2007年10月29日

移民警察局局長を電撃更迭

 国家警察本部のセーリーピスット本部長は28日、29日付けで移民警察局局長のブンルゥアン・ポンパーニット警察中将を本部の閑職部門に異動し、現副局長のディレーク・マノーリグン警察少将を局長代行に据える人事を決定した。

 今回の電撃更迭人事に関して本部側は本部の方針履行義務違反があったとのみ説明するに留めているが、最近ブータン国王の妹婿を2日間に渡って身柄を拘束した事が今回の更迭の背景にあるのではないかとも取り沙汰されている。

 尚、今回の更迭人事に至った経緯に関しては、29日に本部のポンサパット報道官(本部長補佐)が記者会見の席上で報告する予定。

posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大量虐殺を国際法廷にとの提案は前首相の信用失墜を狙った策動

 タクシン前首相の法律顧問であるノパドン・パッタマ氏(パラン・プラチャーチョン党副幹事長)は28日、法務省特別捜査局内に設置されたタクシン政権時代に行われた麻薬撲滅戦争政策の名を借りた大量虐殺疑惑の調査を進めている特別委員会(カニット・ナ・ナコン委員長)の席上で、委員のグライサック・チュゥンハワン氏(元上院外事委員長)が大量虐殺問題を国際刑事法廷の場に持ち込むべきであると指摘した事に対して、物事を誇大に喧伝する事によりタクシン前首相の信用失墜を狙った策動であると非難した上で、大量虐殺疑惑の調査を進めている委員会自体の公正さを調査する為の専門調査委員会を設置するべきであると指摘した。

 この発言に先立ちグライサック氏は27日に開かれた委員会の席上で、2003年の2月から4月末までの僅か三ヶ月間の間に2,912人が死亡した麻薬撲滅政策は国際人権規約に違反した人類に対する犯罪行為であると指摘した上で、政策により犠牲になった100人以上の遺族連名のもとで国際刑事裁判所に提訴するべきであると指摘していた。尚、グライサック氏は次期総選挙では民主党から出馬する予定になっている。

posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パラン党、東北地方を中心に軍による活動妨害

 パラン・プラチャーチョン党のグテープ報道官は28日、同党及び旧政権勢力の政権奪取を阻止する事を画策した二つの機密文書に絡んで、既にシーサゲート県等で軍側による党の支持者への嫌がらせ行為が確認されている事を明らかにした上で、選挙委員会に対して機密文書と共にいやがらせ行為に対する調査を要請した事を明らかにした。

 シーサゲート県内の党関係者からの報告によると、軍側が県内の各郡に5人単位で人員を配置し同党の立候補予定者や支持者の動向を監視すると共に、受け持ち地区の支持者に対してパラン・プラチャーン党を支持しないよう呼びかけており、また、当該人員に対して何者かと尋ねると民主党の支持者だという答えが返ってきたという。

 グテープ報道官は、かかる行為は公務員の中立性の担保を保障したスラユット首相の方針に反するだけでなく純然たる選挙違反行為であると指摘した上で、選挙委員会に対して実体を調査した上で法的な処置を講じるよう要求した。同報道官によると、必要であれば選挙妨害の実体を裏付ける資料を提出する事も可能だという。

posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイ型ゲリマンダー? 新選挙区割りは不公正であるとパラン党が指摘

 パラン・プラチャーチョン党のティティマー副報道官は28日、先に選挙委員会によって行われた下院選選挙区の区割りが憲法の精神に反した不公正なものであると指摘した。

 元タイ・ラック・タイ党党首代行のヂャトゥロン・チャイセーン氏の実妹でもあるティティマー報道官によると、地盤であるチャチュゥンサオ県内では過去に一つの選挙区に括られた事が無い郡同士が一つの選挙区に括れたことにより選挙区内の住民を混乱させ有権者が投票に行く際の移動にも困難を来す内容になっている他、特にナコンパノム県内を始めとする東北地方の選挙区では、あからさまに旧政権関係者の地盤の切り崩しを意図したと思われるような区割りが行われているという。

posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。