2007年01月24日

首都圏連続爆破、一部の容疑者が容疑事実を認めたとする報道を否定

 国家安全保障評議会のアヌポン副事務局長(陸軍副司令官)は24日朝、首都圏連続爆破事件に絡んで身柄拘束された容疑者の内の一部が事件への関与を認める証言をしていると報じられていることに関して、事実ではないと否定しました。

 尚、スラユット首相は23日、ゴーウィット国家警察本部長からロッブリー県内の容疑者の立ち寄り先から爆発物の製作に使用されたと思われるリード線等の証拠物件を押収しているとの報告を得ている事を明らかにしていました。

 一方、前日に3-4人の容疑者に対して立件が可能であるとの認識を示した事に関しては、事件の首謀者に結びつく証言が得られる可能性に関しては依然不透明ながら、少なくとも事件に関与した容疑での立件は可能で有るとの認識を示していました。

posted by Jean T. at 15:26| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首都圏連続爆破、3-4人に対して立件が可能

  国家安全保障評議会副事務局長のアヌポン・パオヂンダー大将(陸軍副司令官)は23日、年末年始に首都圏内で発生した連続爆破事件に絡んで身柄を拘束された19人の容疑者に対して行われた事情聴取結果から、少なくとも内の3-4人について立件が可能であるとの心証を得ることが出来たことを明らかにしました。

 また、タクシン前首相暗殺未遂疑惑事件との繋がり、及び前政権関係者が背後で関与していた可能性に関しては、今後の捜査結果により部分的に関係する可能性はあり得るとの認識を示していました。

 尚、南部情勢との関係に関しては、極めて薄いとの心証を得ているとしたものの、完全に捨てきったわけではないと語っていました。

 また、でっち上げやスケープゴートを仕立て上げるために今回の身柄拘束が強行された可能性に関しては、警察内の精鋭177人で構成された専従捜査チームが周到に捜査を進めてきていることから、でっち上げ等はあり得ないとの認識を示していました。

 一部報道によると、23日朝にロッブリー県内で新たに空軍関係者1人の身柄が拘束されたことにより、23日現在軍関係者14人、一般人5人の合計19人が身柄を拘束されているようです。

 一方、一部報道がチャワリット元首相や同元首相に近いピラット・サワーミワット中将、パンロップ・ピンマニー大将が身柄を拘束された19人に含まれる、ないしは事情聴取を行う予定であると伝えている事に関しては、事実ではないと否定していました。

posted by Jean T. at 02:01| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

民主党幹事長、前首相そのものが国内情勢の煽動に関与

 民主党のステープ幹事長は23日、タクシン前首相が国内情勢を煽動する目的で自身の帰国の是非をネタに政治ゲームを仕掛けていると指摘しました。

 発言の中でステープ幹事長は、常に早期の帰国実現を希望していると語っていたタクシン前首相が、政府側が帰国実現に動き出しているのを見て、今度は国内の情勢を煽る恐れがあるとして安定するまでは帰国するべきではないと語っている事そのものが、まさしく国内情勢を煽動する目的で仕掛けた政治ゲームに他ならないと指摘した上で、政府に対して前首相の動静に過剰に反応する事無く法律に則り粛々と対策を講じていくべきであると指摘していました。

 一方、一部の高級官僚が前政権関係者が関与した汚職疑惑の解明を進めている国家毀損行為調査特別委員会の解明作業に協力する姿勢を見せていないとされている事に関しては、依然高級官僚の中にタクシン政権時代に恩恵を受けた者が少なからずいると指摘した上で、政府側は汚職の解明に協力しない行為も汚職と同様に国家に損害を与える行為であると理解し、その様な官僚に対して厳格に処分を講じるべきであると指摘していました。

posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ノーン・カーイ県内で家禽の鳥インフルエンザ感染を確認

 農協・協同組合省は23日、ノーン・カーイ県シー・チァン・マイ郡内の大量連鎖死した鶏から鳥インフルエンザの感染が確認された事を明らかにしました。

 今回の確認により、これまでにピッサヌローク県県都内プラーイチュムポン地区内に次いで二ヶ所目の感染確認という事になります。

 一方、ピッサヌローク県の保健当局は23日、肺炎の症状を訴え病院で治療を受けているナコン・タイ郡内在住の62歳の女性を鳥インフルエンザ感染疑い患者として監視している事を明らかにしました。女性は大量連鎖死した鶏との接触が確認されているとのこと。

posted by Jean T. at 01:58| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南部情勢(23日)

・23日1:30頃、ヤッラー県県都内にある生ゴム精製所の倉庫から火災が発生しほぼ全焼。警察側は、出火及び放火の両面で捜査中。

・23日16:30頃、ヤッラー県県都内で、授業を終えた10歳の息子(報道により娘)を後部座席に乗せバイクで路上を走行中だった47歳の仏教系住民男性が、バイクに乗った二人組に銃撃されバイクごと路上に倒れた所で、更に正面から来た車にひかれ死亡。10歳の息子はかすり傷程度の軽傷。

・23日夕方過ぎ、ナラーティワート県県都内で、バイクの二人乗りで路上を走行中だった27歳と26歳のイスラム系住民男性が、バイクに乗った二人組に銃撃され26歳の男性が死亡、26歳の男性が重傷。

・ヤッラー県県都内の警察は23日、分離主義組織関係者が24日に県都内で破壊活動を計画している恐れがあるとして、管下に対して県都内要所の警戒強化を指示。これは、同県ラーマン郡内に潜伏する組新興分離主義組織の幹部が県都内ユポー地区内で爆発物を使用した破壊活動に向けた謀議を行っていたとの情報当局からの情報に基づく措置。

 また、情報当局筋によると、12月29日に県都内で学校長及び教師の二人が射殺された上で、車ごと焼かれた事件も、同じ組織による犯行。

posted by Jean T. at 01:56| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。