2007年07月14日

南部情勢 (13日)

・12日夜半、ナラーティワート県ランゲ郡内で、モスクでの礼拝を終えバイクで妻が埋葬されている墓所に向かっていた37歳のイスラム系住民男性が、付近に潜んでいた人数不明の一味に銃撃され死亡。男性の妻は、昨年何者かに銃撃され死亡していた。

・13日6:30前、ナラーティワート県ランゲ郡内で、ゴム農園に作業に向かうためにバイクの二人乗りで路上を走行中だった村長(報道により副村長)夫婦が、小型トラックに乗った4-5人組に銃撃され、48歳の副村長が死亡。妻は、バイクが転倒したさいに軽傷を負う。

・13日正午前、ソンクラー県サバーヨーイ郡内で、バイクで路上を走行中だった28歳の仏教系住民男性が、バイクに乗った2人組に銃撃され死亡。男性は、南部国境県正常推進統括指令本部が進める雇用推進策により職を得ていた。

・13日12:30過ぎ、パッターニー県ヤッリン郡内で、民家付近に仕掛けられていた爆発物が爆発し、民家前で談笑中だった31歳の副村長(イスラム教徒)及び28歳と18歳のイスラム系住民男性が重傷。爆発が発生した民家はモスクから約100メートル離れた場所にあり、爆発が発生した当時、付近は金曜礼拝の為にモスクへ向かう住民等の往来で賑わっていた。尚、報道により爆発が発生した民家の45歳の家主の男性も負傷を負い合計4人が負傷を負ったと報じるものもあるが、その後の別報道で当時家主がモスクに出かけていた為無事だった事が確認されている。

posted by Jean T. at 02:00| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コラートで中高生300人がカラオケ校長の解任を要求

 13日午前、ナコン・ラーチャシマー県県都内中心部にあるスラナーリー・ウィタヤー校前に、同校に通う生徒約300人が集まり、学生から徴収した教育振興費用を流用して教師の為にカラオケルームを校内に設置した校長の解任を要求する抗議活動を行った。

 生徒側によると、約1年前に問題の校長が就任して以来、教育用備品の購入や施設建設に使用するとの触れ込みで生徒から200バーツから500バーツの単位で徴収が行われていた「教育振興費用」を流用して校内にある教師用宿舎にカラオケルームを設置し、それ以来教師が授業時間中に授業やスポーツの振興そっちのけでカラオケに興じるようになった影響で、まともな授業が行われていなかったばかりか、時には生徒にカラオケルーム内で酒等の給仕をさせたり、気に入らない教師を不当に解職したり他校へ異動させたりしていたという。

 更に、校長はカラオケルームだけでは飽きたらず、今度はフィットネスルームまで設置しようとしており、本来教育振興費用で賄われる筈の教育に必要な備品等を生徒の自腹で購入しなければいけない状況にあるという。

posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

60代女性がミニバスに轢かれ死亡、運転手は逃走

 13日早朝、バンコク隣県のサムットプラーガーン県プラプラデーン郡内で、60歳位の身元不明の女性が6番路線を走行する緑のミニバスに轢かれ死亡するという事故が発生した。バスの運転手や車掌は野次馬に紛れて現場から逃走した。

 目撃証言から、女性が道路を横断中に高速で走行中だったミニバスに轢かれたと見られる。

 一方、バンコクのサパーン・スン区内では同日早朝、道路を横断中だった26歳の男性が93番路線を走行するバンコク大量輸送公社直営のバスに轢かれ死亡するという事故が発生した。

 酒に酔った男性が前後不覚の状態で走行中の車を交わしながら道路を横断しようとしていたところが目撃されていることから、横断中にバスを避けきれずに轢かれたのではないかと見られている。

posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。