2007年05月24日

南部情勢 (22-23日)

・22日夜半、ナラーティワート県バーヂョ郡内で、人数不明の一味が国境警備警察隊の臨時駐留地に向け小型榴弾2発を投げ込んだ上で、路上に鋲を撒きながら逃走。人的な被害は無し。

・22日夜半、ナラーティワート県インゴー郡内で、同一グループと思われる人数不明の一味が学校2校を放火し、更に郡内にある電源施設に向け銃を乱射し一時郡内が停電。

・22日夜半、パッターニー県ノーンヂック郡内で、バイクで路上を走行中だった40歳の仏教系住民男性が、路上脇に潜んでいた人数不明の一味に銃撃され死亡。実行グループは路上に偽爆弾を放置しながら逃走。

・22日夜半、パッターニー県ガポー郡内で、人数不明の一味が軍の臨時駐留地に向け銃を乱射し、銃撃戦を展開した後に逃走。人的な被害は無し。

・23日6:30前、ヤッラー県県都内で、バイクで路上を走行中だった45歳(報道により56歳)の県都行政組織の保健担当職員男性が、バイクに乗った二人組に銃撃され死亡。

・23日7:00過ぎ、ヤッラー県ターントー郡内で、人数不明の一味が路上の警戒作業にあたっていた軍関係車両の通過に合わせて路上脇に仕掛けていた爆発物を爆破させると共に銃を乱射し、約10分間に渡って銃撃戦を展開した後に逃走。この爆破・銃銃撃戦により軍関係者4人が負傷、内1人が重傷。(初期報道の中には死亡4、負傷3と報じるものも)

・23日7:30前、ヤッラー県ヤッハー郡内にあるゴム農園内にある民家で、15歳から56歳のイスラム系住民一族4人(報道により5人)の死後12時間(報道により6時間)以上経っていると見られる射殺体が発見。付近の住民の証言から前夜に顔を隠し黒服を着た集団が一家に向け銃を乱射し殺害した上で民家に火を放ち逃走。

 更に、この事件の現場検証を終えた当局関係車両の通過に合わせ、人数不明の一味が路上脇に仕掛けていた爆発物を爆破させると共に当局関係車両に向け銃を乱射し、約5分間に渡って銃撃戦を展開した後に逃走。この爆破・銃撃戦により当局関係者4人が軽傷を負い、一味側1人が死亡。

・23日16:30前、ナラーティワート県ランゲ郡内で、バイクで路上を走行中だった42歳の建設作業員男性(イスラム教徒)が、バイク二台に分乗した4人組に銃撃され重傷。男性はイスラム系の学校の増築作業に従事していた。

posted by Jean T. at 02:00| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サタヒップで変なイタリア人を保護

 警察は23日、チョンブリー県サタヒップ郡内で、路上脇で寝起きしていた意地でもタイで製造された靴を履かないと言い張る40歳のイタリア人男性を保護しました。

 この保護は、男性が寝起きしていた道路脇の近くでグワイティヤオ屋を経営している男性から水浴びもせず靴を履くことを拒んでいる変な外国人が道路脇で寝起きしているとの通報を受けたもので、男性は4日位前に保護された場所付近に現れ、当初は道路の中央分離帯で寝起きしていたようですが、近隣住民が他の場所へ行くように促しても聞く耳を持たず、また不憫に思った住民が水を差しだしても、タイ人のサービス精神はなっていないと言って捨てるありさまで、いまや誰も男性の相手をしない状況だったようです。

 保護された男性は警察の事情聴取に対して、パッタヤーかた歩いてここに来た。靴を履かないのはタイで製造されたものの品質がわるいからで、これから徒歩でチァン・マイに向かい、そこからミャンマーに渡ってそこでミャンマー製の品質の良い靴を買いに行くつもりだったと言い張っていたようです。

 最終的に警察側は男性の言い分を受け入れ、バスターミナルのチァン・マイ行き長距離バスの待合い場所に連れて行ったようです。

posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パトゥムターニーで強盗が銃を乱射し警察・市民4人が死亡、強盗は射殺

 バンコク隣県のパトゥムターニー県の県警察本部は23日午前、同日未明にクローン・ルワン郡内にあるタラート・タイの入り口道路付近で、警察の職務質問を振り切って銃を乱射しながら逃走していた強盗団のメンバーと思われる20歳の男が警察側に射殺された事件に絡んで、当時男と一緒にいたと見られる2人ないしはそれ以上の仲間の男の行方を全力をあげて負っている事を明らかにしました。

