2007年12月07日

プラチャイ党首、自弁当で選挙戦を戦うように党公認候補に申しつける

 6日、公式に党首続投の意向を明らかにしたマッチマーティパッタイ党のプラチャイ党首は、その後開かれた党幹部会の席上で、株価操作で69億バーツの罰金の支払いを命じられているだけでなく、いつ裁判所から収監命令が下されるか解らない身であることから、これ以上党員の選挙活動を支援できないとして、党公認の各候補者に対して自弁当で選挙戦を戦うように申しつけた。

 党会議には、ソムサック・テープスティン氏夫人のアノンワン幹事長や旧マッチマー党の幹部の姿も見られたという。

 一方、党首の座の明け渡し及び党名変更絡みでプラチャイ党首と対立関係にあるとされるマッチマー党元党首のタナポン・シーヤグーン氏(現党副党首)は、プラチャイ党首の続投宣言を受け入れるとしたものの、今後同氏が党首を続投した事により引き起こされた問題に関しては、全てプラチャイ氏自身が責任を負うべきであると語り、依然両者間の溝が埋められていない事を窺わせた。

 党内ではタナポン氏に対してプラチャイ党首に対する批判発言を止めるよう勧告すると共に同氏に対する処分を要求する署名活動が展開されている事が確認されている。



posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

民主党に投票するともれなくソンティ・リムトーングン氏がおまけについてくる?

 民主党のアピシット党首は6日、タクシン前首相系のサイトHi-Thaksin.net上に、今回行われる総選挙で民主党に投票すると民主主義市民連合幹部のソンティ・リムトーングン氏がおまけについてくるとの事実に基づかない記述がある事を明らかにした上で、選挙委員会に対してかかる記述が選挙法で禁止された政党による虚偽情報の意図的な流布に抵触するか検討を要請すると共に、国民の政治離れに繋がる政党同士の誹謗中傷合戦の激化を防ぐ上でも誠実を旨に各党の選挙戦の状況の監視にあたるよう要請した。

 アピシット党首によると、今回のような言われも無き中傷に関わることなく、今後も建設的な選挙活動を展開していく意向であるという。

 尚、久しく動静が伝えられていないソンティ・リムトーングン氏は、選挙終了まで出家すると宣言し、現在ウドンターニー県内のルワンター・マハーブア師の寺で修行中。

  一方、選挙委員会のソットシリー委員は6日、Hi-Thaksin.net内に「住民がパラン・プラチャーチョン党に投票し同党による政権が誕生するればタクシン前首相が”安全に”タイに帰国できるようになり、また再度首相に指名する事も可能になる」との記述が社会対立を煽動し国内安全保障を脅かす恐れがあるとして、情報通信技術省に当該サイトの閉鎖を視野にした対応を要請すると共に、かかる喧伝行為に被選挙権が剥奪された元タイ・ラック・タイ党幹部111人の何れかが関わっていないか調査を進める方針を明らかにした。

 仮に、前党幹部が関与している事が明白になった場合は、喩えパラン・プラチャーチョン党が政権を樹立しても同党解党の要件に為り得るという。

posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ABACポール、地方での露出度でもパラン党が優勢

  ABACポールが全国全ての県の県及びタムボン行政機構の幹部2,109人を対象に行った調査で、80.6%の回答者がパラン・プラチャーチョン党が受け持ち地区内で最も精力的に選挙活動を行っていると回答し、次いで63.7%の民主党が続き、以下マッチマーティパッタイ党(44.5%)、プゥア・ペーンディン党(44.4%)、ルワム・ヂャイ・タイ・チャート・パッタナー党(23.5%)、プラチャラート党(13.4%)と続く結果になっていた事が明らかになった。

 また、最も地元密着型の選挙活動を展開してる党に関しては、最も多い57.8%がパラン・プラチャーチョン党の名をあげ、以下民主党(35.8%)、プゥア・ペーンディン党(22.4%)、チャート・タイ党(21.2%)、マッチマーティパッタイ党(15.8%)、ルワム・ヂャイ・タイ・チャート・パッタナー党(9.1%)、プラチャラート党(3.1%)と続く結果になった。

