2007年08月22日

サノ氏、党合同設立の申し出を拒絶

 プラチャラート党党首のサノ・ティヤントーン氏は21日、二大勢力に対抗できる政党結党に向けた合流の申し出を拒絶する意向を表明した。

 これは、先にマッチマー会派を率いるソムサック・テープスティン氏が、ルゥアム・ヂャイ・タイ会派を始めとする政治会派と合同で二大政党に変わる第三の選択肢に為り得る単一政党を結党する方向で動いている事を明らかにした事を受けた発言で、サノ氏側は既に政党としての体をなしているプラチャラート党にソムサック氏等が合流するのが本筋であると語り、党合同設立の申し出を断固として拒否する意向を示した。

 尚、党合同設立の為に各会派との調整作業にあたっているルゥアム・ヂャイ・タイ会派のプラディット・パトラウィシット氏は、マッチマー会派とルゥアム・ヂャイ・タイ会派が合流する事は既に決定事項である事を確認した上で、今月末までに各会派と合同での政党結党に向けた方向性が明確にできるとの見通しを示している。

 また、合同結党の申し出を受けているとされるクルンテープ50会派側は、1-2週間以内に会派としての結論を明確にする方針を明らかにした。

 一方、プラチャラート党の設立発起メンバーの1人で、その後党首のサノ氏と袂を分かったタンマラット会派を率いるプラムワン・ルヂャナセーリー氏は、29日に会派としての方向性を明確にする方針を明らかにした。

 プラムワン氏によると、独自に新党結党の方向で動く可能性は高いものの、サノ氏のプラチャラート党に復帰する事は断じてあり得ないとのこと。

posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南部情勢 (20-21日)

・20日23:00前、ナラーティワート県スンガイゴーロック郡内中心部にある住宅兼ミニマートの前で、41歳のイスラム系住民男性が何者かに銃撃された上で喉元を深く切られ死亡。男性は地元行政当局所属の警備員で、当時はミニマート前周辺の警備作業にあたっていた。事件が発生したミニマート前では、数ヶ月前にも行政当局所属の警備員が刃物で切られ殺害されていた。

・21日未明、軍・警察の混成チームはパッターニー県トゥンヤーンデーン郡内で集中摘発を行い、14日に発生した学校放火事件に関与した容疑で4人の身柄を拘束し、麻薬吸引用に使用された部材や咳止め薬等を押収。今回の集中摘発は、同県マーヨー郡内で行われた集中摘発から逃れた分離主義組織関係者等が中心になって破壊活動の実行に向け武器や爆発物を準備しているとの情報に基づき行われたもの。

・21日6:30過ぎ、ヤッラー県ラーマン郡内で、ゴム農園内で作業中だった47歳と41歳のイスラム系住民夫婦が何者かに銃撃され夫が死亡し夫人が重傷。夫は約3ヶ月前に夫人及び子供共々に殺害された前村長の跡を継ぎ、2ヶ月前に村長に就任していた。

・21日10:00前、パッターニー県県都内で、バイクで路上を走行中だった48歳の土地事務所所属の技術職員が、バイク2台に分乗した3人組に銃撃され死亡。現場は男性の自宅から僅か50メートルと離れていない地点。

posted by Jean T. at 02:00| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

巡査部長の車から身分証明書等を盗み借金をしていた巡査部長補を逮捕

 首都圏警察本部は21日、同本部所属の巡査部長所有の小型トラックの中から借用証書や身分証明書を盗み出し、それを利用して借金をしていた容疑で同本部ディンデーン署所属の35歳の巡査部長補を逮捕した。

 逮捕された巡査部長補は取り調べに対して、クレジットカードで負った借金を返済する為に巡査部長所有の小型トラックの後部ドアをこじ開け、車内から盗み出した借用証書や身分証明書を利用して12万バーツ以上の融資を受けたと証言しているという。

* ダープ・タムルワットを巡査部長、ヂャー・シップ・タムルワットを巡査部長補に訳しました。

posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レーサーと偽り強姦を繰り返していた人でなし男を逮捕

 首都圏警察本部第二分署は21日、インターネットチャットで有名チームに所属するレーサーだと偽って誘い出した女性を強姦した上で金品を強奪した容疑で35歳の男を逮捕した事を明らかにした。

 直接の逮捕容疑は、15日に発生したチャットで誘い出した21歳の職業訓練課程校に通う女子学生に対する強姦及び合計で1バーツ重量の金製のブレスレットやネックレス、携帯電話等の窃盗容疑。

 調べによると、男は、騙されやすい学生や若い女性をターゲットにチャット上で自らをホンダAPに所属するレーサーでメディアにも名前が出たことがある者(報道により広く事業を展開している実業家)であると名乗った上で、相手の女性に対して携帯電話等の高級品を買ってあげる等と言って騙して誘い出し、その後女性をホテルに連れ込み強姦した上で女性の所持品を盗み、それをクローントム周辺で現金化し遊ぶ金に使っていたと見られる。

posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バイクの4人乗りで走行中に1ヶ月男児の足が車輪に巻き込まれ切断

 21日朝、ラーチャブリー県県都内で、32歳と31歳の夫婦が5歳の女児と1ヶ月の男児を乗せバイクの4人乗りで路上を走行中に、1歳の男児をおんぶする為に使用されていたおんぶ紐の一部が後部車輪に引き込まれた衝撃で巻き込まれた男児の足が切断されるという事故が発生した。

 当時、夫婦は寺への喜捨を終え帰宅途上で、5歳の女児は運転中だった夫と後部座席に乗っていた妻との間に座り、足を切断された男児は妻の背中におんぶされている状態だったという。

posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

無差別に猥褻電話をかけていた変態男を逮捕

 コーンケーン県ノーンルゥア郡の警察当局は21日、若い女性をターゲットに無差別に猥褻な電話をかけていた容疑で29歳の男を逮捕し、所持していた携帯電話を押収した事を明らかにした。

 男は、コーンケーン県や隣県に住む若い女性をターゲットに無差別に電話をかけテレフォン・セックス紛いの猥褻な会話をしていたとされ、警察に苦情を寄せてきた10人前後の女性の通話記録から男が使用していた携帯電話の番号が特定されご用となった。逮捕当時男はマハーサーラカーム県内の女性に猥褻な電話をしている最中だったという。

 男は警察に対して、外国の映画に刺激されて普段とは違う事をやってみたくなって猥褻な電話をかけていたと証言しているという。

posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。