2007年07月25日

同盟、喜んで逮捕に応じる

 反独裁民主主義同盟PTV系幹部のナタウット・サイグゥア氏は24日、同盟幹部全員が逮捕に応じ、逮捕後は保釈を請求する事無く民主主義が戻ってくるまで留置所内に留まる意向であることを明らかにした。

 同氏によると、仮に逮捕状の発行が申請されている9人の幹部全員が逮捕により同盟の演台上から消える事があっても、同じ理想を持つ者が意思を引き継ぐことから同盟そのものの活動には影響を与えず、またフェードアウトするような事もあり得ないという。

 尚、警察側が裁判所に申請した9人に対する逮捕状の発行に関しては、25日に裁判所側から発行の是非に関する判断が下される予定になっている。

posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TITVが同盟よりの報道? ICT大臣が不快感

 ネーションのサイトに、TITVが、警察と同盟が衝突した際にあたかも警察側が同盟側を攻撃しているような印象を与えるビデオを放映し、同盟側に有利な報道を行っていたいたとシッティチャイ情報通信技術大臣が閣議の席上で不快感を表明したとの記事が掲載されています。

 おそらく、23日に放送されたニュースの中で放映された衝突の際に転んだデモ参加者を警察側が起こしてあげる事無く、そのまま乗り越えるように前進を進めたシーンやデモ参加者が投げた石を投げ返すシーンといった、所謂世界各国で発生した当局とデモ隊の衝突の際には定番的に見られるシーンを記録したビデオの事を言っていると思いますが、私が記憶している限りでは、同盟側の反論を報じる際に、その裏付けとしてこのシーンを放映し、同様に暴徒化したデモ参加者が陸軍クラブの建屋に向け石等を投げつけるシーンや棒状のもので前進してくる警察に攻撃をしかけるシーンも各ニュースの時間で放映し続けていたと思います。

 記事にも書いてあるTITV関係者のコメント通り、タクシン政権時代や連合と政府が対峙していた時代の同局キャスターの偏向的なコメントを知っている私としては、今回の件に関してはTITV側は他局よりも比較的「バランス」の取れた報道をしていたと思います。

 過剰反応を見る限りは政府よりの偏向報道をシッテイチャイ大臣はお望みなのでしょうが、新憲法案にも謳われ、また現政権の掲げた理想の一つでもあるマスコミ報道への不介入の原則に矛盾している事に気づいていないのでしょうか。それとも、警察側が石を投げ返すようなシーンが放映されると困るような隠されたアジェンダが今回の衝突発生の裏にあったのでしょうか?

参考
http://www.nationmultimedia.com/2007/07/24/headlines/headlines_30042247.php

posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

情報当局、南部国境三県域で新たな破壊活動が計画されていると警告

 南部国境三県域内に拠点を置く情報当局は24日、南部国境三県域内で新たな破壊活動が計画されている恐れがあるとして、関係当局に対して警戒を強化するよう警告した。

 情報当局によると、マレーシア領内に潜伏している分離主義組織の幹部がナラーティワート県タークバイ郡内とヤッラー県ラーマン郡内に移動すると共に、持ち込んだM16ライフルやAK47ライフル等の銃器類や大量の爆発物を新たな破壊活動に向け隠匿しているとの情報があることから、分離主義運動の精神的指導者だったとされるハッジー・スロンレ師が失踪したとされる8月13日から分離主義組織の統轄組織とされるブゥーサートゥーの創立記念日とされる8月31日の期間に会わせた何らかの破壊活動が計画されている恐れがあるという。

posted by Jean T. at 02:00| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東北地方で大量の銃器類を押収、南部との関連を捜査

 第三地区警察本部は24日、ナコン・ラーチャシーマー県スゥンサーン郡とブリラム県プラカム郡との郡境で、棺桶内に隠された銃器類や大量の銃弾を押収した事を明らかにした。

 今回の押収は、住民からタピオカ林の中に不審な棺桶が捨てられたように置かれているとの通報に基づき実現したもので、直前に武器密輸組織の運搬経路上で警戒活動に就いていた警察側の追跡を振り切った不審なトラックが捨てていったものと見られる。

 棺桶の中に隠されていたのは、折りたたみ式ライフル5丁、M16ライフル1丁、携行式ロケット弾(RPG7)発射装置1丁、他300発以上の銃弾、M26小型榴弾2発やMK2小型榴弾1発等で、何れもカンボジアから密輸入されものと見られる。

 警察側は、過去に南部国境三県域に引き渡される予定になっていた銃器類25丁を押収していることから、同様に同域内に拠点を置く分離主義組織関係者に引き渡される予定になっていたと見て捜査を行っているとしている。

posted by Jean T. at 02:00| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソンティ議長、デモ隊と前首相との関係の調査を情報当局に指示