 尚、地元密着型の選挙活動を展開している党に関する地区別内訳では、パラン・プラチャーチョン党をあげた者が、東北地方で63.9%、中部地方で61.8%、北部地区で56.6%、南部地区で36.6%おり、一方で、民主党をあげた者は南部地区で60.8%、中部地区で45.6%、北部地区で42.9%、東北地方では僅かに17.8%という結果になった。

 一方、この調査に並行してABACポールが全国33県内在住の有権者と全国の行政機構幹部合計9,698人を対象に行った調査では、73%の回答者が投票に行くと回答する一方で16.1%の回答者が依然投票日がいつか知らないと回答し、また41,4%の回答者が新しい選挙区割りの事を理解していないと回答していた事が明らかになった。

 また、46.6%の回答者が比例区で投票する政党を決めていない 38.7%が中選挙区で投票する候補者を決めていないと回答する一方で、支持政党があるものの投票時点で投票する政党や候補者を変える可能性があると回答した者が比例代表区で27.8%、中選挙区で31.8%いるという結果になった。

 更に、支持率動向に基づく比例代表区の党別獲得議席数予測に関しては パラン・プラチャーチョン党と民主党がそれぞれ39議席と33議席を獲得し、残る8議席をチャート・タイ党、プゥア・ペーンディン党、ルワムヂャイ・タイ・チャート・パッタナー党等で分け合う結果になった。

 また、総選挙後に期待していることに関しては、最も多い91.7%が景気の向上をあげ、以下一致団結体制の成立(81.4%)、南部情勢の改善(72.8%)と続く結果になった。

posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マッチマーのプラチャイ党首、党首辞任宣言を撤回

 先に党首辞任を宣言し、直後に宣言を保留していたマッチマーティパッタイ党のプラチャイ党首は6日昼前記者会見を開き、辞任宣言を公式に撤回すると共に今後も党首としての任務を遂行していく意向を明らかにした。

 記者会見の席上には、同党に合流した民主主義市民連合幹部のガールン・サインガーム氏(元ブリラム県選出上院議員)等の姿も見られた。

posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月06日

不運の駄目押し、プラチャイ党首に法廷侮辱罪で召喚状

 刑事裁判所は4日、3日に株価操作で3年の実刑判決を受け、4日には一端は宣言した党首の辞任宣言を保留したマッチマーティパッタイ党のプラチャイ党首に対して法廷侮辱罪の疑いがあるとして事情聴取の為の召喚状を発行した。

 この召喚状は、実刑判決を受けた後にプラチャイ党首が旧政権勢力の影響下で下された不当な判決であると発言した事が法廷侮辱罪に該当するとの判断に基づきで発行されたもの。

 この発言に絡んでパラン・プラチャーチョン党のノパドン副党首(タクシン前首相の法律顧問)も名誉毀損で提訴する方針を明らかにしている。

 一方、選挙委員会は、プラチャイ党首がマッチマーティパッタイ党の党首の座の明け渡し及び党名変更受け入れの代償として前身であるマッチマー党の前党首から6,000万バーツを要求されたと発言した際に、選挙委員会が金銭要求に関与していると発言した事が名誉毀損に該当するとして、プラチャイ党首を召喚して発言の真意を問いただす方針を明らかにしている。

posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

候補者殺害で女の容疑者(18)が出頭、政治絡み・物盗り目的を否定

 5日午後、プラヂュアップキーリーカン県内で2日発生したプラチャーマティ党から立候補していたスポット・ピスートラシヤン氏がゲストハウス(報道によりバンガロー)内で全裸の状態で死亡しているのが発見された事件に絡んで、18歳の女が警察に出頭し犯行を認める供述を行った。

 出頭してきた女は、本人の供述によるとスポット氏の畑で約2年間働いてきた使用人で、公安警察と地元警察との共同捜査により既に容疑者として浮かび上がっていた。

 女は警察の取り調べに対して、騙されてゲストハウスに連れ込まれ乱暴されそうになった為、かねてからスポット氏から関係があると言いふらされ、周りからスポット氏からHIVを感染させられたとの目で見られるようになり、結婚の約束をしていた恋人からも疑惑の目を向けられていた事に対する復讐心が相まって殺害してしまったと語り犯行を認めると共に政治絡みや物盗り目的での犯行ではないと主張した。

