2006年12月08日

ソンティ議長、南部問題に関してOICと協議

 国家安全保障評議会のソンティ議長は7日、イスラム諸国会議機構(OIC)と南部問題に関して協議をする方針を明らかにしました。

 同議長によると、協議は同機構側からの打診を受け行われるもので、同機構側は南部国境三県域内に於ける一連の不穏な動きに関与している組織が11日にパッターニー国の独立を宣言するとされている事に対して不支持を表明しているとのこと。

 また、同議長は、あらためて一連の不穏な動きに国外の武装組織が関与している可能性を否定していました。

 一方、国務省筋は7日、在タイのマレーシア大使が、同国政府が南部国境三県域内に於ける一連の不穏な動きに関与している組織の資金源になっているとされるトム・ヤム・グン・ネットワークに関する真相調査に協力する意向であると語っていた事を明らかにしていました。

posted by Jean T. at 01:01| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新年までに更に過激な破壊活動を計画

 スラユット首相は7日、防衛省内の情報当局からの情報として、南部国境三県域内に於ける一連の不穏な動きに関与している組織が新年までにかけて更なる過激な破壊活動を計画している事を明らかにした上で、既に現場に展開している当局関係者に対して警戒を強化するよう指示した事を明らかにしました。

 尚、計画の詳細については明らかにされていません。また、首相の発言に先立ってブンロート防衛大臣が、12月が最も危険な月になると発言していました。

 一方、現場に展開する当局者側の体制を引き締める必要性に関しては、いたずらに当局者側を引き締めることは長期的にマイナスの効果をもたらす恐れがあるとして、当面は引き締める方針は無いとした上で、地域住民の生命財産を守ることをキーに体制を見直す方針を明らかにしていました。

posted by Jean T. at 01:00| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不敬罪容疑で逮捕された外国人、背後で反クーデター派が関与か

 ソプラン陸軍副司令官は7日、チァン・マイ県県都内メーヒヤ地区内に飾られていた国王の肖像に黒色のスプレーペイントを吹き付けた容疑で6日夜に57歳のスイス人の男が逮捕された事に絡んで、背後でクーデターに反対する良からぬ考えを持つ者が政治的な思惑を持って男を雇ってかかる行為をさせた疑いがあるとして、第三地区国軍本部を始めとする関係部局に対して緊密に捜査を展開し首謀者を検挙するよう指示した事を明らかにしました。

 男の逮捕は、ショッピングセンター内でスプレー缶を購入する模様が記録されていた監視カメラ映像の解析により実現したもので、不敬罪が確定した場合は最高で15年の刑が下される事になるようです。

 尚、男は酒を買うことが出来なかった腹いせに犯行に及んだと警察に証言しているようです。

posted by Jean T. at 00:58| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソムキット氏、当面政界復帰の意思はなし

 元タイ・ラック・タイ党副党首のソムキット・ヂャートゥシピタック氏は7日夜、記者団に対して現在のところ政界に復帰する事は考えていないと語り、新党党首就任の噂を否定しました。

 この発言に先立って、7日夜プラザアテネ・ホテル内で開かれたタンマサート大学72周年を記念したディナートークの席上で、元タイ・ラック・タイ党ワン・ナム・ヨム派閥首班のソムサック・テープスティン氏が結党に動いているとされる新党の党首に就任する意向がソムキット氏の口から語られるのではないかとの憶測がマスコミの間で飛び交っていたようです。

posted by Jean T. at 00:56| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナラーティワート県内3ヶ所で連続爆破、学生を含む3人が重傷

 7日7:30頃、ナラーティワート県ウェーン郡内の学校手前の路上に仕掛けられていた携帯電話を使用した遠隔起爆式の爆発物が爆発し、17歳の女子学生2人及び学校の警戒作業にあたっていた軍関係者1人が重傷(報道により学生3人、当局関係者1人が重傷)を負いました。

 また、先立つ7日7時過ぎには、同県ランゲ郡内で、教師の警護作業にあたっていた当局関係車両の通過に会わせ、路上脇に仕掛けられていたリード線を使用した遠隔起爆式の爆発物が爆発し軍関係者1人が軽傷を負ったほか、ほぼ同時刻に同郡内の人気の無いところで携帯電話を使用した遠隔起爆式の爆発物の爆発が確認されているようですが、こちらの方は人的な被害は確認されていないようです。

 また7日5時前にはパッターニー県マーヨー郡内で、保健所が放火され全焼するという事件が発生しています。

 一方、ヤッラー県ターントー郡内では7日16時過ぎに、バイクで路上を走行中だった45歳のイスラム系住民男性が、バイクに乗った二人組に銃撃され重傷を負っています。

 また、同県県都内では7日20時頃に学校が放火され全焼するという事件が発生しているようです。

(タイ時間 11:45掲載 22:05追記)

posted by Jean T. at 00:04| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。