2007年05月27日

反クーデター系団体、30日に大規模集会

 反クーデターを標榜する独裁制に反対する土曜日の人々は26日、二大政党に対する解党の是非に関する判断が憲法裁判所より下される30日に、サナームルワンで反クーデター系12団体合同で大規模な集会を開催する方針を明らかにしました。

 幹部のスットチャーイ・ブンチャイ氏は発言の中で、二大政党に対して解党、政党幹部に対して5年間の政治活動禁止及び新党設立の禁止措置が講じられる判決が下される、ないしは政党の党首・幹部だけに対する処分だけが下される何れのケースでも国民の多くが納得できず、また多くが独裁体制側がタクシン前首相及びタイ・ラック・タイ党に対して意図的に不公正な判断を下させたとの認識を持ち、これらの不満が爆発し確実に情勢が激化すると指摘した上で、集会には二大政党に対する判決に不満を持つ層だけでなく、タイ・ラック・タイ党に対する判決に不満を持つ大勢のタクシン支持派が「民主主義を信奉する層」として集会に確実に合流するとの見通しを示していました。

 しかし、集会においては国王の思し召しを心に抱き平穏を旨に集会を開催する方針を確認すると共に、31日に開催が予定されているPTVの集会に合流する可能性に関しては、今後12団体の幹部と協議の上で方針が決定される見通しになっていると語っていました。

 一方、判決後の31日に集会の開催を計画しているPTVのヂャトゥポン副会長(元タイ・ラック・タイ党副報道官)は、31日の集会では30日の判決結果に関係なく反独裁制をメインにした従来通りの集会の開催を計画している事を再確認した上で、仮に前日に集会を開催する反クーデター系12団体や集会の参加者がそのままPTVの集会に合流する場合は、憲法裁判所の判決結果がメインテーマになる事もあり得ると語っていました。

posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナコンパトムで車の下からC4爆弾、テロの可能性は否定

 26日朝、バンコク隣県のナコンパトム県県都内中心部のプラパトム・チェディー近くの市場付近に駐車してあった小型トラックの下部にC4爆弾が仕掛けてあるのが発見され、当局側により安全処理されました。

 処理されたC4爆弾は0.5ポンド重量のもので、仮に爆発した場合は100メートル四方に被害を及ぼす可能性があったようです。

 発見されたC4爆弾は携帯電話を遠隔操作装置として使用して起爆する方式になっており、警察側は、発見された小型トラックの持ち主で第一発見者でもある35歳の男性の証言から前日夜半に自宅で飼っている犬が激しく吠えていたことが確認されていることから、約1ヶ月前に男性との間でトラブルがあった近隣住民が仕掛けた可能性が高いと見ているようです。

posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新空港からタクシーを利用する外国人観光客相手に窃盗を働いた男女4人を逮捕

 観光警察は26日、スワンナプーム新国際空港を舞台に共謀してタクシーを利用する外国人観光客相手に窃盗を働いていた容疑で、27歳から38歳までの女3人、男1人の容疑者を逮捕した事を明らかにしました。

 4人は何れも非正規タクシー業者で、現金等861,000バーツを強奪されたイギリス人男性によると、女の容疑者が新国際空港内で声をかけ、その後男の容疑者が運転するタクシーでレストランに連れて行き、そこで被害者に薬物を仕込んだビール等を飲ませ意識を喪失させた上でアパートに連れ込み、被害者の手足を縛り現金等を強奪するという手口で犯行に及んでいたようです。

posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南部情勢 (25-26日)

・25日16:00前、パッターニー県県郡内で、バイクで路上を走行中だった職業訓練校の男性教師(32)が、バイクに乗った二人組に銃撃され死亡。

・25日20:00前、パッターニー県ノーンヂック郡内で、徒歩で学校の警備作業に向かう途上だった村自警組織に所属する37歳(報道により40歳)のイスラム系住民男性が、路上脇に潜んでいた人数不明の一味に銃撃され重傷。

・25日20:00前、ヤッラー県グロンピナン郡内で、バイクで路上を走行中だった29歳のイスラム系住民男性が何者かに銃撃され死亡。男性は村長の甥。

・26日早朝午前、ナラーティワート県県都内で、車で路上を走行中だった41歳(報道により44歳)の村長が、小型トラックに乗った人数不明の一味に銃撃され死亡。

・26日早朝午前、ナラーティワート県ヂョアイローン郡内で、ゴム農園に作業に向かうためにバイクで路上を走行中だった77歳のイスラム系住民男性が、何者かに銃撃され死亡。

・26日早朝、ナラーティワート県ルゥーソ郡内で、徒歩で村道を歩いていた23歳(報道により25歳)のイスラム系住民男性が何者かに銃撃され死亡。 男性は当局の情報要員だった。

・26日8:00過ぎ、ヤッラー県ヤッハー郡内で、人数不明の一味が路上で検問作業中だったレンジャー部隊員に向け銃を乱射し、約5分間に渡って銃撃戦を展開した後に逃走。この銃撃戦でレンジャー部隊関係者2人(報道により1人)が軽傷。

・26日午前、ナラーティワート県ルゥーソ郡内で、学校が放火されほぼ全焼。実行グループは鋲を路上に撒きながら逃走。

posted by Jean T. at 02:00| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。