 女によるとは、スポット氏とは単なる主と使用人という関係で、それ以上の関係ではなく、当日は朝にスポット氏に仕事を手伝って欲しいと電話で誘い出された際に無理矢理車に乗せられビーチ付近にあるゲストハウスに連れ込まれた為、乱暴された際に力では勝てないと思い関係を許すそぶりをしてスポット氏がシャワー室に入ったところで、外に駐車してあったスポット氏の車の中にあったハンマーを取り出し、スポット氏がシャワー室から出て自分の服を脱がそうとしたところで目隠しゲームで遊んでからにしようと提案し、スポット氏がタオルを頭から被った状態でベッドに横たわったところでハンマーで殴ると共にナイフで刺し殺害し、殺害後に物盗り目的の犯行に見せかける為にスポット氏が身につけていた貴金属等を持ち出したが、持ち出した物は全てダムに捨てたという。

参考
プラヂュアップで候補者が殺害、投票番号は13番

posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワット・プラケーオ前で不審物が回収

 4日19:00過ぎ、タイ国内で最も神聖な寺院の一つとされるワット・プラケーオ前で不審なリュックサックが発見され回収処理が行われた。

 不審物が発見された当時、所轄署の署員が国王の誕生日関連の警備等で出払っていた為、急遽寺院内に常駐している軍関係者に不審物周辺の警戒を要請した上で、警察の処理班の到着を待って回収処理が行われた。

 回収された不審物の中にはリンゴや石と共にタイの国旗と英語でメッセージが書かれた紙(内容は報じられていない)が入っていたことから、良からぬ考えを持つ者が情勢を煽動する目的でワット・プラケーオ前に置いたと見られている。

posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月05日

「バンコクの写真」のランキングページに招待という形でご登録を戴きました

 「バンコクの写真」という名のサイトを開設されているオーナー様から、新たに開設されたタイ・ブログランキングというサイトに招待という形で小サイトをご登録戴いたとのご連絡を戴きました。

 相互リンクのページを設けていない小サイトに対して特別に取り計らってくださいました「バンコクの写真」のオーナー様に感謝申し上げます。

posted by Jean T. at 02:00| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国王、あらためて一致団結の必要性を訴えられる

 5日に80歳の誕生日を迎えられる国王は、先立つ4日に行われた誕生日を記念した定例スピーチの中で、国家が取り返しのつかない状況に陥る事を防ぐ上でも全ての層が一致団結し国家の屋台骨を盤石にする事が重要であると訴えられた。

 また、国王が提唱される充足を心得た経済に関しては、「充足を心得た」という言葉が一人歩きをし損をするものである、ないしは利益をあげることを戒め損をして売るべきであると誤解して受け止められている事にストレスを示された上で、哨戒艇の調達等のいくつかの例を挙げながら全てに於いて必要且つ適切な利益・効果がもたらされるべきであるという事を中心において、過剰にならず、また過小になる事もなく如何に適切に必要なことを満たすことが出来るかに重点を置いて考えるべきものであると指摘すると共に、充分に考慮し見合う利益・効果が期待できると判断され、また充分にお金が余っているのであれば、けちらずに大いにお金を投資するべきで、お金が余っているにも拘わらず出費をけちっていたままでは、逆に出費を強いられるお金が余っていない者に困難をもたらすことになると指摘された。

 また、自らも高齢であられる国王は、スラユット首相が高齢であると指摘されている事にに触れられ、5日に80歳になられるご自身に比べスラユット首相はまだ60とちょっとを過ぎた、まだ首相として適切な年齢であると語られ出席者の笑いをお誘いになられた上で、更にご自身が病院から退院された際や姉君を見舞った際に毎回上着等の色が違っていた事が世間を賑わしていた事に触れられながら、スラユット首相がいつも白い正装姿でいることに対して、本人が精力的に職務に打ち込んでいる事に触れずして白い正装姿に飽きたと言うべきではなく、むしろいつも同じ白い正装をきっちりと着こなし良い仕事をするスラユット首相の姿こそが究極の姿であると指摘され、昨年に続きスラユット首相を絶賛された。

 しかし、国王は約1時間30分に渡るスピーチの中で総選挙の事には触れられなかった。

(タイ時間 4日22:00掲載)

* 今年の国王は、地球温暖化によりタイが水没してしまうという指摘があるという話から、水没する → 国家が崩壊する・困難に直面するという話に繋げスピーチを展開されていました。

posted by Jean T. at 02:00| 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マッチマーのプラチャイ党首が党首辞任を発表、但し撤回の可能性も