 事件は、23日3:00過ぎ頃、タラート・タイ付近をバイクで走行していた強盗と思われる不審な男を事情聴取の為に同所内にある派出所に連行し持ち物検査を行おうとした所で(報道によっては、長時間放置されていたバイクを回収・保管していた派出所に、バイクを引き取るために不審な男が警備員に伴われて派出所に現れた際に、警察側が職務質問の一貫として持ち物の検査をしようとした所でと報じるものも)男が持ち物検査を拒否すると共に傍らにいた警備員にナイフで切りつけ派出所から脱出し、追ってくる警察官や車を明け渡す事を拒否した小型トラックの運転手、逃走経路を走行中だったドリアン商人が運転する小型トラック等に向け銃を乱射しながら逃走し、6:30過ぎ頃に追ってきた警察に取り囲まれ警察側と銃撃戦を展開している最中に、応援の為に現場に駆けつけていた警察の射撃手により男が射殺されたというもので、逃走中に男が発砲した銃弾により警察官1人、警備員や商人等一般人4人が死亡し、警察官2人を含む10人前後が負傷を負っているようです。

 警察側は、男の持ち物の中から銃弾や3発の手投げ弾の他に自動車を狙った強盗団が使用する鍵開け用のツールが入っていたことから、男が自動車を狙った強盗団の一味であると見て、当時一緒にいたと見られる2人ないしはそれ以上の仲間の特定、逮捕を急ぐとしているようです。

 尚、23日夕方前までに行われたバンコクにある男のアパートの自室で行われた家宅捜索では、大量の銃弾やナイフ等が押収されたものの、男が首都圏を狙った不穏な計画に関与していた事を臭わす物件は発見されていないとのこと。

 また、男の姉によると、男はアパートの部屋に一人でこもって銃器関係の本を読みあさったり、射撃関係のコンピュータゲームにふける事を好んでいたようです。

posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

警察大佐射殺事件の実行犯に逮捕状

 首都圏警察本部のアディソン本部長は23日午前、同本部第9分署に所属する副指揮官クラスの警察大佐が22日夜半に射殺され、更に一緒にいた一般市民等4人が死傷した事件に関与した容疑でチァン・マイ県出身のモントリー・セーンカム容疑者(40)に対する逮捕状を取得した事を明らかにしました。

 事件は22日22:00過ぎ、バンコクのバーン・クン・ティヤン区サメーダム地区ソーイ・エーカチャイ69内にある4階建ての商業用ビル前で、首都圏警察本部第9分署に所属するプラポン・ゲーンゴーソン警察大佐等がナンバーを付けていないBMWに乗った男に銃撃され、同警察大佐や運転手の上級巡査部長及び輸入電化製品等を扱う商店のオーナー女性が死亡し、警察中佐及びオーナー女性の夫(報道により弟)が負傷を負ったというもので、オーナー女性の夫の証言等から、当時警察大佐等と一緒にいながら難を逃れていたいたオーナー女性の妹の元夫で射撃の名手としても知られていたモントリー容疑者の名前が浮かび上がり今回の逮捕状発行となったようです。

 警察側は、元妻ながら子供の面倒を見るために依然モントリー容疑者と同居状態にあったオーナー女性の妹とプラポン警察大佐が4年前から交際していた事から、男女関係のもつれが犯行の背景にある可能性が高いとしているものの、同警察大佐が重要事件の捜査に関与しており、特にタクシン前首相爆殺未遂疑惑事件に関しては軍関係者の容疑者に対する事情聴取を担当していた事から、同警察大佐が関与している捜査案件絡み及び個人的な係争絡みの線も含めて捜査を展開しているとしているようです。

 一方、この事件の発生を受け国家警察本部のセーリーピスット本部長代行は23日朝、管下に対して全力を挙げて容疑者を逮捕するよう檄を飛ばすと共に、仮に容疑者が銃で反撃してきた場合は撃ち殺しても構わないと通達しているようです。

posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドーナツ工場経営者夫婦がピックアップに乗った集団に銃撃

 23日未明、ガーンヂャナブリー県タームワン郡内の路上で、小型トラックに乗った3人以上と見られる男が、小型トラックで製品の配送中だったドーナツ工場の経営者夫婦に向け銃を乱射し、妻(30)が死亡し夫(33)が重傷するという事件が発生しました。

 警察側は、商売絡みないしは男女関係絡みの両面から捜査を展開しているとしているようです。

posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。