2007年09月11日

マッチマー、サマーナチャン及びプラチャラートが合同で単独政党を立ち上げ?

 旧道義会派系のクルンテープ50会派幹部のスラナン・ウェーッチャーチーワ氏(元タイ・ラック・タイ党報道官、元首相府大臣)は10日、旧タイ・ラック・タイ党ナム・ヨム派閥系のマッチマー会派(首班ソムサック・テープスティン氏)、旧タイ・ラック・タイ党ラムタコーン会派系のサマーナチャン会派(首班スワット・リプタパンロップ氏)及び旧タイ・ラック・タイ党ナム・イェン派閥系のプラチャラート党の三者合同で単独政党を立ち上げる見通しになった事を明らかにした。

 詳細は11日午前にシリキット国際会議場で開催される各政党・会派の政策方針発表会の場で明らかにされる予定で、単独政党の立ち上げには三会派・政党の他に学識経験者た実業家、元下院議員も合流する見通しであるという。

 尚、既に10日付けの一部紙面が、旧道義会派に近いスラギアット・サティヤンラタイ氏(元外務大臣、元副首相)筋からの情報として三会派・政党が中心になってプゥア・ペーンディン党(国家の為の党)の結党に動いていると報じていたが、マッチマー会派を率いるソムサック氏は、ここにきて旧道議会派系のルゥアム・ヂャイ・タイ会派が合流に難色を示している事を明らかにした上で、単独政党結党に向けた動きの詳細は来週中に明らかに出来るとの認識を示し、また、サマーナチャン会派を率いるスワット氏は、プゥア・ペーンディン党への合流の可能性自体を否定した上で、11日に行われる共同会見にも出席する方針が無いことを明らかにしている。

posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

政党関連三法案に異議を唱えているのは己にやましさがある人物だけ

 政党関連三法案検討委員会のプラソン委員長は10日午前、現在制定に向け検討が進められている政党関連三法案の核となる政党の結党要件、政党の役員構成、政党の社会的責任及び政治資金関連(寄付金や支出を含む)の部分に関して委員会内で承認される見通しである事を明らかにした上で、法案に異議を唱えているのは己にやましさがある人物だけであると語った。

 プラソン委員長によると、現在検討が進められている三法案は、何れも違反行為に対する罰則規定を強化すると共に、政治資金関連に関しては政党が受け入れ可能な寄付金の上限を50万バーツとし、更に資金洗浄取締委員会への政治資金報告書や商業銀行を通した資金の流れに対する監査を義務づける内容になっている他、国民の目を抑止力として選挙違反行為を抑え込むために 選挙票の買収行為を始めとする選挙違反行為を通報した国民に対しては 通報に基づき摘発され差し押さえられた資金の20%が報奨金として引き渡されるという内容になっているという。

 更に、同委員長によると、政党ぐるみの裏金の隠匿や重大な選挙違反行為がある場合は、最悪の場合政党の解党もあり得る内容となっているという。

 また、プラソン委員長は、選挙違反行為の摘発に繋がる情報を提供した国民が票買収の為の金品等を収受していたとしても 違法行為を立件する上で重要な証人になりえる限りは金品等の収受行為に対する法的責任は免除されるべきであるとの考えを示した。

 一方、民主党のアピシット党首は 三法制定に先立って選挙委員会を仲介人に各政党を交えた意見の交換を行うべきであると指摘した。

posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南部情勢 (9-10日)

・9日20:00過ぎ、ヤッラー県県都内タセー地区で、徒歩で村内周辺の警戒作業にあたっていた38歳の村自警組織員(イスラム教徒)が、何者かに銃撃され死亡。

・9日21:00前から23:00前にかけて、パッターニー県のヤッラン郡内でイスラム系住民が何者かに銃撃され死亡した他、コークポー郡内では人数不明の一味が学校を放火すると共に、路上に鋲を撒布した上で、消火作業の為に学校に向かっていた当局関係車両に向け銃を乱射し、銃撃戦を展開した後に逃走するという事件が発生。銃撃戦による人的被害は無し。

