2007年09月29日

首都圏住民の多くがソンティ議長の副首相就任を支持

 ABACポールが首都圏在住の有権者2,450人を対象に26日から27日にかけて行った調査で、43.7%の回答者が国家安全保障評議会のソンティ議長の陸軍司令官退官後の安全保障関連担当副首相への就任を支持すると回答し、33.6%が同議長が副首相と防衛大臣を兼任する事を支持できる、29.3%の回答者は副首相と内務大臣との兼任を支持できると回答していた事が明らかになった。

 また、仮にソンティ議長が安全保障関連担当副首相に就任した場合に取り組むべき事に関しては、最も多い90.6%の回答者が南部問題対策をあげ、以下麻薬問題対策(88.4%)、汚職問題対策(87.4%)と続き、その他権力の乱用行為対策、闇社会対策、国境問題対策、国家一致団結体制の創成等をあげた回答者がいた。

 一方、内閣改造関連に関しては、5%の超の民間企業の株式を所有していた閣僚3人が辞意を表明した事に関して、65.8%が知っていると回答し、更に49.4%の回答者が辞意表明は賞賛できる対応であると回答する一方で14.3%の回答者が賞賛できないと回答し、また、内閣改造の必要性に関しては、31.3%の回答者が大規模な改造をするべきであると回答し、8.0%の回答者が小規模な改造に留めるべきであると、12.0%の回答者が首相が辞任するべきであると回答する一方で、32.4%の回答者が現在の構成のままで職務を全うするべきであると回答していた。

 更に、現在の政治情勢を解決する最善の手段に関しては、最も多い56.9%の回答者が総選挙の実施をあげ、24.5%が憲法の改正、5.8%が首相の辞任をあげ、また、0.4%の回答者がクーデターの再実行をあげた。

 一方、政府の国民が抱える問題の解決能力に関しては、最も多い48.8%の回答者が知識・潜在力何れに於いてもそこそこの解決能力を持っていると回答し、25.7%の回答者が充分な解決能力を持っている、25.5%が僅かな解決能力しか持っていないと回答していた。

 また、現政府の道議面での評価では、40.3%が非常に優れている、40.6%がそこそこに優れていると回答し、あまり優れていないと回答した者は僅かに19.1%だった。

posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性教師から50万バーツを強奪したグゥアテマラ人を逮捕

 28日午前、チョンブリー県パッタヤー地区の警察当局は、タイ人の女性教師の車内から50万バーツ強の現金を強奪した容疑で41歳のグゥアテマラ人の男を逮捕した。

 調べによると、男は他の仲間3人と共謀して、授業を終え帰宅途上にあった女性教師(48)の車をパンクさせ、修理を手伝うといって女性教師に近づき、女性教師の注意を逸らした上で車内に侵入し車内にあった金銭等を強奪し逃走していた。

 男は警察に対して、強奪した現金は仲間同士で分け合い、自分が得た約10万バーツの内の一部は既に国外の家族に送金済みで、残りはバンコクで買い物をする為に残していたと語っているという。

 警察側は、残りの仲間3人の行方を追う手がかりを得る為に引き続き男に対する事情聴取を行っていくとした。

posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぽっちゃり型巨乳の投稿に騙された男性、100Kg超の女に性行為を強要される

 27日夜半、首都圏警察本部ワーントーンラーン署は、ネットの出会い系サイトで知り合った男性に買春を強要した容疑で27歳の女を逮捕した。

 被害にあった男性によると、ネットの出会い系サイトで「ぽっちゃり型の巨乳が援助を必要としている」との投稿を見つけ女とコンタクトをとり、指定されたコンドミニアムの室内で会ったところ、ぽっちゃり型の巨乳ならぬ100Kg超の巨体女がそこにいた為、交際を断り部屋から出ようとしたところ女がドアの前に立ちはだかり、マフィアを呼ぶ等と脅かし金銭が介在した性行為を強要された為、女に従うそぶりを見せ女がベッドの所にいった所を見計らって室外に脱出し「難」から逃れる事が出来たが、逃れる際に女に引ったくられたPCT携帯電話機を使用して奥さんに言いつけるなどといって脅迫すると共に携帯電話機の返却代金500バーツの支払いを要求してきた為、警察と相談した上で、女の要求に応じ女が500バーツを受け取ったところで逮捕と相成ったという。

 女は警察に対して、派遣でマニキュア塗りの仕事をしている傍らでネットを利用してフリーで売春をやっていた。出会い系サイトには主に「弟の教育費を援助してくれる人を必要としています。肥満な私で良かったら援助目的で交際してもらえませんか」と言った内容の投稿を掲載してきたが、これまでに会ってきた男性は全員自分を見て驚いて逃げ出すような事は無かった。被害男性を脅迫したのは、部屋代とエアコン代金を回収したかったからだと証言しているという。

posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パッターニーで爆破・銃撃、3人が死亡し妊娠9ヶ月の女教師等7人が負傷

 28日8:00過ぎ、パッターニー県ヤッラン郡内で、教師の警護作業にあたっていた当局関係車両の通過に会わせ爆発物が爆発し、教師3人、軍・警察関係者4人が負傷を負った。負傷者の内4人は重傷で、内1人は妊娠9ヶ月の女性教師だという。

 更に同日昼過ぎには、同県サーイブリー郡内で、車に乗った人数不明の一味が路上を走行中だった軍関係車両に向け銃を乱射し、車内にいた軍関係者3人が死亡した。死亡した3人はイスラム系の学校で軍事教練を終え、別の学校に向かう途上だった。

 一方、ヤッラー県内では、22日朝ターントー郡内で46歳のイスラム系住民男性が自宅前で何者かに銃撃され重傷を負い、先立つ27日深夜には、バンナンサター郡内で、人数不明の一味が検問作業中だった軍関係者に向け小型榴弾を撃ち込むと共に銃を乱射し、10分以上に渡り銃撃戦を展開した後に逃走するという事件が発生したが、軍側に人的な被害は無かった。

 また、27日22:00前にはソンクラー県サバーヨーイ郡内で、モスクの礼拝を終えた37歳(報道により34歳)の男性が自宅前でバイクに乗った2人組に銃撃され死亡するという事件が発生している。

posted by Jean T. at 02:00| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。