2007年08月19日

国民投票の非公式集計結果は19日21時頃に判明

 選挙委員会のアピチャート委員長は18日、19日に行われる新憲法案の是非を問う国民投票の非公式集計結果が同日21時頃に明らかになるとの見通しを示した。

 国民投票は、全国88,000ヶ所の投票所で行われ16:00に投票の受付を終了する。

 また、アピチャート委員長は、特に新憲法案のボイコットを呼びかける動きの影響下に晒されている東北地方下部地区に於ける不正行為の監視の強化を命じると共に、中立義務違反があったブリラム県内の4人の公務員に対して既に処分を下した事を明らかにした。

 一方、新憲法案反対を訴えている反独裁民主主義同盟関係者約200人は18日午後、民主記念塔前からWE VOTE NOと書かれた約1,000個の赤い風船を一斉に空に解き放つと共に、サヤーム・スクエアー等で反対票を投じるよう訴えた。

 また、19日朝、旧党本部ビルに掲げられていた「タイ・ラック・タイ党」の看板を正式に撤去したタイ・ラック・タイ会派はヂャトゥヂャック市場周辺等で反対票を投じるよう訴えた。

posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南部情勢 (16日-18日)

・16日深夜、ヤッラー県ラーマン郡ガールーパン地区内で、TT&T社の公衆電話回線の一部が何者かにより放火され、地域一帯の電話回線が一時不通に。

・16日2:00過ぎから17日19:00前にかけて、軍・警察の混成チームはソンクラー県サバーヨーイ郡内で集中摘発を行い、50万バーツの懸賞金を掛けられ身柄を追われていた分離主義組織の幹部クラス3人を含む9人の身柄を拘束し、銃器類3丁や爆発物に使用可能な部材多数、路上撒布用の鋲の製作に使用された器具等を押収。

・17日未明、軍・警察の混成チームはナラーティワート県スンガイ・パーディー郡内2ヶ村内で一斉摘発を行い、18人(報道により17人)の身柄を拘束し、銃器類8丁、リモートコントロール用の部品を含む爆発物の製作に使用可能な部材多数、バイク爆弾に使用する予定だったと見られるバイク4台、通信機2台等を押収。身柄拘束された18人の内4人は実行部隊の地域幹部クラスと見られる。この摘発は、10日発生した銃撃戦でRKKの構成員と見られる3人が死亡した事件の捜査過程で、分離主義組織側の活動拠点がターゲットとなった村内に置かれている疑いが濃くなった事を受けたもの。

・17日朝、ヤッラー県ターントー郡内で、バイクの2人乗りで路上を走行中だった52歳と19歳のイスラム系住民男性が何者かに銃撃され2人とも重傷。

・17日20:00過ぎ、ナラーティワート県ルゥーソ郡内で、バイク3台に分乗した6人組が路上脇に設けられた国境警備警察の臨時駐留地や同じ沿線にある別の駐留地に向け連続して銃を乱射し逃走。いずれも人的な被害は無し。

・17日夜半、ナラーティワート県ルゥーソ郡内で、友人等3人とバイクで路上を走行中だった17歳のイスラム系住民男性が、路上脇に潜んでいた何者かに銃撃され重傷。

・18日6:00前、ヤッラー県バンナンサター郡内で、6人前後と見られる男が集中摘発作業中だった同郡警察署関係者約20人に向け銃を乱射し、約10分間(報道により約15分)に渡って銃撃戦を展開した後に逃走。この銃撃戦で一味側1人が死亡し4人の身柄を拘束。警察側の人的な被害は無し。今回行われた集中摘発は、隣接するグロンピナン郡内から摘発を逃れた一味がバンナンサター郡内に拠点を置く一味と合流し、新たな破壊活動を計画しているとの情報筋からの情報に基づき行われたもの。

・18日6:00前、軍・警察の混成チームはナラーティワート県ルゥーソ郡内で集中摘発を行い、RKKの実行部隊地域幹部と見られる49歳と36歳の男2人を含む5人の身柄を拘束し銃器類3丁等を押収。この集中摘発は、武装したRKK関係者が潜伏し、同郡及びシーサコン郡内をターゲットにした破壊活動の準備に入っているとの住民からの通報に基づき行われたもの。

・18日午後、ナラーティワート県ルゥーソ郡内で、バイクに乗った2人組が国民投票の投票受付所が設置された学校の警備にあたっていた軍関係者に向け銃を乱射し、銃撃戦を展開した後に逃走。この銃撃戦で軍関係者1人が負傷。

posted by Jean T. at 02:00| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プラヂュアップの民家で爆発、2人が死傷

 18日5:00前、プラヂュアップキーリーカン県プラーナブリー郡内にある民家内から爆発が発生し、51歳の家主の男性が死亡し、同居している46歳の家主の実妹が重傷を負った。

 近所に住む33歳の家主の息子は、何故爆発物が屋内にあったのか全く心当たりが無いと語っている。

 警察側は、死亡した男性がどこからか拾ってきた爆発物を、それとは知らずに分解しようとして爆発させたのではないかとの見方を示した。

posted by Jean T. at 02:00| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。