2007年05月02日

今度は前首相がタイ・プロゴルファー協会会長に

 国家安全保障評議会のソンティ議長は1日、タクシン前首相がタイ・プロゴルファー協会の会長候補に選出されたと報じられていることに関して、奇妙且つ滑稽な話であるとした上で、おそらく同協会への最大出資者であるタクシン一族系のタイコム財団が何らかの形で今回の選出に関与しているのではないかとの認識を示すと共に、この選出に関与した者達は、己のいかれた精神を直すために精神科医に見て貰うべきであると指摘しました。

 タクシン前首相がタイ・プロゴルファー協会の会長に選出されたとの情報は、同前首相のゴルフ仲間で元タイ・ラック・タイ党副幹事長(元運輸大臣等)のポンサック・ラクタポンパイサーン氏によって明らかにされたもので、タイ・ラック・タイ党報道官のシター・ティワーリー氏は1日に、同前首相が協会長に選出された事を確認した上で、今回の候補者推挙や選出に党側は一切関与していない事を強調していました。

posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

民主党、前首相に対抗する為のPR会社との契約に反対

 民主党のアピシット党首は1日、先にスラユット首相がアメリカの企業を雇って政府攻撃に出たタクシン前首相に対抗する為にアメリカのPR会社と契約を締結する方針であることを明らかにした事に対して反対の意向を表明しました。

 発言の中でアピシット党首は、政府側が旧政権側の思惑に嵌められタクシン前首相に対する対抗措置を講じる事に固執する事は、国内対立の激化や、国際社会に新たな誤解をもたらす事に繋がる恐れがある指摘した上で、むしろ既存の外交チャンネル等を有効に活用して前首相によって国際社会にもたらされた誤解の払拭に注力するべきであると指摘していました。

posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南部情勢 (1日)

・30日21:00前、ヤッラー県バンナンサター郡内で学校が放火され全焼。同郡内は21:00から翌4:00までの夜間外出禁止令が発令中。

・ナラーティワート県の警察当局は30日夜半、スンガイ・ゴーロック郡内2ヶ所の民家で強制家宅捜索を行い、麻薬密売容疑で2人のイスラム系住民の男を逮捕すると共に、麻薬や銃器類複数点を押収。逮捕された2人は何れも県内の大物麻薬密売エージェントと見られており、警察側は今後麻薬や銃器類の入手経路等の追及だけでなく南部に於ける一連の不安な動きへの資金提供面を含めた関与に関しても捜査を広げる方針。

・1日未明、パッターニー県ノーンヂック郡内で、一連の不穏な動きに関与した容疑で前日に逮捕された男の釈放を要求する主に女性・子供で構成された住民約100人が郡警察署前の路上を塞ぎ抗議活動を開始。最終的に郡警察の指揮官が、逮捕された男が関与していない事が確認され次第身柄を釈放する事を約束し、住民側は9:00過ぎまでに散会。

・1日7:30前、ヤッラー県グロンピナン郡内で、バイクに乗った二人組がガソリンスタンで給油中だった仏教系住民一家に向け銃を発砲し、39歳の男性が死亡し、73歳の男性の実母、4歳と3歳の男性の娘及び18歳のガソリンスタンド従業員が負傷。

・1日8:30過ぎ、パッターニー県ノーンヂック郡内で、乗り合いバス用の待合いサーラー付近に仕掛けられていた爆発物が爆発し、サーラー内で休憩中だった軍関係者2人が負傷。

・1日10:00前、ヤッラー県ターントー郡内で、人数不明の一味が幹線道路上に鋲を撒くと共に、回収作業に現れた当局関係者を狙い携帯電話による遠隔起爆式の爆発物をしかける。幸い爆発物を発見した当局関係者側が一時避難中に爆発が発生した為人的な被害は無し。

・1日午後、ナラーティワート県ランゲ郡内で、バイクで路上を走行中だった24歳のイスラム系住民男性が、バイクに乗った二人組に銃撃され死亡。男性は、殺人未遂の容疑で昨年12月に逮捕状が発行されていた。

・1日午後、ナラーティワート県インゴー郡内で、バイクに乗った二人組が郡警察署前に設置されていた検問所に向け銃を乱射し、警察官1人が重傷。(初期報道段階では、人数不明の一味が郡警察署に向け銃を乱射し警察官1人が重傷。)

posted by Jean T. at 02:00| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トーンローでミャンマー人使用人が恋人と共謀して家主宅に強盗

 1日昼過ぎ、都内ワッタナー区ソーイ・トーンロー21内にある民家に強盗が押し入り、35歳の女主人に模造拳銃を突きつけた上で現金5,000バーツや携帯電話等を強奪し逃走するという事件が発生しました。

 尚、初期報道段階では、単独の強盗が居直って家主に拳銃を突きつけ屋内に籠城したと報じるものがありました。

 強盗に抵抗した際に刃物で切りつけられ負傷を負った、薬剤師でもある女主人によると、事件発生直前に友人の紹介で3日前に雇ったばかりの20歳くらいのミャンマー人の使用人が外からお腹が痛いと叫んだため、薬を準備して家の鍵をあけたところで30歳位の女の恋人に押し入られたようです。

 尚、二人組は、家主が隙を見て二回に逃げ込んだ後に逃走しているようです。

posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。