2007年05月11日

ルーシーダットン商標権問題、3月30日付けで取り消し決定

 昨年5月27日付けで本ページで取り上げましたタイ式ヨガとも称される「ルーシーダットン」の商標登録が日本国内で行われていた問題に関して、タイ商務省知的財産局からの異議申し立てに基づき日本の特許庁側が本年3月30日付けで商標の取り消しを決定し関係者に通告していた事が明らかになっています。

 この問題に関してタイ商務省知的財産局側は異議申し立ての中で、

・ラーマ1世の治世時に行われたタイ国内に点在していた医学知識の収集対象にルーシーダットンが含まれ、更にワット・ポー(ワット・プラチェトゥポン)建立時にルーシーダットンのポーズを模した像を作成し国内に広く普及させようと試み、その後ラーマ3世が一部損壊していたルーシーダットンの像に替わる像を新たに製作すると共に、用法に関する解説を表した詩を刻んだ石碑を設置し普及に貢献していた。

・ラーマ1世や3世により一度は体系づけられ国民に周知されていたルーシーダットンは、その後設置された像や石碑の多くが破損、盗難等にあうなどの事情により一時資料が散逸し、本来の型や効能等が不明になるという事態に陥ったものの、その後タイ政府は1993年から2004年までに渡る伝統医学知識復興プロジェクトにより、散逸した知識を再収集し再度体系化させると共にトレーニングコースの開設や書籍の出版、博物館における模型の設置、イベントの開催や普及促進グッズの販売等により再普及に努めている。

・タイ政府はルーシーダットンを含むタイの伝統的医学知識を貴重な知的財産と位置づけ、保護・普及を目的とした伝統的医学知識の保護及び促進に関する法律を1999年1月1日に公布している。

・ルーシーダットンは、タイ及びタイ国民の間で大切に守られてきた伝統的医学知識の一つとして、国王・政府が復興、普及に努めてきたきたタイ及びタイ国民の文化的遺産であると判断されるべき。

とした上で、商標登録者が日本国内で商標登録がされていない機会を利用し利益機会を得る目的で商標を出願し登録を得た行為は、タイ及びタイ国民の尊厳、国民感情からみて国際信義に違背する恐れがある穏当ならざるものであり、また、このような行為に基づいて登録された商標を商標権者が独占して採択、使用することは公正な取引秩序を阻害するおそれがあると主張。

 一方、商標権者側は意見書の中で、

・ルーシーダットンは、タイ国内の限られた地域の者が知っている程度の全国的に周知されたものではなく。また自己整体法を意味するものと認知されていない。

・商標権者は100以上の講座等を通してルーシーダットンの普及に努め「タイ式ヨガ」として周知著名にしてきた。

・商標権者が普及活動により周知著名にし、慣れ親しまれてきた語句の保護を求めて出願したものであり、利益機会を得るために登録したものではない。

とした上で、今回の商標登録がタイの国民感情に反するとの認定は、仮想的前提に基づく証拠のないもので、また一地域に古代から伝承する自己整体法という概念も、タイ全体で認知されていない一般タイ国民の文化感を構成しているとは認めらず、タイ全体の文化的遺産という認定は過大拡大な解釈で、国際信義に反するとは言い得ないと主張。

 両者の異議・意見を受け特許庁側は、

・タイ国王が国民の健康維持の為に伝統的な医学知識を体系化し普及に尽力し、その後政府が法律を制定し復興・普及に努めている。

・また、ラーマ3世が設置した石碑や像に、ルーシーダットンはタイ及びタイ国民の歴史的遺産であり特定の者に対して与えられものではないとの記述があると共に、タイ政府側が法律を制定し保護・普及に努めている。