 国家安全保障評議会のソンティ議長は24日、情報当局に対してプレーム枢密院評議会議長公邸前で22日夜半警察と衝突した反独裁民主主義同盟のデモ隊とタクシン前首相との関係に関して調査をするよう指示した事を明らかにした。

 この発言に先立って、憲法起草作業委員会のプラソン委員長(元国家安全保障会議事務局長)等がタクシン前首相が資金面で背後からデモ隊を支援していたと指摘していたが、ソンティ議長も同様な見解を持っている事は認めたが詳細への言及は避けた。

 一方、ブンサーン陸軍最高司令官は同日、海外公館付きの武官に対して衝突に関する正しい情報を伝え国際社会の理解を求める努力をするよう指示した事を明らかにした。

 この指示は、先に同盟側が警察側がデモ参加者に対して暴行を振るっているシーンを記録したテープを添えて国際連合や国際社会に訴える方針を明らかにした事を受けたもので、前後して憲法起草作業委員会のプラソン委員長は、国連等へ訴える行為は国際社会に誤った認識をもたらすだけでなく己の国を毀損する行為にも為り得ると語り同盟側に持重を呼びかけると共に、政府に対しては、あらゆる持てる手段を駆使して国際社会に衝突に関する真相を伝える努力をするべきであると指摘した。

posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前首相の王室発言は罪逃れの為の悪あがき

 民主党のアピシット党首は24日、タクシン前首相が香港で行われた自伝の出版発表会の際に行われたインタビューの中で王室に触れる発言があったと伝えられている事に関して、単なる罪逃れの為の悪あがきにしか過ぎないとの考えを示した。

 尚、タクシン前首相の王室発言の詳細に関してはタイ国内のメディアでは伝えられていない。

 また、アピシット党首は、反独裁民主主義同盟とタクシン前首相は一体の関係にあるとの考えを示した上で、仮にタクシン前首相が真に愛国者であるならば現在行われているような活動は既に中止されていた筈であると指摘した。

* タクシン前首相が出版した他新的24小時(Thaksin's 24 hours)ですが、ノパドン君は最初の発表の際には政治的な話には言及しておらず、またタイ語に翻訳する予定も無いと説明していましたが、その後クーデター前後の24時間を中心に書かれたもので、いずれタイ語や英語に翻訳する予定であると発言をかえているようです(まぁいつものことです)。

posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アユッタヤーで男性が木材裁断用装置に落ち死亡

 24日午前、アユッタヤー県ラートブワルワン郡内にある製材所内で、30歳(報道により36歳)の作業員男性が誤って木材裁断用装置に転落し、頭部や体の一部を裁断され死亡するという事故が発生した。

 警察側は、死亡した男性が会社側の規則に反してサンダル履きで作業中に、何らかの原因で滑り装置の中に落ちてしまったのではないかとの見方を示している。

* おそらくここにリストされているA259837のような装置では無いかと思われます。

posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パーイ郡内でドイツ人女性強姦未遂で24歳の男を逮捕

 メー・ホーン・ソーン県の観光警察当局は24日、同県パーイ郡内で22歳のドイツ人女性に対する強姦未遂容疑で24歳のタイ人の男を逮捕した事を明らかにした。

 逮捕された男は警察に対して、一緒にビールを飲んだ後で女性をバイクの後部座席に乗せ観光に出かけ、人気の無いところを通りかかったところで突然もよおしてしまい手をつけそうになったが、女性側が大声で叫び助けを求めたために未遂に終わり、逃げこんだバンブー・バー近くの林の中で捕まってしまったと証言しているという。

 警察によると、男は今年4月にもアイルランド人女性に対する強姦で逮捕されており、また逮捕当時本人名義の身分証明書の他に何故か歌手のパンことパイブーンギヤット・キヤオゲーオ氏の身分証明書を所持していたという。警察側はこの身分証明書の出所等についても捜査中であるとしている。

* 3-4年くらい前からタイのPops/Rock系を全く聞かない人になってしまったのでパンが何者なのか良くわからないのですが、こんなCDを発表しているみたいですね。

posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モーチットのトイレ内で警備員が首つり自殺

 24日10:00前、バンコクのモーチット・バスターミナル3階にある男性用トイレの個室内で30歳(報道により36歳)の警備員の男性が首を吊って死亡しているのが発見された。

 死亡した男性の付近に失恋を仄めかす内容が記された紙切れが落ちていた事から、失恋のショックから衝動的に自殺をしたと見られるが、警察側は念の為男性が所属していた警備会社の関係者に事情聴取を行った上で結論づけたいとしている。

 死亡した男性は、バスターミナルとは無関係な場所で警備の任務に就いていたと見られる。

posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。