2007年04月23日

前首相がイギリスのサッカーチームの買収に動く?

 23日付けNation紙4面に掲載された記事によると、かつてLiverpoolの買収に動いた(しかも微妙に国費を投下して)事でも知られるタクシン前首相が中東と中国のパートナーと共同でイギリスのサッカーチーム"Manchester City"の買収に動いているとの噂があるんだそうな。

 何でも、中東のパートナーとの協議を終えた後に、今週中にも中国に戻り同国のパートナーと共同出資による買収に向けた協議が行われる見通しになっているんだそうです。

 新憲法制定後の総選挙を意識した、金持ちは偉い人との誤った認識を持っている層に向け自らの存在をアピールする為の”広報活動”の一貫なんでしょうか?

 尚、前首相法律顧問のノパドン・パッタマ氏は、買収云々に関しては直接本人に確認しない限りは答える事は出来ないとしたものの、イギリス国内で何らかの投資を行う事はあり得ると語っていたようです。

参考
http://www.nationmultimedia.com/2007/04/23/politics/politics_30032435.php

posted by Jean T. at 10:36| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

防衛大臣、政府転覆の為の資金が旧政権党関係者に提供

 ブンロート防衛大臣は22日、旧政権関係者から政権転覆工作の為の資金が北部・東北部を地盤とするタイ・ラック・タイ党所属の元下院議員に支給されているとの情報は事実に基づくものである事を再確認しました。

 これは、旧政権関係者から元下院議員に1人あたり300万バーツの資金が内外から支給されているとの情報を政府側が掴んでいると報じられていたものを追認したもので、ブンロート防衛大臣によると、具体的な証拠を政府側は掴んでいるものの、まだ首相に報告がされていないため証拠の公開は現状では出来ないとのこと。

 尚、本件に関して資金洗浄調査委員会側は、かかる資金の流れを掴んでいるとの報道及びタイ・ラック・タイ党元下院議員への資金の流れの調査を行っているとの報道何れについても否定していました。

 一方、反タクシン派の大衆民主主義キャンペーンのスリヤサイ事務局長は22日、反クーデター・反政府系団体に新たな政府攻撃のネタを与えないためにも、政府側が掴んでいるとされる資金の流れを証明する資料を国民に公開するべきであると指摘していました。

posted by Jean T. at 02:34| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スワン・ドゥシット、対立を止め話し合いによる情勢解消に努めるべき

 スワン・ドゥシット・ポールが全国4,297人を対象に行った意識調査で、回答者の70%強が現在の政治に多少の問題があると認識し、35.86%の回答者が政治的な問題は政治家同士の対立を始めとする国内の対立構造に起因していると回答し、以下政治的な勝利の模索行為(29.14%)、経済的利権の模索行為や汚職(20.29)、集会や人員動員、デマの流布行為(10.03%)と回答していた事が明らかになっています。

 また、不安定な政治情勢を解消する為には何をすべきかとの問いに対しては、回答者の47%強が政治家は対立・相互攻撃を止め話し合いによる解決を図るべきと回答し、以下政府及び国家安全保障評議会は互いの役割を明確にすると共に対立の解消に努めるべき(28.16%)、政府及び国家安全保障評議会は国内問題の解決に努め早期公約実現を目指すべき(13.31%)、早期の憲法制定及び早期の総選挙実施(7.21%)、政治情勢に対する正しい情報を伝える為の公報強化(4.29%)と続く結果になったようです。

posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首相、5月28日から中国を公式訪問

 スラユット首相が5月28日から31日の日程で中国を公式訪問する事が明らかになっています。

 これは、22日に同首相が中国大使館内で同国大使と昼食を共にした際に、ヨンユット政府報道官が記者団に明らかにしたもの。

posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南部情勢 (21-22日)

・21日夜半、国境警備警察の特務部隊はソンクラー県テーパー郡内の食堂内で12人の若者グループを麻薬使用の現行犯で逮捕。この逮捕は不審な若者グループの常連客がいるとの住民からの通報に基づく内偵捜査により実現したもので、当局側は逮捕された若者グループが南部に於ける一連の不穏な動きに関与している疑いがあると見てパッターニー県ノーンヂック郡内にあるインカユット司令本部に身柄を送致し取り調べを行う方針。

