2007年10月22日

職位を悪用した浮気が原因で省庁のトゥプ官僚が更迭

 社会開発・人間の安全保障省のポンデート副大臣は21日、同省次官のワンロップ・プローイタプティム氏を19日付けで首相府付きに更迭し、チャーンユット・コーシリノン副次官を次官代行に任命した事を明らかにした。

 この更迭人事は、同省内に職位を悪用して配下の女性に浮気を迫っている不埒な高級官僚がいるとの中傷ビラが撒かれ、更に女性の権利擁護団体等が中傷ビラに関する真相解明を同省のパイブーン大臣(兼副首相)に要求した事を受け設置されたヂャラン法務省次官を委員長とする真相解明委員会の調査結果を受けたもので、異動命令を受けたワンロップ氏側も今回の異動を受け入れているという。

 また、同省のパイブーン大臣(兼副首相)が閣議中に倒れた原因の一つに、本件に対する早急な解明を要求する婦人団体からの執拗な突き上げがあったとも言われていた。

posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三党合併計画、僅か1日で御破算に

 プラチャラート党のゴン副党首は21日、20日に明らかにした同党とマッチマーティパッタイ党及びルゥアム・ヂャイ・タイ・チャート・パッタナー党の三党合同で単一政党を結党する計画が法律の壁に阻まれ暗礁に乗り上げた事を明らかにした。

 発言の中でゴン副党首は、総選挙実施の告示から12月23日までの間に充分な準備期間を設ける事が出来ないとして三党の合併計画への参加を断念したとした上で、計画の理想を尊重し今後政治連合という形で残る二党と協調関係を維持していきたいとした。

 尚、ゴン副党首側は、プラチャラート党を電撃離党しマッチマーティパッタイ党党首に就任したプラチャイ・リヤオパイラット氏とサノ・ティヤントーン氏との対立が合併計画参加断念の背景にあるとの指摘を否定しているが、前後してマッチマーティパッタイ党のアノンワン幹事長がサノ氏に対して党への合流を打診しているが明確な回答が得られていないと語り、言外に同党主導で党の合併を進める意向を強く示唆していることから、プラチャラート党及びマッチマーティパッタイ党の両党間で主導権を巡った何らかの対立が発生しているとの見方もされている。

 一方、今回の三党合併計画へ参画していると伝えられていたルゥアム・ヂャイ・タイ・チャート・パッタナー党のチェーッター党首は、20日にチャーッチャーイ元首相邸で行われた協議に党関係者は一切参加して折らず、また参加していたバンナウィット海軍大将も党とは一切関係していないとした上で、あらためて合併計画への参加を否定した。

 チェーッター党首によると、旧タイ・ラック・タイ党が推し進めてきた大衆政策とは一線を画する国民本位の党公約を近日中に発表する方針だという。

参考
揺さぶり合戦? 三党合併とのゴン氏の発言をルゥアム党は否定

posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

嫉妬に燃えた愛人が夫の看病中だった本妻を刃物で刺す

 21日未明、ソンクラー県ハートヤイ郡内にある病院の病室内で、40歳の女が夫の看病の為に病室を訪れていた37歳の女性を刃物で刺し負傷を負わせた上で逃走するという事件が発生した。

 調べによると、女性を刺して逃走したのは交通事故で入院中だった男性の愛人で、当日は男性が入院したことを聞きつけた愛人が病室内で本妻と鉢合わせになり、愛人と本妻間で陰湿な会話が暫く交わされた後に愛人側が男性に対して本妻と愛人のどちら側をとるのか問いただした事がきっけで激しい口論となり、その際に愛人側がショルダーバックの中に隠していたナイフを取り出し本妻に切りつけ負傷を負わせた上で逃走したと見られる。

posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。