との対立とは無関係であると説明しているようです。

* 18日夜までに、国王により認証されていることが明らかになっています。

posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タクシン前首相、インドネシアの閣僚と会食

 インドネシア国内でもセレブ状態で追っかけ取材攻勢に晒されているタクシン前首相が17日夜にインドネシア国内の、大物ビジネスマンとしても知られる社会福祉関連の大臣のアブリサル・バックリー氏と夕食を共にしていた事が明らかになっています。

 食後タクシン前首相は、バリに来たのはゴルフをやったり名所を見て回る、所謂普通の旅行者としてきただけで、インドネシアの高官にあったり、同国内に投資をする為では無いと語っていたようです。

 また、東南アジアで最も裕福な人物に属すると見られる二人が夕食を共にした事に関して、アブリサル氏は、旧交を深めるためのもので、政治云々等の特別な理由は無いと語っていたようです。

 因みに食事を共にした場所はバリ島のクタ地区にある"クーデター"という名前のレストランだったようですが、フランス語のクーデターとの関係は不明です。

posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヤッラー県内で襲撃が相次いで発生

 18日8時過ぎ頃、ヤッラー県県都内で、バイクで路上を走行中だった41歳の国境警備警察に所属する警察官(報道によっては国境警備警察にから派遣された教師)が、バイクに乗った二人組に銃撃され負傷を負うという事件が発生しました。

 また、バイクに乗った二人組の内の一人が、警察官が発砲した銃弾が命中し負傷を負っているようですが、そのまま逃走しているようです。

 更に同日夕方過ぎには同じく県都内で、水牛の世話をしていた73歳の仏教系住民男性が、バイクに乗った二人組に銃撃され殺害された上で、遺体にガソリンをかけられ燃やされるという事件が発生しています。

 一方、17日22:30過ぎには同県ターントー郡内で、イスラム系住民が経営するバイク修理店前に駐車してあった小型トラックが爆発するという事件が発生しているようですが、幸い人的な被害は確認されれていないようです。

 爆発発生現場は、郡庁舎手前の道路上にあることから、当局関係者の車両の通過に会わせ爆発させる目的で爆発物が仕掛けられたと見られているようです。

 また、目撃証言等から、爆発発生前に小型トラック付近にいたバイクに乗った二人組の若い男が事件に関与していると見られているようです。

posted by Jean T. at 02:00| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。