 4日午前、3日にTPIポーリン社の株価操作で3年の禁固を命じる実刑判決を受け控訴中のマッチマーティパタイ党のプラチャイ党首は、無実であることを強調した上で、党内に問題を引き起こしたくないとの理由で党首を辞任する方針を明らかにした。

 しかし、その後党内から上がった留任を希望する声にプラチャイ党首の心が揺り動かされ、2-3日後に(辞任するべきかについて)最終的な決断を下すと前言を訂正するに至っている。

 尚、仮に辞任しても政界進出の夢を捨てた訳ではなく、今後も党の選挙活動を支援していく方針だという。

 選挙委員会によると、一審で実刑判決を受けたプラチャイ氏の候補者資格が剥奪される事はないものの、当選後に閣僚職に就くことは出来ないという。

 また、プラチャイ氏が党首を辞任すると共に党を離党した場合は、現在掲示されているプラチャイ氏の肖像が使用された選挙用ポスターを全て交換・撤去しなければならず、仮に交換・撤去しなかった場合は重大な選挙違反になるという。

posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パッターニーの食堂で爆破、6人前後が死亡

 4日18:30過ぎ、パッターニー県県都内にあるカーオトム食堂付近で爆発が発生し、店内で食事中だった客や通行人等6人前後が死亡し30人以上が負傷を負った。

 爆発物は食堂前に駐車してあったバイクに仕掛けられていたと見られる。

 県都内では同日夕方、民間企業前に駐車してあった48歳の村長所有の小型トラックの下部に爆発物が仕掛けられているのが発見され回収処理が行われていた。

 更に同県内では、同日午前マーヨー郡内でバイクの2人乗りで路上を走行中だった夫婦が何者かに銃撃され2人とも重傷を負い、3日16:00前にはサーイブリー郡内で人数不明の一味が教師の警護作業にあたっていた軍関係車両に向け銃を乱射したが、幸い軍側に人的な被害はなかった。また、2日深夜にはヤッラン郡内にある学校が放火されほぼ全焼している。

 一方、ヤッラー県内では4日夕方、人数不明の一味が路上の警戒作業中だった自警組織員に向け銃を乱射し、約5分間に渡って銃撃戦を展開した後に逃走し、この銃撃戦で自警組織員1人が負傷を負い、2日深夜には同県ヤッハー郡内で、自宅内でテレビを見ていた43歳の男性が押し入った人数不明の一味に銃撃され死亡している。

posted by Jean T. at 02:00| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本人女性殺害に絡み日本人男性への事情聴取の可否を日本当局に問い合わせ

 4日付けのバンコクポスト紙2面右上に小さく掲載された記事が、タイ当局がスコータイで発生した日本人女性殺害事件に絡んで、発生現場となったサパーン・ヒン寺に被害者の到着から約5分後に貸し自転車で到着していた事が確認されている日本人男性に対する事情聴取の可否に関して日本当局に問い合わを行っていると男性の実名付きで報じている。

 報道によると、現場付近で目撃された男性は26日に飛行機でバンコクに戻り、サートン通りにあるホテルで一泊した後に日本に帰国している事が確認されているという。

参考 (当該記事)
http://www.bangkokpost.com/News/04Dec2007_news30.php

* 読者様からサイトに掲載された記事のリンクをお教えいただきました。ありがとうございました。

posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月04日

マッチマーのプラチャイ党首、今度は3年の実刑判決

 刑事裁判所は3日、株価操作で刑事起訴されていたマッチマーティパッタイ党のプラチャイ党首に対して執行猶予無しの3年の禁固及び69億30万バーツの罰金の支払いを命じる判決を下した。

 プラチャイ党首は、TPI社の会長だった時代に他の被告3人と共謀して株式上場手続き中だった傘下のTPIポーリン社が絡む偽りの情報を意図的に流し株価を操作したとして刑事起訴されていたもので、裁判所側は国内の経済そのものに損害を与えた重大な犯行であるとして執行猶予無しの実刑判決を下した。

 尚、プラチャイ党首側は控訴の意向を示しており、また控訴期間中は候補者資格を剥奪されない。

posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プーケットの県評議会議長が権限を乱用し民主党候補に利益誘導