・立憲君主制であるタイ国民の国王や王室に対する畏敬の念を考慮しても、タイ及びタイ国民の公共の文化的な財産というべきものである。

とした上で、商標権者側に登録出願した意図に悪意が無かったとしても、タイと関係を有しない又はタイ国民でもない商標権者が、在籍していたワット・ポー・トラディッシュナル・メディカル・スクールに無断で商標権を得た行為は、客観的にルーシーダットンの普及活動の為に海外から多数の研修生を受け入れているワット・ポー・トラディッシュナル・メディカル・スクール及びタイ、タイ政府との信義誠実の原則に反し、且つかかる商標を日本国内で登録する事は日本とタイとの国際信義にも反すると判断し、今回の取り消し決定となったようです。

 尚、本通知の原文は特許電子図書館のHPから、ルーシーダットンの原商標登録番号である2005−024952、2005−024969で参照可能なようですが、10日現在まだ掲載されていないようです。

 また、本件についてタイ商務省知的財産局に引き継がれるまでタイ国政府観光庁と一緒に動かれ、また、詳細な経緯を私宛にお教え頂いたタイ古式セラピースクール・ロイクロ日本校代表の岩原様のページでも本件に関する経緯を参照する事が可能です。

 このページを借りて詳細な経緯情報をご提供頂いた岩原様に感謝の意を表させていただきたいと思います。

posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソンティ議長、首相は任期を全うするべき

 国家安全保障評議会のソンティ議長は10日、スラユット首相は与えられた任期を全うするべきであるとの認識を示し、同議長が首相降ろしに動いているとの噂を否定しました。

 この発言に先立ち、首相代行に就きたいとのソンティ議長の野望を実現する為に、スラユット首相に辞任圧力をかける目的で同首相の罷免を要求する反タクシン派の市民グループと直接面会したとの憶測が飛び交っていました。

 発言の中でソンティ議長は、首相に国内問題解決を委ね任期を全うさせるべきであるとするチャート・タイ党のバンハーン党首の発言を支持した上で、残された任期も限られていることから首相が交替する事は国内問題解決推進の為にも得策ではないとの認識を示していました。

posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南部情勢 (10日)

・10日6:00過ぎ、パッターニー県県都内中心部で、路上脇に仕掛けられていた爆発物が托鉢僧の警護作業にあたっていた軍関係者の通過に会わせ爆発し、軍関係者2人が軽傷。

・9日にナラーティワート県ランゲ郡内で発生した軍関係者7人が死亡する爆破事件に絡んで、10日朝までに現場付近で2人の容疑者が逮捕され武器類が押収。

・ヤッラー県バンナンサター郡内で路上を封鎖し座り込み抗議活動を展開してた住民達は10日午前、要求事項の一つである地域に駐留している軍の他地区への移動を軍側が受け入れると共に、残りの10人の容疑者が今週中に釈放される見通しになった事を受け散会に応じる。尚、バンナンサター郡及びターントー郡内複数箇所で展開されていた他の座り込み抗議活動は、強制排除に乗り出すとの副県知事側の最後通告を受け入れ9日夕方までに散会済み。この散会を受け長期間不通になっていた401号線ヤッラー・ベートン間が全面的に通行可能に。

・10日昼過ぎ、ナラーティワート県ルゥーソ郡内で、バイクで路上を走行中だった年齢不詳の仏教系住民男性が、バイクに乗った二人組に銃撃され死亡。

・10日昼過ぎ、ナラーティワート県県都内で、約100人の主に女性・子供で構成された住民が道路を塞ぎ、5日に逮捕された容疑者5人の釈放を要求し座り込み抗議活動を開始。容疑者5人は、大量の刃物を所持していたとして事情聴取の為に身柄拘束されていた。

・国家安全保障評議会のソンティ議長は10日、近日中にサウジアラビアを訪問し、同国の首相との間で両国軍の協力関係の強化及び関係改善に向けた話し合いを行う他、先にタイを訪問したイスラム諸国会議機構の事務局長からの招聘に基づき同事務局長と南部情勢を中心とした意見交換を行う予定であることを明らかに。

posted by Jean T. at 02:00| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。