2007年09月05日

都市圏の住民は民主党による政府の組織を支持

 私立バンコク大学が行う世論調査クルンテープ・ポールが政治関連の報道に注目していると回答した首都圏及び各地方の都市圏在住の有権者1,199人を対象に8月29日から31日にかけて行った調査で、43.0%の回答者が総選挙後に民主党が政府を組織するべきであると回答し、タイ・ラック・タイ会派が事実上乗っ取ったパラン・プラチャーチョン党の20.7%を大きく引き離す結果になっていた事が明らかになった。

 尚、ルゥアム・ヂャイ・タイ会派は7.7%、チャート・タイ党は7.6%、サマーナチャン会派(スワット・リプタパンロップ氏系)は1.6%だった。

 また、回答者の61.3%がパラン・プラチャーチョン党のサマック党首によるタクシン前首相のノミニー宣言は不適切(報道により前首相のノミニーが党首に就任する事は不適切)であると回答する一方で、42.4%の回答者がサマック党首によるノミニー宣言が次期総選挙の同党の擁立候補や同党への票動向に影響を与え得ないと回答していた。 尚、サマック氏の党首就任を支持すると回答した者は38.7%だった。

 一方、回答者の多くが選挙委員会による12月23日の総選挙実施の公式確認後に政治情勢が好転すると回答する一方で、39.8%の回答者が現選挙委員会メンバーによる公正な選挙の実施に疑問を持っていると回答していた。

posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パッターニーで人材開発幹部女性が殺害

 4日16:30前、パッターニー県トゥンヤーンデーン郡内の路上で、同県サーイブリー郡内にある自宅に帰宅する為に小型トラックを運転中だった52歳の女性が、バイクに乗った2人組に銃撃され死亡した。

 女性は、トゥンヤーンデーン郡庁に所属する人材開発幹部だった。

 また、同県内では同日7:00前、ヤッラン郡内の路上で18歳から25歳くらいの男性の刺殺体が発見されている。別の場所で殺害された上で遺棄されたと見られる。

 一方、ヤッラー県ラーマン郡内では4日6:30前、ゴム農園へ作業に向かうためにバイクで村道を走行中だった59歳のイスラム系住民男性が、バイクに乗った2人組に銃撃され死亡した。

 男性は元分離主義組織の構成員で1975年に当局側に投降し転向していた。

posted by Jean T. at 02:00| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

楠木流? 薬局にウナギ入りの特性糞尿弾がぶちまけられる

 4日朝、バンコクのヂャトゥヂャック区内にあるモーチット2長距離バスターミナル2階にある薬局で、ウナギ10匹以上を混ぜた糞尿がぶちまけられるという事件が発生した。

 薬局のオーナー女性(47)によると、同日9:00頃に身長150cm程度の小柄な痩せた20歳位の男2人組がバイクで現れ、後部座席に乗っていた男が店内に押し入り袋に詰められていたウナギ入りの糞尿を投げるような感じでぶちまけ逃走していったという。
 
 オーナーによると、薬局が借りていたターミナル内の場所を管理していた民間会社が、バスターミナルの運営会社であるコンソン社との委託契約が切れた以降も薬局から賃貸料を徴収していた事を巡って薬局オーナ側が法廷闘争に持ち込み、委託契約切れ後に徴収された賃貸料のオーナーへの返還を命じる判決を勝ち取って以降、電源を遮断する、水道を止める等の店に対する嫌がらせが頻発していたという。

 尚、民間会社側は、判決で返還が命じられていた余計に徴収していた賃貸料に関しては既に裁判所側に供託してあり、この様な嫌がらせをする必要が無いと主張した上で、兼ねてからあった薬局のオーナーと隣接する別の商店主との間の係争が事件の背景にあるのではないかと語っている。

posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ピーピー島沖合で観光船が転覆、1人の死亡を確認

 4日13:00頃、潜水に向かう観光客を乗せた観光船がグラッビー県のピーピー島マーヤー湾沖合の海上で転覆し、初期報道段階で30歳のイスラエル人男性1人が死亡し6人が負傷を負った。

 事故を起こした観光船は潜水に向かう外国人観光客や乗員65人を乗せプーケットからピーピー島方面に向かっていたもので、折からの強風に煽られた横波を受けバランスを失い転覆したものと見られる。

 グラッビー県の海上保安当局は、同県沖合の海上を通行する船舶に対して強風に対する警戒を兼ねてから呼びかけていたという。

 尚、初期報道段階では多少情報が錯綜しているものの、同日14:00過ぎまでに25人から55人の救助が確認されている他、タイ人の乗員4人が行方不明と報じられているが、それ以外の行方不明者の状況に関しては報じられていない。

* 以上4日15:00過ぎ迄に確認できた報道に基づく

-------------------------------

 4日18:00過ぎ迄に確認できた報道によると、船には乗員5人を含む59人が乗船しており、転覆・沈没により26歳と33歳のイスラエル人男性2人が負傷を負い、内スクリューで脚部切断に近い重傷を負った26歳の男性が危篤状態だという。また、負傷を負った2人以外の外国人旅行者全員の救助が確認されている模様。尚、初期報道段階で行方不明と報じられていた4人のタイ人乗組員のその後に関しては不明。

posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。