 プーケット県内の選挙区から立候補しているチャート・タイ党のソラナン・セーン一等海曹は3日、チャート・タイ党、パラン・プラチャーチョン党、ルゥアム・ヂャイ・タイ・チャート・パッタナー党及びプゥア・ペーンディン党から出馬している候補者を代表して県選挙委員会を訪れ、県行政機構評議会議長のアンチャリー・ワーニッチャテーパブット女史が権限を乱用して民主党の候補者に利益を誘導していると訴えた。

 訴えによると、アンチャリー女史が選挙期間中に約60人のメイドを集めマレーシアへ研修旅行に出かけた際や、疾病予防キャンペーンを展開した際に、夫でもある民主党から立候補しているトサポン氏を同行・同席させた事が特定政党への利益誘導に該当するのだという。

posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女強盗、模造拳銃を持って貴金属店に押し入り店主の息子に撃たれ重傷

 3日昼過ぎ、バンコク隣県のナコンパトム県サームプラーム郡内で、模造拳銃を持って貴金属店に押し入った24歳の女が店主の息子(25)に撃たれ重傷を負うという事件が発生した。

 息子によると、女は同日11:00頃に店に現れ約2時間に渡って金のネックレスを選ぶ振りをしながら機会を窺い、定期巡回に現れた警察官が立ち去った頃を見計らって合計3.5バーツ重量の金のネックレスを洋服のポケットの中に入れると共に、拳銃を向けながら店を出ようとしたので、護身用に携行していた38mm銃で威嚇射撃を行ったが、それでも女は怯まず今度は店主でもある母親に銃を向けながら逃走しようとしたので、直接女に向け銃弾2発を発砲したという。

 女は搬送先の病院内で行われた簡単な事情聴取に対して憲法記念日で休日となる10日に子供に会いに実家に帰るための費用が必要だった為に犯行を思いついたと語っているが、警察側は、盗もうとした金のネックレスの総額が高額であることから他の犯行動機があった可能性もあると見て、女の回復を待って再度詳細に渡って事情聴取を行う方針を明らかにした。

posted by Jean T. at 02:00| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Seesaaが重い、重い、死ぬほど重い

 幾つかのBlog系サイトの中で一番会員登録ページが軽く、またセキュリティー系の拡張を入れまくりなFirefoxとも相性が良かった(何れもあくまで登録当時の話)という理由だけでSeesaaを借りてこのページを更新させていただいておりますが、最近ブログ登録関係のインターフェースが異様に重すぎるような気がします。

 普段は更新した記事を複数パソコンで同期させることができるBlogWriteというシェアウェアを使用して更新させていただいているのですが、ページ登録や再構築の途上でタイムアウトが頻繁に発生したり、今日なんかはタイムアウト・エラーの関係で勝手に複数登録された同一記事をSeesaaの管理ページから削除するのに40分以上かかったりとさんざんな状況です。

 実は、エビスの方がハイネケンより安く買えちゃったりする事もあるという理由だけでシンガポールから更新している事も多々あるのですが(いや、本当は仕事の関係なんですが)、同国内では同様なトラブルに滅多に遭遇していないので、もしかするとタイの通信事情とSeesaaとの相性の問題なのかもしれません。

posted by Jean T. at 02:00| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月03日

首都圏住民の多くが社会問題対策をキーにした政策に期待

 ABACポールが首都圏在住の有権者を対象に行った意識調査で、多くの回答者が各政党が掲げる公約の不明瞭さに不満を抱いている一方で、社会問題対策をキーにした政策の提案に期待を寄せている事が明らかになった。

 首都圏在住の有権者1,548人を対象に11月28日から12月1日にかけて行われた調査で、各政党が掲げている公約に関して56.3%が内容が充分に明確になっていない、29.1%の回答者が全く内容が明確になっていないと回答し、首都圏在住の有権者の多くが各政党の公約の不明瞭さに不満を抱いている事が浮き彫りになった。尚、各政党の公約が明確になっていると回答した者は14.6%だった。

 また、最も各党に注力して欲しい政策に関しては、最も多い77.7%の回答者が麻薬や犯罪といった社会問題関連をあげ、以下南部問題(59.6%)、消費者物価問題(56.4%)、燃料価格問題(56.0%)、公務員の汚職問題(55.2%)、政治家の汚職問題(55.0%)と続く結果になった。

