2006年12月12日

民主党、アピシット降ろしの動きの存在を否定

 民主党のオンアート報道官は11日、民主党内にアピシット党首を降ろし再度チュワン元首相を党首に据えようとする"水面下の動き"があると報じられていることに関して、事実ではないと否定しました。

 これは、依然民主党の幹部党員に影響力があると見られるマハーチョン党党首のサナン・カチョンプラサート少将が、現民主党最高顧問のチュワン・リークパイ氏を再度党首に据えるべきであると認めた書状を民主党幹部のピチェート・パンウィチャーティグン氏に送り届けたと伝えられている事を受けたもので、オンアート報道官は直接ピチェート氏に確認し事実ではない事が明らかになっているとした上で、あらためて党内にアピシット党首降ろしの動きはなく、党員全員が同党首を支持している事を強調していました。

 因みに「水面下の動き」を意味する「クルゥーン・タイ・ナム」はちょっとした流行語になっていたりしてます。

posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

民主党、前首相の綺麗事発言は信用できない

 民主党のオンアート報道官は11日、先にタクシン前首相が電話を通して国家安全保障評議会のソンティ議長に対して、自身をスポーツ選手にたとえて「勝ちと負けを心得ている」と語っていたと伝えられている事に関して、前首相が素直に現在自身がおかれている状況を容認した発言と捉えるのは早計であるとの認識を示しました。
 
 発言の中でオンアート報道官は、タクシン前首相が首相時代に発言が二転三転する傾向があり、また自己保身の為に綺麗事を語る事が常だったと指摘した上で、先の発言を文字通り受け止める事は出来ないと指摘していました。
posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

民主党党首のATMを使用し100万バーツ近くを盗んだ容疑で元使用人を逮捕

 首都圏警察本部トーンロー署は11日、アピシット民主党党首のATMを使用して合計873,500バーツを盗んだ容疑で、同党首宅のメイドだった51歳の女を逮捕しました。

 逮捕された女は約2ヶ月前にメイドを辞めたばかりで、調べによると女はアピシット党首のATMを使用して約1年間に渡り合計121回、総額873,500バーツの現金を盗んでいたようです。

 逮捕された女は警察に対して、盗んだお金で高級品を購入し友人に見せびらかしていたと証言しているようです。

posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南部情勢 (11日)

・10日午前、軍と警察の混成チームはナラーティワート県ランゲ郡タンヨンリモー地区内で、30歳と38歳の男を逮捕。二人は何れも新興分離主義組織RKKの幹部と見られ30歳の男は爆発物製作の専門家として今年12月8日に同郡内で発生した爆破事件等に関与したと見られ、38歳の男は今年10月26日に発生したタムボン行政機構評議会議長の実弟が射殺された事件に関与した容疑で逮捕状が発行されていた。逮捕は郡内に居住する軍の情報収集要員からの通報により実現。二人の身柄が拘束されたタンヨンリモー地区は、諜報担当の海軍関係者2人が拷問され惨殺された事件が発生した場所。

・10日13時過ぎ、ヤッラー県ターントー郡内で、バイクの二人乗りで路上を走行中だった23歳と22歳のイスラム系住民兄弟が、3人以上と見られる一味に銃撃され二人とも死亡。

・11日0時過ぎ、パッターニー県パナーレ郡内で、人数不明の一味が仏教系住民の住宅に向け銃を乱射し、屋内にいた住民を追い出した上で火を放ち家屋を全焼させる。家人は全員無事。

・11日7時過ぎ頃、ナラーティワート県ランゲ郡内で、夫人が経営している菓子店の菓子作りを手伝っていた、47歳の弁護士助手の男性(イスラム教徒)が、店の前に現れたバイクに乗った二人組に銃撃され負傷。銃撃を受けた際に弁護士助手側も拳銃で応酬するも、二人組の被害状況は不明。(一部報道によると負傷を負った弁護士助手は搬送先の病院で死亡)

・11日4時頃、パッターニー県コークポー郡内にある村自警組織の詰め所が放火されたが、住民等が総出で消化にあたりボヤで消し止められる。

・11日8時前、ヤッラー県県都内で、自宅に帰る為にバイクで路上を走行中だった54歳の警察官が、バイクに乗った二人組(報道によりバイク二台に分乗した四人組)に銃撃され死亡。実行犯は警察官が所持していた拳銃を盗み逃走。

・11日昼前、ヤッラー県ヤッハー郡内で、バイクで路上を走行中だった自警組織に所属する46歳のイスラム系住民が、バイク二台に分乗した四人組に銃撃され死亡。

・11日15:30過ぎ、ナラーティワート県バーヂョ郡内で、親戚宅前で会話中だった14歳の男子学生(仏教系住民)が、バイクに乗った二人組に銃撃され負傷。

・11日17時前、ナラーティワート県ランゲ郡内で、バイクで路上を走行中だった40歳のイスラム系住民男性が、バイクに乗った二人組に銃撃され重傷。

・11日18時前、ソンクラー県テーパー郡内で、バイクで路上を走行中だった41歳のイスラム系住民男性が、バイクに乗った二人組に銃撃され死亡。男性は雇用推進策により南部国境県正常化推進委員会管轄下の臨時職員で、またガムナンの甥。

* 以上11日20:30迄に確認できた報道に基づきます。

posted by Jean T. at 02:00| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。