2006年12月26日

ソンティ議長、村長の任期延長発言は人気取りとは無関係

 国家安全保障評議会のソンティ議長は25日、ガムナン及び村長の任期を現行の5年から10年に延長させると共に権限を強化させるべきであると発言し物議を醸している事に関して、この発言が人気取りの為のものであるとの指摘を否定した上で、あくまで地方のコミュニティーレベルでの自治権を強化する必要性を踏まえた上での発言であった事を強調しました。

 ソンティ議長によると、地方レベルでの問題の解決を推進させる上でもガムナンや村長の権限を強化する必要があり、また権限強化や任期延長によりガムナンや村長が地域の「大物」と化し、将来に於ける地方選挙の票動向に負の影響を与え得る事もある得ないと指摘していましたが、依然ガムナンや村長を集票の手段として利用してきた旧政権の支持基盤切り崩しの為の人気取り発言との疑惑の払拭までには至っていないようです。

posted by Jean T. at 00:57| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

民主党党首、チャワリット元首相は己の政治的立場を明確にせよ

 民主党のアピシット党首は、政界復帰及びタイ・ラック・タイ党党首就任を仄めかす発言を繰り返しているチャワリット元首相に対して、国民の混乱を避ける為にも自らの政治的な立場・方針を明確にするべきであると指摘しました。

 発言の中でアピシット党首は、チャワリット元首相がタイ・ラック・タイ党内のシンパを利用して党首に就こうとしている事は過去の例からみて不思議な事ではないと指摘し、長年に渡って指摘されてきた同元首相の姑息な権力欲を皮肉った上で、敢えて国家安全保障評議会を批判する発言をし、同評議会と対立関係にある事を強調する様な振る舞いは社会に混乱をもたらすだけであると指摘した上で、もっと本心に忠実な発言を心掛けるべきであると皮肉っていました。

 ということで、チャワリット君がクーデター後に権力欲を見せたという事は、いつぞやかのクーデター後の様に次の政権は民主党が奪取し、連立に参画したチャワリット君が民主党政権をかき回して崩壊に導き次の総選挙で捲土重来を期すも、ダークホースに政権を横取りされてしまうということになっちゃうんでしょうかね?

posted by Jean T. at 00:56| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スクムウィットのコンドー内でカナダ人男性が強盗に射殺

 25日20時前頃、都内クローントゥーイ区ソーイ・スクムウィット18にあるコンドミニアム"シティー・スマート"10階にある室内で、借り主であるカナダ人夫婦の親戚の男性が強盗に射殺され、3人が負傷を追うという事件が発生しました。

 調べによると、借り主の親族が一堂に会して室内でクリスマスを祝っていた最中に、ベランダから強盗が押し入り拳銃を向けて金目の物を出すよう要求したところで、借り主の叔母がカバンで強盗を殴ったことで強盗が腹を立て拳銃を親族に向け発砲したと見られているようです。

 警察側は、監視カメラ映像に映っていたタイ人の男が実行犯であると断定し、映像を元に男の行方を追っているとしています。

 尚、初期報道段階では、強盗がどの様な侵入経路で10階にあるベランダから室内に押し入ったかについては報じられていません。

* その後の報道に基づき一部修正 (タイ時間 8:10)

posted by Jean T. at 00:54| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南部情勢 (25日)

・25日3時過ぎ、パッターニー県コークポー郡内で学校が放火されほぼ全焼。少なくとも5人以上と見られる実行グループは、消火作業の為に駆けつける車輌等の進行を妨害する為に路上脇の立木を倒して逃走。この火災により12月に入って合計16校が南部国境三県域内で放火。

・25日朝、パッターニー県県都内中心部で、バイクで路上を走行中だった29歳の軍関係者が、バイクに乗った二人組(報道によりバイクに乗った人数不明の一味)に銃撃され死亡。

・25日朝、パッターニー県ノーンヂック郡内で、子供を学校に送り届けバイクで自宅に向かっていた34歳の仏教系住民男性が、バイクに乗った二人組に銃撃され死亡。

・25日昼過ぎ、パッターニー県県都内中心部で、バイクで路上を走行中だった36歳のイスラム系住民男性が、バイクに乗った二人組に銃撃され死亡。男性は郡庁次官事務所の臨時職員。

・25日19:00頃、ヤッラー県バンナンサター郡内で、イスラム系住民二人が礼拝を終えモスクから出てきたところで、バイクに乗った二人組に銃撃され一人が死亡し一人が重傷。

posted by Jean T. at 00:52| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チァン・マイ県内でまた地震を観測

 気象当局は25日、24日19:10にマグニチュード2.8の地震、25日0:02に同2.2の地震をチァン・マイ県内で観測した事を明らかにしました。

 今回の観測された地震は、何れも同県メーリム郡を震源地とするもので、13日に発生したマグニチュード5.1の地震の余震と見られているようです。

 尚、この地震による被害は確認されていません。

posted by Jean T. at 00:49| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。