2007年08月17日

ソンティ議長、実妹であろうと過ちを犯せば法に則り処罰されるべき

 16日、マレーシアを訪問中の国家安全保障評議会のソンティ議長は、カンボジア国内で逮捕されたカニッター・ブンヤラッガリンなる人物が自身の実妹と同姓同名である事を認めた上で、仮に実妹であろうが同じ姓を持つ者であろうが、過ちを犯せば自分に遠慮する事無く法律に則り処罰されるべきであると語った。

 ソンティ議長によると、逮捕されたとされる実妹と同姓同名の者が、本当に自身の実妹であるのかは確認できていないという。

 尚、どの様な罪状でカニッター・ブンヤラッガリンなる人物がカンボジア国内で逮捕されたのかについては報じられていない。

posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

銀行日曜営業支店、従業員の国民投票の為の外出を禁止

 タイ銀行・金融機関労働組合連合は16日、商業銀行の経営側がデパート等のショッピングセンター内にある支店で働く従業員が国民投票に参加する為に休んだり外出したりする事を禁じる措置を講じていると指摘した。

 日曜日にも通常営業しているこれらの支店は全国で10,000店以上にのぼるという。

 同連合のチャイヤシット委員長は、民主主義よりもビジネスを最重視する経営側の対応は、生活の為に簡単に抗議辞職をする事が出来ない銀行従業員の弱みにつけ込んだ極めて独裁的なものであると指摘した。

posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナラーティワート県内20ヶ所で不穏な動き、ヤッラーでは2ヶ所で銃撃戦

 15日夜半から16日未明にかけてナラーティワート県内を通る幹線上で、爆発物が発見され当局側によって処理された他、合計20ヶ所で広域に渡って不審物や切り倒された立木が路上に放置されるなどし、更にバーヂョ郡内及びスンガイ・ゴーロック郡内では、軍の臨時駐留地に向けた銃の乱射、数分間に渡る銃撃戦が発生したが、軍側には人的な被害は無かった。

 更に16日午前には、タークバイ郡内の幹線脇で爆発物が発見され当局側が処理に追われた他、ルゥーソ郡内では、8:00過ぎに軍関係車両の通過に会わせ爆発物が爆発し、軍関係者3人が負傷を負った(人的な被害は無かったとする報道もある)。

 また、ヤッラー県内では、15日夜半かた16日未明にかけて、ラーマン郡内の保健所内に設けられた軍の臨時駐留地に向けた銃の乱射、数分間に渡る銃撃戦が発生し軍関係者1人が負傷を負い、実行グループ側は路上に切り倒された立木を放置したり鋲を撒いたりしながら逃走するという事件が発生し、またグローンピナン郡内では、路上の警戒作業にあたっていた当局関係車両に向けた銃の乱射、数分間に渡る銃撃戦が発生したが、当局側には人的な被害は無かった。

 更にグロンピナン郡内では不審物が発見され当局側が処理に追われ、また県都内では広域に渡って公衆電話が放火されたり、不審物が路上に放置されたり、鋲が路上に撒かれたりした。

 また、県都内では同日午前、中心部にある食堂付近に仕掛けられていた爆発物が爆発し店主の女性が負傷を追ったほか、ラムマイ地区内では人数不明の一味が銃を発砲し採石場の従業員を威嚇した上で、同所所属のガソリン運搬車両に火を放ち全焼させ500万バーツ以上の損害をもたらすという事件が発生している。

 一方、ソンクラー県サバーヨーイ郡内では16日8:00前、教師の警護作業にあたっていた軍関係車両の通過にあわせ爆発物が爆発するという事件が発生したが、幸い人的な被害は無かった。

 また、同郡内では同日早朝、ゴム農園内で作業中だった仏教系住民男性が何者かに銃撃され重傷を負うという事件が発生していた。男性は学校の用務員。

posted by Jean T. at 02:00| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

棚ぼた的に大手闇宝くじ開帳業者を逮捕、しかも偽医師

 バンコク隣県のサムットプラーガーン県の警察は16日、県都内にあるクリニック内で強制家宅捜索を行い、闇宝くじを販売していた容疑でクリニックを開業している49歳の医師を逮捕し、総額100万バーツ強にのぼる賭け札を押収した。

