2007年07月29日

旧与党系会派、サマック前バンコク知事に新党党首就任を要請

 旧タイ・ラック・タイ党系のタイ・ラック・タイ会派幹部のスラポン・スゥプウォンリー氏は28日、元バンコク特別自治体知事のサマック・スンタラウェート氏(元プラチャーゴン・タイ党党首)に新党党首への就任を要請し、現在同氏からの回答待ちであることを明らかにした。

 これは、会派の一部メンバーがサマック氏への党首就任の打診を行っているとの一部報道を追認した発言で、一方で、解党処分が下されたタイ・ラック・タイ党やそれに似通った名前の党名での新党結党を認めないとの判断が下されたことを受け会派がプラチャーゴン・タイ党に合流し次期総選挙での再起を期すのではないかとの報道に関しては否定した。

 しかし、前後して会派幹部のスダーラット・ゲーユラパン女史は、解党決定が下された党と同一の党名や似通った党名での新党結党を認めないとの判断は、旧タイ・ラック・タイ党の血統を根絶やしにしたい政府及び国家安全保障評議会側の思惑が働いた不当な決定であると強い不快感を示した上で、このような思惑に対抗する為に小政党に合流しそこから次期総選挙での再起を期すことも一つの選択肢として検討していることを明らかにした。

 また、仮に小政党から次期総選挙に出馬しても、タイ・ラック・タイ党が掲げた理想を今後も基本において活動を展開することから、選挙地盤への大きな影響は無いとの考えを示した。

 尚、会派のグテープ報道官によると、28日に開かれる会派の総会では、旧タイ・ラック・タイ党に近い理想を掲げている小政党の「パラン・プラチャーチョン(市民パワー)党」への合流について会派としての判断が下される予定で、また総会の議長を務めるスラポン氏も既にこのことを了解済みであるという。

* その後開かれた総会で、パラン・プラチャーチョン党に合流し次期総選挙での再起を期することで合意に至ったとのこと(要は、殆ど活動実体の無い訳のわからない党の乗っ取りですね)

posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラチャダーで、バイクの2人組がムーガタ店の客に向け銃を発砲

 28日夜半、バンコクのラチャダーピセーク通り沿いにあるムゥーガタ店で、バイクに乗って現れた2人組の男が歩道側にあった座席に向け銃を発砲し、男女が負傷を負うという事件が発生した。

 警察側は、撃たれた男女と2人組との間に何らかの係争が無かったか調べると共に、事件後近親者によって病院に搬送された被害者の回復を待って事情聴取を行うとしている。

posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グラビーで津波警報装置が誤作動、住民等が逃げまどう事態に

 28日17:00頃、グラビー県3郡内7ヶ所に設置された津波警報装置が誤作動により一斉に警報が鳴り、住民や観光客が血相を変えて逃げまどう事態になった。

 国立天然災害警報センター側は、何らかの警報装置の誤作動により警報が鳴らされたと見て調査中であるとしているが、同日19:00過ぎ現在原因は判明していないという。

 同センターによると、警報を鳴らす為のボタンが何者かによって押された形跡は確認されていないという。

posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20歳女性、酒によってアパートの屋上に上り死ぬと叫び大騒ぎ

 28日早朝、バンコクのブゥングム区内で、アパートの屋上から飛び降りて死ぬと叫んでいた20歳の女性が警察により保護された。

 警察によると、保護された女性はアパートの室内で友人と一緒に酒を飲んでいる内に、急に自分自身の悩みや喧嘩が絶えない恋人のことで感情を抑えることが出来なくなり、思わず飛び降り自殺をしようと屋上に上ってしまったと語っているという。

posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転売する為に線路固定用の金属ピンを131本も盗んだ19と16の男女を逮捕

 ナコン・ラーチャシーマー県スーンヌゥン郡の警察当局は28日、線路を固定していた金属製のピンを盗んだ容疑で16歳の女と19歳の男を逮捕したことを明らかにした。

 前日夜半に警察側がハンマー状の物で大きな音を立てながらピンを外す作業中だった2人の身柄拘束に乗り出した際に、2人組は持っていたハンマーを投げ警察官1人に負傷を負わせた上で林の中に逃走し、28日未明になってゴミ集積場内に身を潜めている所を発見され逮捕と相成った。

 2人は警察に対して、2人は恋人同士で、これまでにも何回か線路固定用のピンを盗み、郡内の古物商にキロあたり10バーツで転売し現金化していたと証言しているという。

posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

亡妻の2人の連れ子を強姦し妊娠させた鬼畜養父を逮捕

 コーン・ゲーン県の警察当局は28日、亡妻の15歳と13歳の連れ子を強姦し妊娠させた同県バーンパイ郡内在住の41歳の建設作業員の男を逮捕したことを明らかにした。

 15歳の少女は妊娠3ヶ月、13歳の少女は妊娠8ヶ月だという。

 男は警察に対して、2人の少女の母親が亡くなって以降も2人の面倒を見てきたが、約1年前に酒を飲んだ勢いで現在妊娠8ヶ月の少女を強姦し、その後現在妊娠3ヶ月の少女を強姦してしまった。強姦後2人に対して固く口外を禁じていたが、2人の少女の体の異変に気づいた近隣住民によって警察に通報され逮捕されてしまったと証言しているという。 

 尚、2人の少女は法律の規定に則り堕胎手術を受ける予定であるという。

posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。