2007年09月08日

携帯販売独占代理店契約詐欺の容疑でサムスン社幹部の韓国人2人を逮捕

 警察経済技術犯罪取締局及び首都圏警察本部ヤンナーワー署は7日、タイ・サムスン・エレクトロニクス社の韓国人幹部の男2人を逮捕した。

 直接の逮捕容疑は、サムスン社の携帯電話の独占販売代理店を任命し契約を締結する権限を持っていると騙して、以前のタイ国内代理店3社の売れ残りストック及び同3社に仕向け予定だった韓国内のストックの引き取り条件に独占代理店契約をタイの国内企業と締結し、その際に売れ残りストックのタイ国内販売促進費用として将来返還するとの約束の下で契約ロットの仕入れ費用に販売促進費用としてサムスン社側から返還されるべき費用をプラスした金額の信用状を代理店に開設させるという手口で、タイ国内企業から6,900万バーツ強を詐取したというもので、被害を訴えた企業の代表によると、独占代理店契約締結後にサムスン社側から掴まされた型落ち品による販売不振により資金繰りに困り、サムスン社に対して販売促進費用の返還を要求したところ、2人は最初は本社の役員が替わった等の理由をあげ返還要求から逃げ、終いには販売代理店契約を締結する権限を持っていないと語り返還要求に応じなかったという。

 警察側は、2人が同様な手口で複数社に対して、総額にして20億バーツ強の詐欺を働いていた疑いがあるとみて、今後2人の背後関係や会社ぐるみの詐欺だった可能性を含めて捜査を展開する方針であるとした。

 尚、それぞれ300万バーツの資産を抵当にして保釈された2人は、サムスン社側がタイ国内での販売戦略の立て直し(報道により販売中止)に動いていることにより利益機会を失った企業が被害を受けたと言って訴えているだけだ、全ては裁判の場で明らかにすると語っていたという。

posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バンナンサターで発生したミニマート爆破事件の容疑者4人の身柄を拘束

 ヤッラー県バンナンサター郡の郡警察当局は7日、5日に郡警察署から至近の場所にあるミニマート内で爆発が発生し5人(初期報道で5人その後6人に訂正されていたが、最新の報道では再度5人に訂正されている)が負傷を負った事件に絡んで軍内在住の4人の男の身柄を拘束した事を明らかにした。

 この身柄拘束は、客を装った2人組の若い男が店内にある冷蔵庫の下に爆発物を仕掛ける模様を記録した監視カメラ映像の解析により実現したもので、2人組の顔が明瞭に記録されていた事が決めてとなった。

 一方、7日早朝、軍・警察の混成チームはパッターニー県コークポー郡及びノーンヂック郡内で集中摘発を行い、コークポー郡内で13人、ノーンヂック郡内で6人を一連の不穏な動きに関与した容疑で身柄を拘束した。

posted by Jean T. at 02:00| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

製紙工場で従業員男性が搬送機に頭を挟まれ即死

 7日午前、サムットサーコン県県都内にある製紙工場内で、従業員男性(30)が搬送機に頭を挟まれ即死するという事故が発生した。

 男性が搬送機に紙の束を載せる作業に従事していた際に、紙の束をすくい上げる為の吸引装置が男性の服の裾の部分を吸い上げた勢いで体ごと搬送機に押し込まれた事が事故の原因になったと見られる。

posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バンコク中心部で女性が金品10万バーツの引ったくり被害

 7日午前、バンコクのラーチャダムヌゥン・タイ通り沿いで、保険会社に勤務する女性がバイクに乗った2人組に通り過ぎざまにカバンを引ったくられるという事件が発生した。

 女性は美容院に入る所で引ったくりにあったもので、カバンの中には現金5万バーツや3バーツ重量の金、宝石類等10万バーツ以上の金品が入っていた。

 女性によると、2人組の男が赤い色のナンバーを付けていないバイクに乗っていた事以外犯人像に関する記憶は無いという。

 事件が発生した場所は、平素から通行人が多い場所で、これまでに同様な手口の犯行が発生した事は無かったという。

posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウドンターニーの児童財団で2,000ユーロが盗難被害

 7日朝、ウドンターニー県県都内にある61歳のベルギー人男性が主催する児童・生徒の為の財団事務所を兼ねた住宅内にに賊が押し入り、洋服ダンスの中にしまってあった現金2,000ユーロ(約92,000バーツ)を盗み逃走するという事件が発生した。

 男性によると盗まれた2,000ユーロは、同県バーンプゥー郡内にある学校に寄付する予定のものだったという。

 警察側は、日頃から財団を訪れる子供や保護者が多いこと、また実行犯がカードロック装置を壊すことなく、正規のカードを使用して屋内に侵入していると見られることから、内部の者ないしは内部に詳しい者による犯行と見て捜査を開始しているとした。

posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

姑息な販売戦略、前首相の愛人疑惑のリディアが出版発表会で疑惑を否定

 まったくもってどうでもいい話ですが、一応タイ国内ではタクシン前首相の愛人疑惑の渦中にちょっとだけあった、若手では数少ない実力派歌手のリディアがポケットブックの出版記念会見で前首相の愛人であるとの疑惑をきっぱり否定しました。

 まぁ、タイ国民の99.9999%以上が前首相の恐妻家ぶりを知っているので、愛人疑惑を真に受けていた人は殆どいなかったのではないかと思われますが、出版された本の表紙には本人の写真と一緒に、ちゃっかり前首相とのツーショット写真まで載せるという反則技まで決めてくれています。

 とりあえず、出版記念の記者会見を見た限りでは、一部のタイ語の発音が不明瞭な所は前首相に似ているかも知れません。

 因みに、国民投票の時にはトーマスクックと書かれたマンチェスター・シティーのユニフォームを着込んだ気色悪い両親を引き連れて投票所に現れていました > リディア

posted by Jean T. at 02:00| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。