 これまでの調べにより、逮捕された”医師”は、資格を持たずクリニックを開業していた偽医師だった事が判明している。

 今回行われた家宅捜索は、妻との間で発生した夫婦喧嘩の仲裁に入った自警警察官に対して偽医師が刃物等で暴行を振るった事件に関する捜査を行っている課程で、同偽医師が医師の免許を持たずにクリニックを開業していた疑いが濃くなった事を受け行われたもので、闇宝くじ関連での摘発は全くの想定外だったという。

posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

留守番中の12歳少女を殺害し金品を強奪したオカマに終身刑の判決

 刑事裁判所は16日午前、留守番中だった12歳の少女を刃物で刺した上で首を絞め殺害した上で、屋内にあった1万バーツ強相当の金品を奪ったとして刑事起訴されていた27歳のニューハーフの男に対して終身刑及び遺族に対して720,000バーツ、年利7.5%の慰謝料の支払いを命じる判決を言い渡した。

 事件は、昨年11月8日深夜にバンコクのソーイ・パホンヨーティン50内にある住宅内で、一人で留守番をしていた少女が惨殺されたもので、当初は少女が浴室内で全裸で殺害されていたことから変質者による犯行との見方で捜査が進められていたが、その後少女の母親の知り合いで、しばしば家を訪れ少女とも面識がある男が浮かび上がり逮捕されていた。

 裁判所側は、被告が起訴事実を認めていることが裁判の進行に貢献した事を情状酌量し死刑から終身刑に減刑する判決を下した。

参考
強姦目的か? 12歳少女の全裸死体が発見される

posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

有名歌手であると名乗り女子大生2人を強姦した鬼畜男を逮捕

 首都圏警察本部トーンロー署は15日夜半、共謀して22歳の女子大学生2人を強姦した容疑で25歳と37歳と41歳の3人の男を逮捕した。

 調べによると、逮捕された25歳の男は自分は有名歌手のター・バービーであると名乗り女子大生2人を騙し、ソーイ・ラートプラーオ17内にある自室内で他の男2人を交え女子大生を集団で強姦し、その模様をビデオに収めていたと見られ、部屋から押収されたコンピュータには複数の女性に対して集団で強姦している模様を収めたビデオが多数保存されていた。

 被害にあった女子大生の1人によると、ター・バービーであると名乗る男とはRCAで知り合い、その後男の住むコンドミニアム近くのパブで飲食をした際に、白い錠剤を楽しい気分になれる薬だと言って約10分置きに合計7錠を飲まされた事により意識を失い、その後気がついてみたら男3人に強姦され、更に携帯電話を盗られ銀行口座から現金まで引き落とされていたと証言しているという。

 尚、25歳の男は警察の取り調べに対して、30人前後の女性を同様な手口で騙し、時には大量に使用した場合には死に至る恐れがある睡眠薬を使用し相手の意識を失わせた上で強姦してきたと証言しているという。

* 良く知らないですけど、以下のリンク先でインタビューを受けているのがター・バービーという人みたいです。
http://movie.sanook.com/behind/behind_13036.php

posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

局部等にコカインを隠し密輸入しようとした女を逮捕

 警察は15日、密輸入目的でコカイン900グラムを所持していた容疑でガムペーンペート県出身の27歳の女をスワンナプーム国際空港内で逮捕した事を明らかにした。

 今回の逮捕は、麻薬密売組織がタイ人を利用して国外から麻薬類を密輸入する動きがあるとの情報に基づき実施されていた検査に女が引っかかったことで実現したもので、逮捕当時女はコカイン900グラムをカプセル等に封入し局部や飲み込むことにより腹部に隠し持っていたという。

 女は取り調べに対して、バンコクのナーナーにあるバーで働いていた際に、アルゼンチンからコカインをタイに密輸入する話を持ちかけられ、7万バーツで密輸入を請け負ったと証言しているという。

posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。