2007年01月31日

デイリーニュース社、ラマガーデンH連続爆破事件、その後の報道

・警察の科学捜査班は使用された爆発物は、軍仕様のM79榴弾発射機を使用して撃ち込まれた小型榴弾であるとほぼ断定。(初期報道段階では軍の演習用に使用されていた小型榴弾と報じるものも)

・警察側は、デイリーニュース社とラマガーデン・ホテルの関係者に何らかの係争等の心当たりが無いか聞き込み調査を行うと共に、両所に設置されていた監視カメラ映像、小型榴弾が発射されたと見られるトールウェーの料金所に設置された監視カメラ映像、ラマガーデン・ホテル付近のトールウェー上に設置された監視カメラ映像等の解析を急ぐ。但し、ラマガーデン・ホテル付近のトールウエー上に設置された監視カメラは現場から300メートルと離れており、良好な結果を得られる見込みはかなり薄い。また、警察側は付近にある人気の無い小高い地点が発射地点として利用された可能性もあるとして、実行犯が立ち寄った痕跡が無いか並行して捜査を展開。

・民主党のステープ幹事長は、デイリーニュース社を狙った犯行との見方を示す。一方、同党のアピシット党首は政府及び国家安全保障評議会に対して、国民の生命・財産を脅かす自らが全責任を負うべき重大な犯罪であると認識するべきであると指摘した上で、警察への責任の擦り付けに終始するべきではないと指摘。

・国家警察本部のヂョンラック本部長補は、ゴーウィット本部長の信用失墜を狙った犯行との見方を否定。

posted by Jean T. at 01:54| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タ党解党審理、タンマラック前防相と面会したことを認める証言

 29日行われたタイ・ラック・タイ党の解党審理で、原告側証人として出廷した元タイ開発党所属下院議員候補のチャワガーン・ソーサワット氏は、タイ・ラック・タイ党党本部内で当時同党の副党首だったタンマラック・イサラーングーン・ナ・アユッタヤー大将(当時防衛大臣)及び当時党副幹事長だったポンサック・ラクタナパイサーン氏(当時運輸大臣)に面会し、4月2日に行われる総選挙への出馬を促され、更に防衛省内でタンマラック大将から下院選出馬に必要な資金を受け取っていた事を明らかにしました。

 チャワガーン氏によると、面会の席上でタンマラック大将側から、候補者資格要件に関してはいくらでも捏造できると言われたとのこと。

posted by Jean T. at 01:50| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南部情勢 (31日)

・29日20:30過ぎ、ヤッラー県県都内で、バイクに乗った二人組が茶店に向け爆発物を投げ込み、店内にいた村長一人を含むイスラム系住民三人が負傷。

・30日2:00頃、ソンクラー県サバーヨーイ郡内で、住民の家屋二軒が連続して放火され、何れも全焼。事件が発生した同郡ピヤン地区は、当局側が赤色地区に指定し警戒を強化していた。

 前日に仏教系夫婦二組が銃撃され三人が死亡したサバーヨーイ郡内では、仏教系住民が他県や他地区内の親戚の家に避難する動きが確認。連続放火事件が発生した地区内では三組の家族が家財道具一式を持って他地区の親戚の家に避難。

・30日9:00過ぎ、ナラーティワート県シーサコン郡内で、教師の警護作業にあたっていた当局関係者の車輌の通過に会わせ、路上脇に仕掛けられていた爆発物が爆発し、当局関係者10人が負傷(内2二人が重傷)。

・30日9:30頃、ナラーティワート県ルゥーソ郡内で、57歳の学校長が、付近に潜んでいた人数不明の一味に銃撃され軽傷。尚、初期報道では、バイクで学校に乗り付けた二人組の男に銃撃され校長が軽傷を負い、二人組は鋲等を路上に撒きながら逃走するも、付近一帯を封鎖し緊急配備体制を敷いた当局側により一人が逮捕されたと報じていた。

・30日16:30前、ヤッラー県県都内で、バイクで路上を走行中だった49歳の農業試験場職員男性が、バイクに乗った二人組に銃撃され死亡。

・パッターニー県の県知事は30日、29日に同県ノーンヂック郡内の郡警察署前で発生した容疑者釈放を要求する抗議活動に参加した住民の殆どが何らかの報酬を受け取って活動に参加していた事を明らかにすると共に、各関係当局に対して地域の住民に法的公正・法的手続きに関する正しい知識の普及に注力するよう指示した事を明らかに。

・スラユット首相が、王子の訪問にあわせて2月1日から4日の日程で南部国境三県域を訪問する事が明らかに。

posted by Jean T. at 01:47| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

民主党元下院議員の息子に37年の判決

 ミャンマー人女性労働者に対する強姦等で刑事起訴されていたウワンことセーンロート・ガーンヂャナ被告(36)に対する判決公判が30日スラッターニー県の裁判所で開かれ、裁判所側は全ての罪状に関して有罪と認め、既に確定している刑期を合算し合計で37年3ヶ月の刑を下しました。

 セーンロート被告の父親は、下院警察委員会委員長を務めた事もある元民主党所属下院議員のチュムポン・ガーンヂャナ氏。

 裁判所側は、強姦及びそれに伴う傷害、監禁行為全てについて有罪と認め、合計で26年の刑を言い渡した上で、被告側の証言が裁判の進行に貢献したことを情状酌量し20年に減刑した上で、既に税務署付き運転手殺害事件で言い渡されている17年3ヶ月を合算し、合計で37年3ヶ月の判決を言い渡しました。

posted by Jean T. at 01:43| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学生服姿でラブホテルを利用していた18歳と14歳のカップルを補導

 ナコン・シー・タンマラート県の青少年補導センターは30日、同県県都内のラブホテル内で高等職業訓練課程高に通う18歳の少年とマタヨン2年(日本の中学2年にほぼ相当)の14歳の少女を補導した事を明らかにしました。

 今回の補導は、学生服姿でラブホテルに入るカップルを目撃したとの通報に基づき実現したもので、センター関係者が客室内に入った時には両者とも殆ど裸の状態だったカップルは、記録を取られた上で、保護者及び学校関係者を交えた席上で注意勧告を受けた上で、少年側の方は即日放免と相成ったようですが、軍幹部の父親と教師の母親の間で育てられた少女の方は、両親側のショックが大きく、今にも少女に殴りかかりそうな怒りようだったことから、センター側で一時預かり、両親の気が落ち着いてから引き渡す予定になっているようです。

posted by Jean T. at 01:40| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一日平均12人の女性が強姦被害に

 公共保健省衛生局が行った調査で、2004年度に強姦被害にあった女性は一日平均12人にのぼり、更に15歳未満で強姦被害にあった女性が一日平均2人だった事が明らかになっています。

 これは性別間暴力に関する実態調査を行った結果明らかになったもので、この調査から女性5人の内1人が生涯の間に強姦被害にあう恐れがあり、また女性3人の内1人が生涯に男性による暴力被害にあう恐れがある事が明らかになっているようです。

 因みに、女性にあそこを切られてアヒルの餌にされてしまう男性は一日平均どれくらい居るんでしょうかね?(そう言えば、このページの初期の頃に、手術で再接合手術が出来ないようにする為に、切ったあれを風船に括り付けて空に飛ばしたという話があったのを思い出しました)

posted by Jean T. at 01:37| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。