2007年07月15日

メーリムでM2.3の地震を観測

 14日、気象当局は同日16:19にチァン・マイ県メーリム郡内でマグニチュード2.3の地震を観測した事を明らかにした。尚、揺れによる被害は確認されていない。

 震源地は8日発生した地震と同じ地点と見られる。

 この地震の発生を受け情報通信技術省顧問のスミット・タンマサロー氏(元国立天然災害警報センター所長)は、今回地震が発生した地点周辺では断続的に地震の揺れが観測されており、将来的に同地点を震源とする強い揺れが伴った地震が発生するおそれがあると警告した。

posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

同盟、請願書の届け出を14日から16日に延期

 反独裁民主主義同盟は13日、14日に予定されていたプレーム枢密院評議会議長に冠されている偉功政治家の称号の剥奪を要請する請願書の王室事務所への提出を16日に延期した事を明らかにした。

 同盟非PTV系幹部のウェーン・トーヂラーガーン氏によると、今回の延期は幹部の多くが地方での活動の為に14日に都合がつかなくなった事を受けた措置で、また100人前後の関係者を引き連れて請願書の提出に向かう方針も見直し、当日は幹部8人だけで提出に向かう予定だという。

posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南部情勢 (14日)

・14日0:00過ぎ、ソンクラー県サバーヨーイ郡内で、バイクの2人乗りで路上を走行中だった30歳と25歳のイスラム系住民男性が何者かに銃撃され死亡。

・14日11:00過ぎ、ナラーティワート県ランゲ郡内で、バイクで路上を走行中だった66歳のイスラム系住民男性が、バイクに乗った2人組に銃撃され死亡。

・14日昼過ぎ、ソンクラー県テーパー郡内で、学校裏手にある木造2階建ての教師用宿舎が放火され全焼。幸い人的な被害は無し。

・14日14:00前、ナラーティワート県県都内の橋のたもと付近で、25歳から27歳位と見られる首を切断された男性の腐乱死体が発見される。その後付近に置いてあった肥料の袋に入れられていた頭部が回収された。遺体の状況から他の場所で銃殺され頭部を切断された上で遺棄されたと見られる。当局側は分離主義組織内同士の犯行との見方で捜査を開始。

posted by Jean T. at 02:00| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

強盗に襲われた老女を助けようとした男性が射殺、老女及び娘婿も死亡

 14日午前、ピヂット県サームンガーム郡内で、客を装って雑貨店に押し入った男が、店番をしていた72歳の女性の5バーツ重量の金のネックレスを強奪した上で、女性及び事件の発生を聞きナイフを持って強盗に向かってきた女性の娘婿(50、報道により59))に向け銃を発砲し、女性を射殺し娘婿に重傷を負わせ、更に助けを呼ぶ女性の叫び声を聞き店内に現れた男性を射殺した上で逃走するという事件が発生した。

 その後、重傷を負った娘婿も同日夜半、搬送先の病院で死亡した。

 死亡した男性は、付近の路上で甘菓子(カノム・レー)を販売していた所で女性の叫び声を聞き事件に巻き込まれた。尚、報道によっては行商の為に雑貨店内に入ったところで、事件に出くわし、女性の救援に向かおうとしたところで撃たれたとするものもある。

 警察側は、犯人が現場に置いていったバイクを手がかりに追っているという。

posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2人組のオカマ、現金欲しさににファランの家に押し入り大型金庫等を盗み出す

 14日早朝、チョンブリー県パッタヤー地区にあるスイス人男性(56)の住宅に押し入った2人組のニューハーフが、屋内にあった大型の金庫やノートパソコン、MP3プレイヤー、ゲーム機等を屋外に運びだそうとしていた所で、強盗に気づいた18歳のタイ人男性に阻止され、内1人が男性によって捕えられ警察に引き渡された。

 事件発生当時、家主の男性は所用の為にバンコクに出かけており、強盗1人を捕まえた男性は家主から留守中の住宅の面倒を任されていたという。

 尚、報道によっては、近所に住む44歳のドイツ人男性が強盗1人を捕まえ警察に引き渡したとするものもある。

 警察に引き渡された18歳(報道により19歳)のコーン・ゲーン県出身のニューハーフの男は警察の取り調べに対して、現在逃走中の17歳のニューハーフの男と一緒に暮らしながら、主に旅行者相手に売春をやって生計を立てていたが、ここに来て客がつかなくなり家賃の支払いにも困り始めたために犯行を思い立った。これまでにも同様な手口で犯行を繰り返し、盗んだ物は古物商に売却し現金に換えていたと証言しているという。

posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

都バスが18輪車に追突しバスの運転手が死亡

 14日5:30頃、バンコクのバーンケー区プッタモントン・サーイ2通りで、84番路線を走行するバンコク大量輸送公社委託運行のバスが前方でUターンの為に右折中だった8輪車両の右側面に追突し運転手(42)が死亡し、運転手の妻で車掌の女性(38)が重傷を負うという事故が発生した。

 バスは始発の停留所に向かう途上で、事故発生当時車内には乗客は乗車していなかった。

 18輪車両の運転手(22)によると、Uターンをする際に同乗していた妻を降ろし後続車両に一時停止を呼びかける手信号を送っていたが、無灯火且つ高速で走行していたバスがそれに気づかず追突したという。

 一方、チョンブリー県シーラーチャー郡内では14日昼前、小型トラック同士の正面衝突事故が発生し、4人が死亡し、11歳の少女と2歳の女児を含む5人が重軽傷を負うという事故が発生した。

 これまでの調べで、一方の車両には3人の死亡者を含む6人が乗っており、もう一方の車両には死亡した父親と2人の娘の3人が乗っていた事が確認されているが、死亡を免れた側の車両の運転手が重傷を負い入院中であるため事故原因に関しては依然不明だという。

posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プーケットでシンガポール人2人が高波に飲まれ死傷

 14日午後、プーケット県ガトゥー郡内にあるパートーン・ビーチで、シンガポール人男性2人(いずれも34歳)が高波に飲み込まれ1人が死亡し1人が重傷を負うという事故が発生した。

 調べによると、2人は県内のホテルで開催されていた観光関連のセミナーに出席する為に同地を訪問中で、折からの高波で遊泳禁止の赤旗が立てられているのを無視して海に入り高波に襲われたと見られる。

posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。