 一方、総選挙の際に投票する党に関しては、39.9%の回答者が既に決めていると回答し、まだ投票する党を決めていないと回答した者は50.5%だった。

posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南部国境五県の住民はアピシット氏の首相就任を支持

 南部の大学3校が共同で南部国境三県及びサトゥーン県、ソンクラー県内在住の有権者2,989人を対象に行った意識調査で、65.5%が民主党のアピシット党首を次期首相として支持すると回答し、次いで11.1%がチュワン元首相(民主党最高顧問)を次期首相として支持すると回答していた事が明らかになった。尚、タクシン前首相を次期首相として支持すると回答する者が全体の4.6%いた。

 また、政党別支持動向に関しては、最も多い58.05%が民主党と回答し、次点につけたパラン・プラチャーチョン党の6.52%を大きく引き離す結果になり、また複数候補に投票する中選挙区に関しては、全員同じ党の候補者に投票すると回答した64.5%の回答者の内52.6%が民主党の候補者に投票すると回答し、パラン・プラチャーチョン党の候補者に投票すると回答した者は5.7%だった。

 しかし、総選挙によって成立した政府が現政権以上に南部問題の解決能力があると考えていると回答した者は僅かに33.3%だった。

 尚、今回の調査で投票に出かけると回答した者は95.5%だった。

posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アピシット氏が有力首相候補、但し筆跡占いでは

 国際占星術協会会長のノンラック・スッタポン女史は2日、民主党のアピシット党首の署名の筆跡から同党首が首相になる可能性があると予言した。

 同女史によると、アピシット党首が首相に就任した場合は、数々の要求事項等による激務に晒されるが、持ち前の才覚で乗り切る事が出来るという。

 将来にわたって己に内包する確固たる自信が揺らぐことがない筆跡であると評価されたアピシット党首は、将来の激務を恐れていないとした上で、今後も(高評価を得た)現在の署名を使用し続けていく方針を確認した。

* 是非サマック君と一緒に占いをやって貰いたいものです。

posted by Jean T. at 02:00| Coup D'etat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南部情勢 (28-2日)

・29日昼過ぎ、パッターニー県ヤッラン郡内で、村道内をバイクで走行中だった60歳(報道により58)のイスラム系住民男性が、バイクに乗った2人組に銃撃され死亡。男性は隣接するヤッラー県の県都内在住で、経営する茶店に開店準備の為に向かう途上だった。

・30日9:00過ぎ、パッターニー県マーヨー郡内の路上脇で爆発物が発見され回収処理される。回収された爆発物が古いものだったことから、当局関係車両に危害を加える目的で仕掛けたものの、不発に終わりそのまま放置されていたものと見られる。

・1日早朝、軍・警察の合同チームはナラーティワート県バーヂョ郡内で集中摘発を行い、RKKの実行部隊員と見られる21歳と25歳の男の身柄を拘束。2人は5件の銃撃や爆破事件に関与している事を認めると共に、地元在住の52歳の男の指揮下にあったと証言。

・1日夜半、ヤッラー県ラーマン郡内で、バイクで路上を走行中だった49歳の宗教指導者が、バイクに乗った2人組に銃撃され死亡。

・2日11:30前、パッターニー県ノーンヂック郡内で、集中摘発作業中だった軍・警察の合同チームと当局側の追っ手から逃れた3人の男との間で約30分間に渡る銃撃戦が発生し、3人組の内の1人の身柄を拘束し1人を射殺。銃撃戦の際に軍関係者1人が重傷。尚、報道により、最初に3人組が逃げ込んだ家屋の家主を含む4人との間で銃撃戦が発生し、その際に家主の男の身柄が拘束され、更に逃走した3人組との間で再度銃撃戦が発生し1人が死亡し1人の身柄を拘束したとするものと、最初に逃げ込んだ家屋の家主を含む3人との間で銃撃戦が発生し、家主の身柄が拘束された後に残る2人組との間で再度銃撃戦が発生し1人が死亡し1人の身柄を拘束したとするものがある。

・2日夕方、ナラーティワート県ランゲ郡内で、小型トラックに乗った人数不明の一味が49歳のガムナンが運転する小型トラックに向け銃を乱射し、ガムナン及び同乗していた75歳の宗教指導者が死亡。2人は郡庁内で開かれていた会議への出席を終え帰宅する途上だった。

posted by Jean T. at 02:00| 南部情勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。