・21日夜半、ヤッラー県県都警察は、県都内サテンノーク地区内で21歳の男2人を南部に於ける一連の不穏な動きに関与した容疑で逮捕しM16ライフル用銃弾3発等を押収。2人は何れも地域内における実行部隊の取りまとめ役と見られる。

・22日9:00過ぎ、パッターニー県ヤリン郡内で、米を精米施設に運ぶためにバイクの二人乗りで路上を走行中だったイスラム系住民夫婦が、バイクに乗った二人組に銃撃され46歳の夫が死亡し妻が重傷。

・22日昼前、ヤッラー県ラーマン郡内で学校が放火され、住民総出で消火作業にあたりボヤ程度で消し止められる。実行グループは路上に偽爆弾等を放置しながら逃走。当局側は、当日早朝に付近に住むイスラム系住民1人が一連の不穏な動きに関与した容疑で逮捕された事に対する復讐との見方。

・22日昼過ぎ、ナラーティワート県ランゲ郡内で、23歳のイスラム系住民男性が食堂で食事を終え帰宅の途につこうとしたところで、バイクに乗った二人組に銃撃され重傷。

・22日昼過ぎ、タイ国鉄は、14日に走行中の列車が銃の乱射を受け女児と乗車勤務中の国鉄職員が負傷した事を受け一時運休措置が講じられていたヤッラーからスンガイ・ゴーロック間の列車の運行を再開。

・22日昼前、ソンクラー県県都内で学校から出火しほぼ全焼。当局側は、仏像が安置してある部屋が火元になっていることから、仏像の脇に点した蝋燭の火が原因である可能性が高いものの、当日は学校が休みで校内に人気がなかったことから放火の可能性も否めないとの見方。

・22日19:00前、パッターニー県のガポー郡、サーイブリー郡及びマイゲーン郡内で、連続して人数不明の一味が軍の臨時駐留地に向け銃を乱射し、銃撃戦を展開した後に逃走。3件の銃撃戦による人的な被害は無し。当局側は、域内に拠点を置くRKK関係者が、潜在力を誇示する為に訓練を兼ねて銃撃したとの見方。

・22日19:30過ぎ、ナラーティワート県スンガイ・パーディー郡内で学校が放火されほぼ全焼。更に、人数不明の一味が放火発生を受け周辺の捜索作業に乗り出した軍関係者に向け銃を乱射し、約5分間に渡って銃撃戦を展開した後に逃走。この放火・銃撃戦による人的な被害は無し。

・22日20:00過ぎ、ヤッラー県県都内で、人数不明の一味が小規模発電設備の警戒作業にあたっていた軍関係者に向け銃を乱射し、数分間に渡って銃撃戦を展開した後に逃走。人的な被害は無し。

・22日21:00前、ヤッラー県バンナンサター郡内で、路上脇に潜んでいた人数不明の一味が、検問作業にあたっていた軍関係者に向け銃を乱射し、約5分間に渡って銃撃戦を展開した後に逃走。この銃撃戦で軍関係者1人が負傷。

posted by Jean T. at 02:00| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チァン・ラーイでマグニチュード4.5の地震を観測

 気象当局は22日、同日13:18にチァン・ラーイ県ウィヤン・パーパオ郡内を震源地とするマグニチュード4.5の地震を観測した事を明らかにしました。

 この地震の揺れはチァン・ラーイ県やパヤオ県内で感じることができたようですが、揺れによる被害は確認されていないようです。

posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今度は乗り合いワンボックスカー運転手が乗客女性を強姦

 警察は22日午後、乗客の女性(25)を強姦した容疑で25歳の乗り合いワンボックスカーの運転手を逮捕しました。

 男は取り調べに対して、容疑を認めた上で今回が初めての犯行であると証言しているようです。

 調べによると、男は21日23:00頃、ブリラム県に帰郷する為にモーチット・バスターミナル行きの乗り合いワンボックスカーに乗車していた女性に対して、乗客が女性だけになった機会を利用して、方向転換してランシットのフューチャー・パーク付近の人気の無いところまで女性を連れて行き、そこで2回に渡って強姦した上で携帯電話や現金等を強奪し、女性を大通りで降ろした上で逃走していたようです。

  女性が強姦される直前に電話を受けたという実姉によると、「何をするの」という女性の声とそれに続く叫び声が聞こえた後に電話が不通にになっていたようです。

参考
乗客の女子学生を強姦しようとしたバス運転手を逮捕

posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。