・10日早朝、軍・警察の混成チームは、前日69人の身柄を拘束したナラーティワート県ルゥーソ郡内で再度集中摘発を行い、あらたに29人の身柄を拘束。一方、前日身柄を拘束された69人の中に含まれる4人の幹部クラスの内の1人が地元行政機構の副評議会議長と共謀して警戒作業中の軍関係者に対する銃撃を始めとする複数の事件に関与していた事を認める証言をしている事が明らかに。

・10日10:00前、パッターニー県コークポー郡内で、出勤の為にバイクで路上を走行中だった42歳のタムボン行政機構職員が何者かに銃撃され死亡。

・10日11:00過ぎ、ナラーティワート県ランゲ郡内で、ゴムの苗の植樹作業中だった55歳の行政監視員の男性(イスラム教徒)が、何者かに銃撃され死亡。

・10日午前、ヤッラー県県都内中心部4ヶ所に偽爆弾が仕掛けられる。また、14:00前には貸家付近で爆発物が発見され回収処理される。

10日15:00前、パッターニー県ヤッラン郡内を走行中だったパッターニーからヤッラーに向かっていたバスの車内で、乗客に紛れていた男が運転手や乗客に向け銃を乱射し、初期報道段階で55歳のヤッラン郡付きの自警組織員の男性(イスラム教徒)1人が死亡し5人前後が負傷。実行犯は、最初に死亡した自警組織員を銃撃した上で運転手に車の停止を命じたが、停止に応じなかった為運転手や車内にいた乗客に銃を乱射し逃走したと見られる。尚、報道によっては、人数不明の一味が走行中のバスに向け銃を乱射したとするものもある。

posted by Jean T. at 02:00| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

聾唖女性、強姦目的で押し入った男をナイフで追い払う

 10日10:00頃、ガンヂャナブリー県県都内で、29歳の聾唖の女性が強姦目的で押し入った男に首を絞められながらも、近くにあったナイフで男を刺し危うく難を逃れるという事件が発生した。

 被害女性と同じく聾唖ながら筆談が可能な夫を介して行われた証言によると、女性がトイレから出てきたところで、突然顔を布で覆い隠した男に襲われ強姦されそうになり、更に抵抗した事から首を強く締め付けられたが、近くにあった果物ナイフを掴み男の腹部を二回に渡って強く刺した事から、男は裏山の方に逃走し難を逃れる事が出来たという。

 警察側は、ナイフで刺された事により負傷を負っている男が治療の為に医療機関に立ち寄っていないか調べると共に、女性の精神が落ち着いてから再度詳細に渡って事情聴取を行うとした。

posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

建設作業員が下半身麻痺の女性に対して強姦未遂

 9日朝、ラーチャブリー県県都内で、下半身麻痺で寝たきりだった44歳の女性が、家に押し入った男に強姦されそうになったが、幸い児童を連れた教師が女性の世話をする為に家に現れた為、男は手を下すことなく逃走した。

 事件発生当時、女性のサムロー運転手の夫は仕事の為に家を留守にしており、また家に現れた教師等は寝たきりの生活をしている女性の世話を行ったり話し相手になる為に頻繁に家を訪れていたという。

 女性によると、男は近所にある小屋で寝起きしている建設作業員の男と見られ、当日はバイクで突然現れ家に上がり込みお菓子と薬と引換に一緒に寝ようと言われ、無理矢理強姦されそうになったという。

posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本人旅行者を主ターゲットにスリを働いていたフィリピン人を逮捕

 9日夜半、観光警察局は、外国人旅行者のカバンからクレジットカード等をスリ盗った容疑で43歳のフィリピン人の男を逮捕し、日本人男性名義のクレジットカード2枚や現金等を押収した事を明らかにした。

 被害にあった日本人男性は警察に対して、9日10:30頃バーンラック区内のナラーティワート・ラーチャナカリン通り沿いを歩行中に、女性から英語で話しかけられ、別れた後に財布が盗まれていた事に気づいたと証言しているという。

 調べによるとフィリピン人の男は、他のフィリピン人の女と2人組で、主に日本人旅行者をターゲットに女が道を尋ねる振りをし相手の注意力を逸らした上で、クレジットカード入りの財布等を抜き取り、盗み出したクレジットカードを利用してノートパソコンやデジタルカメラ等の高級の購入に使用していた。

 また、一部報道は、一緒にスリを働いていた女の身柄も拘束しているが、女側は容疑を一貫して否認していると報じている。

posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。